GAUI - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

GAUI X3修理

なんかめっちゃ忙しかってんけど、気づいたら、今日で8月も終わりやねんな~
ところどころフライトしに行ったりもしてたんやけど、写真が結構たまってるw

とりあえず、前々回の記事でみりん干し状態やったGAUI X3の修理。
今は既に復活済みで先週末も飛ばしたんやけど、修理の時の写真とかが出てきた。

X3がここまで大破するってのも珍しいねんけど、何せ落とし所がマズかったな。
草ボウボウの中、ピンポイントで側溝のコンクリートの上に落ちてた。
しかもヘドロっぽい感じで軽い水没w
めっちゃ臭かったので、バッテリー抜いた後、現地でジャブジャブ水洗いw

GAUI X3大破修理 GAUI X3大破修理
現地では、周りから、この程度のダメージやったら行ける行ける~って言われてたけど、
よくよく見るとメインカーボンフレームのビス穴がズボズボ状態になってるし、もちろんフレームも割れてるしw
流石にフレーム交換やわなw
GAUI X3大破修理 GAUI X3大破修理 GAUI X3大破修理 GAUI X3大破修理

つことで、ヒデさんとこにフレーム注文w
GAUI X3大破修理
純正は左右の形が違ってて、片側2000円もすんねんけど、ヒデさんとこのはFUSUNOのフレームで左右セットで2000円ちょい。
板圧も純正1mmに対して1.2mmと厚いので強度もあるやろな。
左右の形はまったく同じ。

ただ、純正と比べたら多少精度が悪いのか、少しだけヤスリで削って合わせる感じ。
GAUI X3大破修理
俺の場合、この部分を少し削ってピッタリ組めた。

その他は、テールギアボックスが割れて、シャフトも曲がって、コーンギアかけ。
GAUI X3大破修理

このシャフトにつけるコーンギアだけでパーツ売ってないので、結局はシャフト毎セットで交換。

修理後
GAUI X3大破修理
修理、つか殆ど組み直しやけどwww

勿論のことながらテールブームくちゃくちゃ、トルクチューブもくちゃくちゃw
GAUI X3大破修理
トルクチューブは先っぽを突っ込むのに結構苦労したわ。
ロットが違うからなのか、なんか削りながら入っていく感じ。めっさ堅かったわ。

その他
メインギア欠け
メインブレード大破
テールブレード割れ
キャノピー大破・・・・つってもまだ使ってるけどwww
テールフィン割れ

あとは、MICRO BEASTを分解清掃と乾燥。

で、HOBBY WINGのアンプも分解掃除・・・と思って一回蓋開けたけど、これはバラしたらアカンわ。
爪が折れそうになって元に戻せんくなりそw
結局フィン側のケースは外せんかったので、そのまま拭き掃除して戻した。
GAUI X3大破修理 GAUI X3大破修理

受信機もビチャビチャやったので、全部開けて清掃。
けど、受信機はJRの純正に積み替えた。

まぁ、この時接続間違ってて修理後のテストフライトではヤバかったw
マニュアルを見ずに、MICRO BEASTに書いてある信号名だけを見てそのまま受信機に繋いでんけど、
微妙に違うねんなw

ということで、最近、頻繁にX3を落とし中w
にしても、毎回軽傷やったので、今回は久々に萎えるくらいのダメージやったわw
前側だけとかやなくて、何か不思議と全損w
どんな落ち方してんやろな。

2年ぶり位でキャノピーも新調w
GAUI X3大破修理 GAUI X3大破修理

修理が面倒なので落としたくないわw
スポンサーサイト

パーツ諸々調達

やっとこさ、ちょっと時間が取れたので、久々にNX4のパーツとかを注文したりした。

まずは・・・
ガバナーやけど、前回のフライト時、遠心力でマグネットがすっ飛んで行った時に
ホールセンサとファンの隙間にマグネットを噛みこんだみたいで、センサ部分がグチャってもげた感じになってもたw

