mini-X - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

新ヘリ仲間の練習段取り2

けど・・・よ~考えたら俺らの出だしって3chトイラジやったわな~~~www
まずは、ヘリの形した物体が中に浮く・・・って感触をつかむ必要があんのかな・・・・とか。
今更遅いけどwww


そんときは、俺の初号機mini-Xで練習さしたらええか・・・と、久々にmini-Xをひっぱりだして飛ばしてみたw

mini-Xは動画あんまりとって無かったのでとりあえず適当にとってみた。

おお~~これこれ、原点やわw
いちお、飛ばせましたw
スポンサーサイト

Mini-Xのプロポ破損www

この記事は、Mini-XからステップアップでGeniusCPをやり始めた頃の笑える悲劇w

いつも通り、N氏と部屋練してる時のこと、

大体、床に直置きしてCPを飛ばしたりしてたっす。
なんか、こんなかんじ・・・
miniXプロポ1
ごちゃごちゃと・・・ヘリ増える度にプロポも増えるwww


何の前触れも無く、N氏が「おお~~」と叫んだ直後、N氏のCPがMini-Xとか諸々の所へ突っ込んでいった、
その瞬間!ぱきー~ん!って音がして何か黒い物が宙を舞ったのを俺もN氏も目撃した。
あ~あ~いきなりなんかぶっ壊しよったわw
とN氏のGeniusCPを見ても折れたり、無くなってそうなトコが無いw
恐る恐るCPを飛ばしてみると、何故かちゃんと飛ぶw
???
さっきの黒いのなんやw

で、よーくみると・・・・

これやw
miniXプロポ2
wwwwwwwww
プロポのレバー綺麗に切断されてるwww

で探すと、あったw
miniXプロポ3
間違いなく、GeniusCPのメインブレードの黄色い所で1撃ではなく、2撃だなwww

胃が痛くなる程、笑ろたw

それから2ヵ月は経ったかもしれんが・・・
今でもN氏が飛ばしてる時、こそ~っと自分のDEVO8を裏向きに置き直すのが無意識的な癖になってるw

メディアクラフトmini-X

N 氏のmini-X、SWIFT がきた直後のGenius CP 到着だったのですっかりおろそかになっていました。
メディアクラフトのmini-Xのインプレッションです。

メディアクラフトmini-X

まず、パッと見は、あんまり違いは無いが微妙に違う点は、キャノピーがシャープになってて、東京マルイはスモーククリアのキャノピーパーツが別パーツとなっていたが、メディアクラフトは、一体になってて黒で塗られているだけだ。

メディアクラフトmini-X

メディアクラフトmini-X

メディアクラフトmini-X

実は、内蔵されてるリポバッテリーの容量が違っているのだ。

あと、テールに垂直翼がついている。

飛ばした感じ、流石操作が上手くなってるというか完全に慣れてる。
1号機は、ぶつけまくったせいか、ピタッと静止ホバリングに少々癖があるが、
新品では左右旋回も同じ感じでまがってくれる。

たた、パワー不足感がある。やはりリポバッテリーの差なのか…

上空から一気にスロットルoffしてonすると、耐えて飛ぶが、メディアクラフトは、耐えずに落ちるw

東京マルイは3.7V70mAh
メディアクラフトは3.7V60mAh

あと、放電完了時の回路遮断が東京マルイは、すぱっと切れるが、メディアクラフトは、何度もon /offを繰り返す。
リチウムイオンでは、メモリー効果がないぶん過充電、過放電がよろしくないので…

総合的には、やはり東京マルイに軍配があがる。
ただ、3000円近く高いので、当たり前か。

mini-X2機+SWIFT到着

GeniusCP注文入れた直後に商品到着w

mini-x/SWIFT


俺)
mini-X(東京マルイ)
FALCON4
mini-X(メディアクラフト)

