V120D05S - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

V120D05プチ復活

夏の連休明けから、助走が始まって・・・とうとう9月になってしまったが、やべぇ~

忙しくなる・・・ヘリで遊ぶ時間が減る・・・ストレス溜まる・・・仕事ミスるw・・・仕事増える・・・
怒られる・・・また、時間減る・・・さらにヘリが遠のく・・・ストレス溜まる・・・何とか無理クソ時間開ける・・・ヘリ飛ばす・・・落とす・・・ストレス溜まるwww

ってなりたくねぇ~と思いながら先週1週間は乗り切ったが、今週末はなんか雨が降ったりやんだりの微妙な天気で、どせ外が無理なら、びしっと仕事でもすっか~と・・・

が、ど~してもこの2,3日V120D05のスワッシュの動きがおかしいのが、気になってしゃ~なかってんけど、今日の夕方やっとじっくりあれこれ試したりしてみた。

プロポをN氏のやつでやっても同じなので、プロポの設定ぢゃない・・・機体側や・・・
つ~ことで、なんでや~、なんでや~と悩みまくってたら、原因が分かった。

原因は俺w

なんつーか、ちょ~アホ満開やった(汗

まぁ、あれや、ピッチサーボとエルロンサーボを逆に繋いどったわけやなwww

さ、とりあえず得意技の言い訳は・・・w

V120D05/V120D02Sサーボ配置 V120D05/V120D02Sサーボ配置
こゆこと。


ベテランの人は多分どゆこと?あったしまえやん!って感じなんやろうけど・・・

俺の場合、このエルロンとピッチサーボの配置ってRCヘリの場合、全部同じやと思ててんなw

ギア交換とかで何回もサーボ外したり、機体はバラしたりしててんけど、V120D05の場合、よ~考えたら壊れたサーボだけ1個ずつ外して修理して、また元に戻すってやってたから、多分気がついてへんかったんやな。

その後V120D02Sがメイン機になって、そっちは頻繁に全バラしてたのもあって、ケツから見て、
左エルロン、右ピッチ・・・みたいに覚えとったんやなぁ・・・
どんなヘリもそういう配置なんやと思い込んでもーてたわ。


V120D05はこの所、N氏にサーボ貸したり、俺のD02Sの部品取り的な機体に成り下がってたんで、まぢジャンク状態やってんな・・・
とりあえず部品が揃ったんで、復活させる時に、D02Sと同じつもりで接続してたつーわけや・・・

まぁ~受信機の設定やらDEVO8の設定やらググりまくっても同じ症状なんか一個も出てへんしwww
調べ倒して、いじくり倒して、ちょい萎え気味やってんけど、気を取り直して、サーボ1個ずつ正しく動いてんのかを調べることにして、受信機コネクタを全部外して1箇所ずつサーボの動く方向を確認していったら、何となく、あ・・・って気がついたwww

あっけなく解決。

ま、当たり前やねんけど、大方2週間くらいは悩んどったかなw

とりあえず部屋ホバできる所までは復活できたが・・・
メインシャフトが曲がっとんな・・・(汗

久々のD05やってんけど、やっぱD05は操作がムズいわ。
こいつでフリップは無理っぽw


あ~あと、他の機体(Mini CP、D02S、Genius CP)でもラダーが逆になってた現象だが、先週の外フライトでは意味分からんっ!とかいいつつ、リバースで飛ばしてたやつだが・・・その後、今日部屋ホバさせようとしたら、あれ??またラダーが逆や!ってことで、リバースにしてた設定を元のノーマルに戻した・・・。

原因は全く分かってない・・・。気色悪ぅ~w
スポンサーサイト

V120D05のメインシャフト・・・またや・・・

先週末の外フライト、V120D05もメイン/スピンドルともにシャフトを新品交換し、
新しいブレードで快調なホバ~

って所までは良かった。

またしても調子こいてもたw

連続ピルエットをやりつつ、流石新品シャフトはブレが無いのか安定しとんがな~と、苦手な左ピルエットで、
あ、と思って止めたところが所が対面状態でwww
エレベータの操作を逆に入れてしまいましたwww