で、組み立てた時に、センサの型番控えトコ思いつつ、忘れてたのでセンサだけを調達するってのができへんかってんな~
しゃ~ないから、結局丸ごと調達。

ん~、今は円安なので、これ非常にお高くなってんねん
GAUI NX4ガソリンエンジン

本体は問題ないし、このセンサー部分だけばら売りしてほしいわ~
GAUI NX4ガソリンエンジン
ここは、結構タイトなクリアランスなので、何か噛みこんだら一発で壊れる可能性があんねんなぁ
冷却ファンをクランクシャフトに止めてるナットが緩んでも、ファンが抜ける方向にずれるので、その場合もファンでセンサを削ってまう状況になる。

まぁ、よく壊しやすい部品やねんな~

つことで、今回は、ちゃんと型番メモっといた。

DIODESのATS137やねんけど、グレードは多分、ATS137-PL-※-A

PLのPは、パッケージで
P:SIP-3L
W:SC59-3L
今回のセンサ取り付け方法やと、PのSIP-3Lパッケージの方。

PLのLは
L:Lead Free
G:Green
これは、製品として販売するものを作るなら必要やけど、使うだけならどっちでもエエ。
要は、鉛フリーとかの規格の水準に達しているかどうかのマーキングみたいな感じ。

※はパッキングなので、別になんでもいい。
A:Ammo BOX
B:Bulk
7:Tape & Reel
のいずれかの記号が入る。個人的に調達するなら、Bulkやろな。

Aは、Magnetic Characteristicsで、
A grade:Operation Point がMax100ガウス
B grade:Operation Point がMax130ガウス

リリースポイントとヒステリシスのスペックはAグレードもBグレードも全く同じ。
入手性が良いのはAグレードの方で値段もちょっとだけ違うんかな。。。

センサの値段は1個やったら大体400円弱。
4000個で買うと、@70円弱。けど4000個も要らんw

どちらにしても、ガバナー本体が壊れるより、このセンサの方が壊れやすい気がするし、
丸ごとやと、6500円位やけど、センサだけなら400円で済む。
つーことで、2個位調達しとこかな・・・って感じ。


仕事終わらした後、7時頃RCアドバイザーのトコに行ってきた。

とりあえず、これ調達。
GAUI NX4ガソリンエンジン
K&Sのサブタンク。

前回のフライトで、どうも燃料があっちこっちから漏れたり、エア噛んだりって事が起こり始めてるねん。
それを直すのに、あれこれ準備。
もともとGAUI純正のサブタンクが付いてて、それつかっててんけど、中身のウェイトに付けるチューブは耐ガソリンの
ものに変えててんけど、タンク自体のシールが劣化してきたんやと思うねん。

で、ゴムブッシュをナットで締めれるヤツに変更することにした。
あとは、サブタンクからキャブまでの間のホースを1~2周巻きにしてエアが入ってもなるべくキャブに到達しないような
工夫が要るかも・・・とか考え中。


それと、一回エンジン全部のOリングを交換しとこうと思って、注文しようとしたら、
T-10エンジンのパーツは殆ど扱いが無いw

しゃ~ないので、GAUI本家のショップサイトでOリング全部を注文して、ペイパル決済してたら、
GAUIから、日本にはGAUI JAPANがあるし、そっちで買った方が送料が安いし、
オーダーはキャンセルとしますね。。。的なメールが来たので、

いやいやいやw
GAUI JAPANつか、国内の代理店はどこもT-10のパーツ置いてへんしw
既に決済もしてるし、送料高くてもかまへんからササッと発送してください。

と返信してたら、今度は、Vegoから電話かかってきたwww
一旦キャンセルして、注文してるパーツはVegoで受け取って、再度計算し直して送りますみたいな事やった。
まぁ、分かったような、分からんようなwww