N氏)
Solomaxx
mini-X
SWIFT
DriftKing

この約一カ月でこれやw

あちこちのブログや動画でRCヘリやってる人の部屋に、何機あるねん!アホなやぁ、言うてたがなんとなく理由が分かってきた。まぁ、壊して訳もわからず増やしてんのは俺らぐらいかもしれんので猛省中。
けど、どのヘリもそれぞれ、微妙に特徴が違ってて別物なんやなぁ・・・
あと、プロポが何台も並んでいる理由が、なんとなく分かってきたww

mini-Xスタビバー交換

mini-Xでまぁ、良く壊れるのが、スタビライザーというバー。
何回かは、テープで固定したりホッチキスの針を添え木代わりにして糸巻いて瞬間接着したりと遊んでいたが、4か所も折れてしまうと流石に交換しようという気にもなる。
で、早速検索・・・東京マルイでは実にそのようなパーツは売っていない。

てゆーか、メディアクラフトのOEM品かなんかだと思うのだが、東京マルイは他のmini-Xはバッタもん呼ばわりしてるくせに、ろくなパーツも出しちゃいない。

ということで、メディアクラフトのスタビバーを検索・・・あったあった、Amazonで210円送料無料だw

何の迷いも無く、5本注文。振込手数料の方が高くついたりしそうでまとめ買い。

直ぐに届いたが、思わずデカ!と叫んでしまった。

mini-Xスタビライザーバー

mini-Xスタビライザーバー

mini-Xスタビライザーバー

恐るべしAmazon

mini-Xディティール

調子に乗って飛ばしているので、大概ぶつけまくっているので傷だらけだが、とりあえずディティール的なものをのせておこう。

mini-Xディティール

mini-Xディティール

mini-Xディティール

mini-Xディティール

mini-Xディティール

mini-Xディティール

mini-Xの改造

今回はmini-Xの改造について。

フライト操作に少し慣れてくると、無茶をし始めてくるのだが・・・それ以前に、慣れるまでには、壁、椅子の足・・・いたるところに激突させつつ、地面に落下させつつ、まぁそれでも何とか機体が軽いお陰で、運よく大きなダメージはなく遊べるのだが、突然ホバリングがフラツキ・・・というレベルを越え、暴れだす状態になった。さっきまで普通に飛んでいたのに、何事?!とよ~く羽の所をみるとなんとなくグラグラになっているではないか・・・スタビライザーを止めているピンがどう見ても片方しかない。
最初の状態を覚えていないので、これは最初から片方だったのか・・・ということで、購入時に撮影した写真をくまなく見直してみると、やはり片方が抜けているw

そかし、この構造は樹脂部品に対し単にシャフトを両側から圧入(圧入という程のものでもない気がするが)されているだけなので、プロペラの回転で遠心力がかかると抜けて飛んでいく仕様なのであるww
設計的にはいかがなものかとも思うが、取り合えず同じ径のシャフトを探して差し込んでみると直ったww

が・・・すぐに抜け飛んでいく仕様なのだwwフライト中にフラフラになるのだ。仲間内ではこの飛び方を竹中と呼んでいるww「竹中直人」的な飛び方なのであるw(竹中直人は個人的にはかなり好きな俳優なので否定的ではなく愛嬌)

ということで「抜ける」のは樹脂側がゆるゆるになっているからで、「抜ける」のを止めるには、抜けないようにするのが一番なので改造してみた。

遠心力で抜けてしまう仕様のピン
mini-Xプロペラピン
ピン径=φ1.0mm
長さ=4.5mm

抜けないように両側から挟むような感じで軸を作る
mini-Xスタビライザーピン(改造)
材料は径1.0mmの針金的な物であればOKで、画像の物は、ごく一般的なクリップを使って三角の形に曲げたものを使ってみた。
クリップは径が約0.8mmなのでユルユルだが、両側から挟み込む形なので全く問題ない。ただ常に片方にぶら下がり、回転時は遠心力で水平になるように動くので重心等の影響を受けるかが微妙だったが、全く問題なく安定して飛ぶようになった、しかも竹中にならずに済むようになったw
毎回抜けて、イライラしてる人はお試しください。