そんなに激しいとは思わなかったが、カシャって感じで落下。

一目でシャフト曲がってるのが分かる感じw


結局、
S氏河ポチャw

俺MiniCPなんちゃってフリップ後サーボ歯欠けw

V120D05メインシャフト曲がりw

で終わり~

早速帰ってバラしてみると・・・・

Walkera V120D05 メインシャフト/スピンドルシャフト

2本のライン、曲がってるように見えるやろ?
実は・・・目の錯覚ちゃう、おもっくそ、2本とも曲がっとんねんっ!www


さてどうすっか・・・と思ったが、シャフトをD02S化する方向でパーツを準備してたので、
とりあえずは、この曲がりをなんとか修正できへんかな~って、まっすぐに強制矯正w

一応、妥協できるかな、エエ感じにホバってますw

くっそ~またリベンジや!

って思ってってるところへ、New V120D02Sが到着したので、D05がほったらかしにwww

V120D05メインシャフトD02S化

V120D05のローターヘッド周り一式を、V120D02S用の物に変更する件、

幾つかの方法がありそうやねんけど、V120D02/05とV120D02Sではメインシャフトの径が違うので、
シャフト自体を交換しなあかん。

可能な限り無加工で置き換えたいねんけどなぁ・・・とか思っていたけど、詳細のコメントを頂いて、どうやら割と簡単に出来そうな感じ。

これまではイメージでしか考えてなかったけど、寸法などを測り始めてみた。
とりあえず、気になっていたメインシャフトから。

V120D02Sのメインシャフトパーツ
Walkera V120D05/V120D02Sメインシャフト サイズ比較


で、V120D05のメインシャフトとの相違点がどうなっているかというと・・・
こんな感じw
Walkera V120D05/V120D02Sメインシャフト サイズ比較

径が0.5mm太くなるだけで随分しっかりしてる。

で、ぱっと見た感じそのまんま使えそうやなぁ。

メインギアのピン穴からカラー(呼び方が分からんw)固定のキーまでがどちらも同じなんで、ほぼ大丈夫やろ。
他のパーツをみていないからまだ、なんとも言えんが、これシャフト側は加工せんでええんちゃうかな?!

ローターヘッドのピン穴位置が違うけど、これは樹脂のローターヘッド側に穴開ければ良さそう。
メインギアは当然ながらφ2.5mmが入るように穴を広げる必要がある。

あとはメインギアピン穴から下がD02Sの方がやや長いが、メインギアからシャフトの頭が出るだけで他に干渉するパーツ(バッテリー?)は無かったよな・・・。

当然ながら、V120D02Sのローターヘッドに変更すると、D05で使用されているスタビホルダーも使用しなくて良くなる。

MTBFつか、故障要因が減って、しかも修理費用も安なるハズw
逆に太くなって強くなるんちゃうけ?


う~む、これなら、コメント頂いてるように、メインマストベアリングの外形は同サイズなので、D02S用のベアリングにして、丸ごとポン付けできそうな雰囲気やな・・・。

となってくると、やっぱメインギアの方が面倒やなぁ・・・
歯が小さいのでナメやすいが、交換の度に軸穴加工がなぁ~~

V120D05 互換スピンドルシャフト

今週末は、やはり大雨で外フライトは残念ながら中止となってもーたのだが、
いや~部屋で飛ばせるのは、RCマイクロヘリの実にエエとこやね。
とりあえずのウズウズを解消することはできるw


大雨、まぢで土砂降りの中「深夜に壁に激突させても近所迷惑にならんし、土砂降りもええんちゃう」とか言いながら、N氏がやってきたw
N氏にとっては、うちにくるのも外フライトの一つやなwww


しかし、まぁ~、今週末のフライト練習は色々とあったわ~(汗
俺は、この所、練習というよりは、調整とか修理寄りだったのだが・・・


V120D05で新調した黄色い樹脂ブレードに合わせて、ある程度の調整を済ませたのだが、
どうしても低回転域で機体が大きくブレて暴れるので、流石にそんな事をしていたらアカンわな~

ローターのメインシャフトが絶対に曲がっとるんやわ、かなりケチってきたが、ちゃんと正しい部品に交換やw

やっと交換したw

ほら、やっぱりw
Walkera V120D05S メインシャフト φ2.0mm Walkera V120D05S メインシャフト φ2.0mm
ガラスの上などで転がすと転がらんw
ちなみに新品だと音もなく転がるw