なんしか今はエンジンの部品が無いので、エンジンのバラしはしばらく無理やなぁ。
ま、ボチボチやりますか。

GAUI NX4&T-10やっと飛ぶ気がしてきたw

週末は土曜日8時過ぎから

前回、エンコンサーボロックするってのをスパークノイズが原因と疑って、プラグコードをアーシングしてんけど、
倶楽部メンバーのPさんの、JRレシーバーRG712BXもテレメトリーエラーになって、挙句フルスロットルで固まったとか?!
なんしか、ノイズ耐性とか電波状況とか、なんか不具合潜んでるんちゃう??って感じで信頼性がなかったので、
831Bに積み替えての再チャレンジ。

とりあえず、エンジン始動は特に問題なく出来るようになった。

まぢドキドキしながらの離陸w

ノーマル、ST1、ST2と動作には問題なく、1/3タンク程度で無事に着陸w
けど、とにかく、エンジンの温度がヤバイ。150℃に届く勢いで熱過ぎw
あれこれ燃調やりつつ、1日がかりでやっと2タンク消費して終了。

まずは、ノーコンとかは皆無となったみたいで、恐らくプラグケーブルのアーシングが効いた模様。

あとは温度をさげなアカンな~

つことで、翌日曜日は午後から雨予報やってんけど、雨降る迄つーことで、午前10時頃から、とりあえずスローニードルを緩める方向で燃調。

で、スローニードルを開け気味にして、結果、110℃位まで下がってきたけど、スロットル開けると少し息継ぎする感じ。
結構シビアで10度刻みで変化がある。
けど、回転数が2600rpmしか回ってへんので、メインニードルを開けて行く。
大体2900~3000rpmのとこらへんで130℃位。

今はガバナーをOFFにして、ST2のスロットルカーブは100-90-100。

ただ、ゼロピッチ付近でやっぱり回転数が上がってる感じなんで、次は100-80-100位で試してみようってトコで小雨がふりだして、15時頃に終了。
てか今は500ccずつしか混合してへんw
何せテストホバな感じやと、1タンク20分飛びよるしw
2タンクでお腹一杯w

T-10エンジンはかなりピーキー感じでパワーバンドも狭い感じとちゃうかなぁ。
なので、スロットルカーブ100-80-100がエエかどうか分からんけど、極力全域で回転数を殺したくない感じ。
その為のガバナーなんやろうけど、そのガバナーのマグネットが片っぽ飛んで行って、その時ガバナーセンサーに噛んだみたいでセンサーが破損・・・orz

とんべさんが撮ってくれてた動画

テレメトリで温度を見ながらスローとメインの調整


年末年始は部品調達も出来へんし、まぁ、もうちょい燃調詰める程度かな。

今日と明日は大掃除でヘリはお休み。

GAUI NX4&T-10レシーバー積み替え

今日は仕事納め・・・てか、仕事残したままやし、納まってへんしwww
けど、忘年会w

帰宅が23時頃で、明日のフライトの準備をやりつつ、RG712BXで逝くかどうかちょ~悩ましかってんけど、
やっぱし受信機を831Bに積み替えることにした。

まぢ、面倒臭いw

GAUI T-10ガソリンエンジンスパークノイズ対策

でもって、ついでに

ガバナー~スロットルサーボ
GAUI T-10ガソリンエンジンスパークノイズ対策

ガバナー~レシーバー
GAUI T-10ガソリンエンジンスパークノイズ対策 GAUI T-10ガソリンエンジンスパークノイズ対策

の両方のケーブルもシールドしといた。

でもって、またもや外れかけになってた温度センサーを、今度はちゃんとエポキシ系の接着剤で固めて修理。

とか、諸々やってたら、2時過ぎw

レシーバー変えたんで、もっかいジャイロ設定やり直しやけんけど・・・眠いのでとりあえず現地でやる事にして、
全開状態の荷物をまとめて・・・
ってやってたら、まぢ明日行くのしんどなってきたわw
明日、未完成で逝くのやめとくか~とか思たけど、明後日がどうも雨っぽいので、やっぱ逝くことにしよw