フライトのコツ

さて、mini-Xだが、おもちゃとはいえ、やはりそう簡単に飛ばせた訳ではない。
といっても、とりあえず浮かすだけなら割とすんなり浮かせる事が出来る。

何せ空気を相手に飛ぶわけで、車などのように路面との摩擦の大きい物とはまるで操作の挙動が違う。
当たり前のことだけど・・・

しかしながら、物が浮いているというのは何かにつけ、なんとも言えない感動がある。
これはハマってしまうな。

で、購入から約2週間、毎日2~3回のフライトで、バリバリの初心者的に特に飛ばすコツを得る事が出来た。
まずは、パワーのコントロールだ。

上げ過ぎず、下げ過ぎず・・・この上下の感覚を無意識に操作できるようになると、かなり浮かしてられるようになった。

その後は、旋回。mini-Xはどこかで、3chなのだが、

1ch=上昇・下降
2ch=左旋回・右旋回
3ch=前進・後進

なのである。

1chの上昇下降が無意識にできれば、あとは旋回だけを気にしていれば浮かし続ける事が出来る。

量産製品としての精度的には、作られている国的には大体の察しが付くのだが、かなりバラツキが多いのだろうが、トリム調整してもそのうち、右か左かにゆ~くり曲がるように流れていく行く。

そこで、一定の高さで浮かし続けつつ、自然と機体が流れて壁などの障害物に近付いた時には、旋回で機体の向きを変えてあげる操作に集中すれば良いだけなので簡単。
しかも、その旋回の向きを、慣れるまでは右だけ(または左だけ)という風に機体を回すように操作すると、機体を少しずつ一方向に回して旋回するように障害物を避ける事ができる。

これが出来ればほぼ、バッテリー切れまで浮かし続ける事が出来る。
ここまでで1週間。

なんでも人間慣れてくると冒険したくなるもので・・・左右の旋回はもちろん、急激な上昇や下降、そして高い位置から一気にパワーオフにして、ギリの所でパワー全開などww

ちなみに、前進後進だが、mini-Xは重心がやや前に設定されているらしく、何もせずに浮かすだけで少しずつ前に進むようになっている。なので定位置でホバリングさせたい場合は、やや後進をさせるとある程度とどまることが出来るようになる。
が、前進後進はかなり急激な旋回をするので、操作には注意が必要のようだ。

・・・と2週間も立てば、ある程度自由自在に操作できるようになる。
流石というか、これだけの小ささで赤外線とはいえ無線コントロールで3chの動作が何の知識もないド素人が直ぐに飛ばせるようなものを、しかもフルセットで5000円程度で作ってしまう時代となったことが凄い。

会社の女性スタッフ曰く、そんなもん飛ぶように作ってあるねんから飛んで当たり前やん・・・と言われてみると、まぁ、そりゃそうやけど・・・となる面も否めないが、やっぱ感動w

充電中

東京マルイのmini-X購入

前々からトイラジヘリの存在は知っていた。
先日甥っ子へのお土産を買うためにトイザラスに寄った際、これ俺が欲しいやん・・・というか、ほんまに飛ぶんか試してみたくてしょうがなかったが、パッケージには14歳以上のおもちゃらしく、5歳の甥っ子にはまぁ、無理だろうな・・・と諦め、その時は、6歳~とあったGTRのラジコンにした。(お土産渡して3時間以内にはボロボロになっていたが・・・)
まぁ、自分が5歳のころには、ありえん価格とハイスペックなおもちゃが山盛りで正直驚いた。

遡ること10数年前、サラリーマン時代からRC電動カーやらエンジンカーなどはそれなりに色々といじってきていたのだが、当時エンジンカーを良く走らせに通っていた舞洲では、いつもRCエンジンヘリを飛ばしてるおっちゃん連中もいて、墜落の瞬間を目の当たりにしたりして、一落ち何万円の世界には足を踏み入れるべきではないな・・・てな会話を思い出しつつ・・・

そんなこんなで、RCヘリなんぞ全く記憶から消し飛んでいた今日この頃、何気にプリンターのインクを買いに寄った量販店で見てしまったのが東京マルイのmini-Xだ。

買ってしまいそうな衝動に駆られたが、ここは、ひとまず堪えて帰って調べてから…、ということで一度帰ったものの、それから2時間後にはmini-Xと電池ぶら下げて帰ってきてたw

RCヘリへの扉を開いてみた。

DSC_0025.jpg

Ads

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」