新品に交換してみると、おお~~~機体のブレがおさまった!当たり前や!って聞こえてくるw

でも、まだ、若干ブレとる。
う~む、やはりこいつもかぁ~
先日の記事のスピンドルシャフトも新品に変えんならんかぁ~

そうそう、これの名前って、ヘリモンやったかな?の名前では「ローターメインシャフト」って書いてあったので、そうかと思ったら、コメント色々いただいて、「スピンドルシャフト」とか「フェザリングシャフト」とかっていうみたいやわ(汗

確かに、ローターメインシャフトつったら、メインギアがついてるシャフトのことやもんな・・・。
スピンドルとかフェザリングとかの方が、イメージ的にはしっくり来る。
俺的には、別に名前はどうでも良いのだが、要は「それ」のことwww


で、ここからが悲劇の始まりやわw


シャフトの交換部品が無かったので、曲がりを修正したのが前回。

コメントに頂いていた、「Genius CPのシャフトと同じサイズ」ってのを思い出して、確認してみると、まったく同じやわ。

ってことで、交換決定~。


が!!!


俺とした事が、N氏とあ~だこ~だ、喋くりながら思わず最後の一締めが強すぎたw

Walkera V120D05S スピンドルシャフト

ネジ折ってもたwwww

まぢかよ!!って絶叫してもたしw

で、しゃ~ないやん、もとに戻すか・・・と曲がり修正の元のシャフトに戻すことに・・・

が、当然のことながら、ネジが無いので、片方の緩めれないネジを緩めざるを得ない状況にwww


まぁ、最近とくにブログやってて良かったと思うのが、色々な方法などをコメント頂けるとこ。

このフェザリングシャフトのネジを両方外す方法なども、皆さんからコメントいただいていたりで、なるほどね!
とか思いつつ・・・
やってみてアカンかったら教えてもらった方法試してみようと、以下のようにやってみたら、あっけなく上手くいったw

スピンドルシャフトのネジ外し。
Walkera V120D05S スピンドルシャフト
シャフト側にテープを巻いて、要は滑り止めにしてここをペンチでグッと挟むとふつうにネジ緩めれたw
単にすぐに目に飛び込んできたのが、目の前に転がってたテープだったので、とりあえずやってみたw

まぁ、それは良いのだが。


さらに悲劇は続くwww

Walkera V120D05S スピンドルシャフト 六角ボルト

間髪いれずに、もう一個やってもたwwwww
もうね、横で見ていたN氏には笑顔を見せるしかなかったわw
エヘっって感じw


言い訳すると・・・
もうこの何日間、V120D05のヘッド、フレーム回りを、お前アホか!ちゅーくらい、バラして組んでを繰り返したのだが・・・多分このネジも疲労があったんやわ~w・・・そう思いたいw


終了かぁ~と思っていたら、N氏がニヤりとパーツを出してきた。
おお~Genius CPのローターヘッド一式のセットやん!

パパっと、必要な部品だけ取り出してw
ようやく治ったw

流石、新品になるとブレなくなった。

ケチらず新しいパーツに交換することも重要やわ(汗

で、ついでに、これもブレていた原因。
Walkera Genius CP スピンドルシャフト ダンパー
ダンパーっていうんかな?
見て分かるように、右が新品。左はボロボロやね。

大きいヘリだと、これがヘタるとメインブレードがたわんで、テールブームを叩くとかなんとか、本だったかに書いてあったのを思い出した。


で、まぁ、分かったのは、V120D05のスピンドルシャフトは、Genius CP/Mini CPの物と、正真正銘、互換してるって事が分かった。

でも、悩ましいのは、パーツの売り方w


ヘリモンさんを見ると、

V120D05は
HM-V120D02-Z-08 - Main Rotor Shaft 199円
で、V120D02の方へリンクされてる。(D02も共通なんだろな)

Genius CPでみると、
HM-V100D03BL-Z-15 - Main Blade Shaft 199円

Mini CPでみると、
HM-Mini CP-Z-06 Feathering shaft 311円


もういっちょ、
V120D02のアップグレードパーツをみると、
Hardened Steel Spindle Shaft (MH-V120002用) (MH-V120002SS) 499円
これは、材質が違うんかなぁ?
写真では2本あるけど、2セットなんかなぁ?ダンパー無いみたいやけど。


この微妙な違いが、よ~わからんが・・・
上の4つは多分全部同じサイズでどれにでも使えるハズ・・・


とりあえず、V120D05は無事に元の状態に戻った。


喜んでいたのもつかの間・・・この後、N氏の悲劇がwww
V120D02Sの悲劇なんで、別記事で。



これ、あとから追記w(シャフトまだあった)
追記---------------
V120D02Sでみると、
(S) HM-V120D02S-Z-05 - Feathering Shaft 318円
------------------
これサイズ違うんかな。

V120D05Sスタビホルダー

明日はN氏と1時間程度の外フライトの予定にしていたのだが・・・
雨やな・・・。
西日本大雨らしいw


で、ブレードを新調したV120D05Sの調整をじっくりとやることにして、リンケージの長さなどを合わせては、ホバ・・・の繰り返し。

いい加減萎えてきたw

てか、こうやって、ああやって、の手順も分からず、イジらなあかんパラメーターが多過ぎwww
直感的なセンスでw
やってナンボの世界に突入してるわ(汗

で、V120D05の弱点と言うか、これなぁ~・・・と思うのがスタビホルダーなるパーツ。
コイツの役割自体は、以前教えてもらって、いちお理解はしているのだが・・・

そもそも、なぜV120D05Sのローターヘッド周りをV120D02Sに置き換えたいかというと、そう・・・
俺は、このスタビホルダーが大っ嫌いやねんw
アルミパーツは曲がってしまって壊れやすい、とかいうのは2番目の理由。


250サイズとか450サイズとかならまぁ、ガッチリとネジで固定されているのだろうが、このV120D05のスタビホルダーは、ピンを突き刺しているだけやねんな。

以前、普通にホバしてる最中いきなり、くちゃ!って感じで落ちた事があったのは、このピンが抜けた為。

で、その後、常々このピン抜けが無いかをチェックするようになったのだが、そうやな、1リポ10分程度のフライト中、2~3回は降ろして確認する。全く落ち着かんw

こんな感じで抜けていく
Walkera V120D05 スタビホルダー

何回も差しこんで、抜けて・・・を繰り返し段々とユルユルになっていくねんな。

これ、D05ユーザーの皆さんどないしてはんのやろ?
・・・パーツのバラ付きでたまたまカス引いてんのかなぁ・・・。


にしても、調整ってちょ~ムズぃわw

V120D05メインローターシャフト修正

ヘリに付属のヘキサゴンレンチ(六角レンチ)があるのだが、これがもれなく2個付いてくる。
もれが有るか無いかは知らんがw

付属の六角レンチ
ヘキサゴンレンチ
もれなく2本w

最初Genius CPの時は予備かと思ってたw

ブレードホルダーを外そうとした時に、あぁ、と思いながら2本使うことになるw
Walkera V120D05 メインローターヘッド ブレードホルダー
両方から突っ込んで外す。

ブレードホルダー
Walkera V120D05 メインローターヘッド ブレードホルダー
大体、こんな感じで組まれている。

これが、メインローターシャフトと呼ばれてるもの。
Walkera V120D05 ブレードグリップシャフト
まぁ、ブレードホルダーがこの軸を中心に回転しブレードのピッチが変わる訳やね。


何回も、一回でも?落してブレードに外的衝撃を与えていくと、このローターシャフトが曲がってしまい、ま、細かくは分からんが、ピッチが狂って飛びに影響する。のだろうw
その辺りをメンテナンスでチェックして交換または修正する。


今回は、見事に曲がってガタガタだったので、交換しようと思ったら、先日パーツを注文した時に注文漏れてたわw

で、何とか真っすぐに直したのだが・・・
Walkera V120D05 ローターシャフト
見事に傷も入ってる。
まぁ、このサイズのヘリだとこの程度では直ぐには折れたりはしないだろうが・・・

これ、かなり曲がりを修正した後やねんけど、赤い線のような曲がり方で、ぱっと目視ですぐに分る状態だった。
それでも、一応、飛んでたけどねw

で、ひとつ、誰か教せてくれw
赤矢印の六角ボルトネジはどうやって外してはるんやろw

シャフトに布かゴムシートみないなん巻いて、でっかめのペンチで掴んで回すってのは思いつくが・・・
まぁ、さっさと新品交換しーや!ってのも、ごもっともな話なのだがw

これ、どうしても片方が緩むと、片方が回せないwww

昔、バイクの倒立フォークをばらすのに、同じような事があって、中のインナーに止めてる六角ボルトが
緩めたくても、インナー毎空転してネジがゆるまない。
特工が高くて買うの勿体なかったので、その時は、エアインパクトで一瞬で緩めた記憶があるな。
中身が空転するより早くネジ回すってイメージwww

V120D05サーボ(WK-02-1)ギア交換

V120D05のサーボギアが破損(歯欠け)していたので、ギア交換した。
サーボはWK-02-1なのでV120D02Sも同じ。

ギアの正常状態
V120D05 サーボ WK-02-1 ギア交換

パーツ入手したWK-02-1ギアセット
V120D05 サーボ WK-02-1 ギア交換
とりあえず例の如く、1~6番まで。

まだ、このサーボ自体は1個しか壊した事無いので何とも言えないが・・・
恐らく、4番、5番、6番辺りがモロいんちゃうかな・・・。


ん~、このパーツ、本当は、一式セットじゃ無くて、6番10個、5番10個、4番10個、3番5個・・・ってな感じに
バラで注文したいなぁ~
ま、注文せんでええように、落さんよう早く上手くなるか・・・やけどな(汗

ちなみに、Genius CPやMini CPのサーボWK02-4のギアとは違い、1~6番の歯車は全部が違うかな。



で、交換。
まずは、ガッチガチで全く回転しなくなったサーボの中身
Walkera V120D05S サーボギア
見事に欠けた歯が6番と4番の間にガッチリと噛みこんでるw
そら回らんわ~
あと、このサーボケースはネジ止めじゃなく、単にはめ込みなので、精密ドライバーマイナスなどでケースの隙間を少しこじる感じにすると軽く開ける事が出来る。


見事に欠けた最終段のギア(6番)
Walkera V120D05S サーボギア
横にあるカスみたいなのが、欠けた「歯」。
こういった欠けた歯は、サーボを空けた際に確実に除去しておくこと。
一応、欠けてる歯数を数えて、カスもその数取り除く。
噛んだらガッチガチやで~になる。


6番、5番を外したとこ
Walkera V120D05S サーボギア
う~む、間違いなく4番欠けてるな。

あと、前回のGenius CPやMini CPのサーボWK02-4のギア交換の時の記事で、サーボギアが1歯欠けた位なら
180度回転させて組めばOK~的な書き方したような気がするが、やっぱりそれではアカン、というか条件が付く。
それは、6番(最終段)の歯が1個だけ欠けた場合、180度回転させれば歯が欠けてても動作には問題ない。
が、仮に4番なども1歯欠けている今回のような場合、一見、4番と6番の両方を180度回転させて組めば直るようにみえるが、それはジャイロが静止した一定の状態の時だけやわ。

例えばスティックをめい一杯倒している状態で、受信機を傾けると見事に4番のギアは1周近く300度~330度程度回転しよる。その時、4番の歯が1枚でも欠けているとズルっと滑るw
噛み合いが外れると、次はどこかで運良く噛み合った所から最終段が回り始める・・・ってな感じになる。
なので、フライト中は当然ながら、受信機(ジャイロ)はかなりあっちこっちに傾く事になるので、まともに操作できなくなる可能性が非常に高い。なので無駄に落下破損させたくなければ、やはり、全段綺麗な歯車状態のサーボを使う事が必須やな。

・・・てか当り前やねんけど、俺みたいな貧乏人は少しでも・・・とw
まぁ6番1歯だけの場合は180度回転で多分大丈夫。



芸が細かいw
Walkera V120D05S サーボギア
Genius CPやMini CPのサーボWK02-4とは異なり、圧入じゃないので一応全てのギアは割と簡単に交換できる。


最終段の軸
Walkera V120D05S サーボギア
こいつが前の画像の十字キーの所に刺さっている。
が、これを軸までバラすのがやや硬い。


ギア交換後、正常動作、実機正常ホバまでは確認した。無事に直ったw

V120D05のスキッドの相違点

先週のS氏との外フライトでナイスな写真を撮ってもらったのは良いが、その後の墜落でスキッドが折れてしまった。

新しく注文したパーツが届いたのでじっくり見てみたところ・・・・

なんじゃこりゃ~~!意味分からんし~。

な所が・・・


まずはこれ、ど~おもう?的なw
V120D05スキッドフレーム
奥が破損した旧スキッド、手前が今回届いたスキッドパーツ。
さぁ~何が違うっしょ?!

ん?奥側の脚が折れてる?・・・そら俺が折ったんやし、分かっとるわ!
折れてる脚以外でや!ちゅーねんw


旧スキッド
V120D05 旧スキッドフレーム

新スキッド
V120D05 新スキッドフレーム

なんでこんなことになったんやろ??

これなら分かりやすいかな・・・
旧スキッド
V120D05 旧スキッドフレーム

新スキッド
V120D05 新スキッドフレーム

そや!バッテリーが奥まで入らへんねんっ!!
なんでや!!
おかげて、キャノピーが付けへんやんけ!!
このドアホぅ!www


強度持たせるためのリブ代わり?・・・ならば外側になんぼでも入れれるやろっ!
新パッケージでは付属バッテリが短くなったん??・・・ならばスキッドを同一パーツとして売るなやw

重心を前に持って来たかったんやろか??

よ~わからんが・・・キャノピーの取り付け穴を後ろにずらすか、このバッテリストッパーみたいなんを削り落すか・・・やなぁ。

どっちやろ・・・多分、俺は削り落す方かなぁ・・・いらん所で、げっつ悩み所ですわwww

V120D05リンクボールサイズ

V120D05Sのラダーリンケージ関連が良く壊れる・・・壊す・・・かw
という件で、パーツが入手困難など、あれこれと悩ましい点があったりで、一応、代替え策で解決はしているのだが・・・

コメントを頂いて、Genius CPのリンクボールが使える・・・ということで、「おお!ないす!」と思っていたのだが、さっき現物を確認してみたところ・・・ん??サイズ違うけど・・・。

で、整理してみた。

一応、前回記事V120D05Sラダーリンケージロッドの代替え


【リンクボールサイズ】
Genius CP 1.5mm
V120D05 2.0mm
V120D02S 2.5mm

となっている。

Genius CPのボールがV120D05に使えた・・・ということなのだが、Genius CPのロットによってサイズが異なっているのだろうか?!・・・というところは不明。

V120D02Sの2.5mmに置き換えるのは良いとして、Walkeraはパーツとして、サーボホーン、ボール単体でのパーツ販売が無いのが痛い。

で、何か合うのが無いか探していたところ、SoloPro180 3Dのハイテックスからボールだけが売られているというコメントを頂いて、それに置き換えることで一段落。

V120D05S,V120D02S,Genius CPリンクボールサイズ

左:SoloPro180 3D用パーツ(2.5mm6個入りで販売)
真ん中:V120D05純正(2.0mm)
右:Genius CP純正(1.5mm)


結論としては、
2.0mmだとどうもダメージに弱く、ネジがすっぽり樹脂パーツからモゲてまうので、少しでもネジがガッチリしてるっぽい、V120D02Sの2.5mmに置き換えるってのが一番の得策ちゃうかな?
と思う。

V120D05Sのネジ緩み

V120D05を飛ばすというか、ラダーの調整中ケツホバさせていたら、いきなり変な音と挙動が・・・
一旦降ろしてぱっと見て・・・わからん。

また、飛ばすと普通に飛ぶ。

いきなり途中で変な音・・・メインローターからの音や・・・

明らかにどっかおかしいわ・・・

と、もう一回、じ~っくりと眺めてみると、み~っけw

ネジが緩んどる。

Walkera V120D05 メインブレードホルダー

あっぶね~~~こゆのん絶対せーへんよーにしな、大破は免れへんよなぁ・・・
緩んでるだけで、あんな変な音と飛び方しよるねんな・・・。

最近は外フライトでも一回のフライト毎にネジ緩みとかピン抜けとか無いかをチェックするように心がけていたが・・・調整中にこれかよw

まぁネジロック剤を必要な個所には塗っとくべきやろな、と思うのだが、家のどっかに転がってるハズやねんけど、ボチボチ本気で探がそw


Ads

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」