ん~今から寝たら、現地8時入り目標やなぁw

GAUI NX4&T-10スパークノイズ対策とか

あと一週間で、今年も終わりやな・・・
休み入ったらとりあえず連チャンで飛ばしにいきたいので、準備しとかなw

で、エンコンサーボのロックの問題やねんけど、どこから料理したろっか~と、考えを巡らせてたんやけど、
ど~考えても、サーボがギア欠け以外で勝手にロックするって事は無いと思うねんなぁ~
サーボ動かしてる信号は受信機から出てるPWM信号なんやろうから、そう考えるとほぼ受信機がハングしたとしか考えられへんねんなぁ。

なんで受信機がハングしたかつーと、やっぱスパークプラグのノイズとしか思われへん。
一瞬、K-barジャイロが発狂したんか?とも思ったけど、冷静に考えると、エンコンサーボはジャイロには入ってへんしw

OSのガソリンエンジンのマニュアルを読んでたら気が付いてんけど、OSのイグナイターは本体から、点火センサーの信号入力線とプラグシールドコードともう一本アースケーブルが出てるみたいやわ。

GAUI T-10エンジンはGO ENGINEってトコのエンジンみたいやねんけど、ここのイグナイターはアース線が出てないねんな~
なので、やっぱプラグコードのシールドをアースしといたらんとアカンのかも・・・
つーのを一番疑い始めた。

まぁ、やって意味が無い事は無いと思うし、やっといた。

GAUI NX4ガソリンエンジンスパークNOISEアース対策 GAUI NX4ガソリンエンジンスパークNOISEアース対策 GAUI NX4ガソリンエンジンスパークNOISEアース対策 GAUI NX4ガソリンエンジンスパークNOISEアース対策
0.75sqの線をシールドに半田付けして丸端子でエンジンマウントに共締め。
エンジンは塗装されてるので、塗装を剥がす。

で、届いてた部品を開けてみた。
GAUI NX4&T10ガソリンエンジン
こんだけ~?!と思ったw
もっと沢山頼んでたような気がすんねんけどw
とりあえず、ギア欠けしてたテールメインギア61Tを交換で異音も無くなってスムーズになった。


あと、タンク内のホースやけど、先っぽのウェイトが前回抜けとったので、ワイヤーで縛っといた。
GAUI NX4&T10ガソリンエンジン GAUI NX4&T10ガソリンエンジン
タンク内で重りがカラカラゆーとるの見たらちょっと寂しくなるでw

あとは、エンコンサーボのケーブルをシールドやな。

エンジン自体は今のトコ、良さそうな感じになってきてるんで、あともうチョイやねんけどなぁ。

GAUI NX4&T-10リアメインギア歯欠けかよw

前回、エンコンサーボロックでかろうじて降ろしたものの、スロットル操作を全く受付けなかったので、止めるに止められへん。
ガス欠するまで放置しかないな~と、メインタンクが空になったあたりで、イグナイターのコネクタを竹の棒で抜こうと・・・
抜けてエンジン止まったけどコケたw

当然ながら、ブレードが終了w
で、現地でぱっと見、テールがちょと回ってる程度で、曲がりは無く、ブレードだけか~と思っててんけど・・・

週明けからバッタバタで玄関に放置してたヘリ道具一式をやっと昨晩、部屋に移動して、機体の状況を確認。
メインギアをクルクル回すと、なんか、カリカリ音がするので、良く見たらリアメインギアってのが歯欠けしてるやん・・・orz
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジンRCヘリ

しゃ~ないので、またもやあれこれパーツ注文・・・注文中、ちょっと寝落ちしたりwww
機体眺めながらノイズ対策の方法とかを検討したりして・・・
テールブーム周りをバラしてみたけど、ブーム自体は曲がってなかった。

仕事バタバタやし今週末は行けるんかな~。
クソ寒いし・・・修理が間に合わんかも知れんし・・・微妙~w

GAUI NX4&T-10エンコンサーボロック

日曜日は、土曜日に調子が悪くなったT-10エンジンをあれこれ試してみた。

ちょっと色々調べて、多分やけど、ヘッド温度はとりあえず150℃まではいけそうやったんで、どの位で飽和すんのか、しないのか・・・温度上がってきてもダメ元で我慢する、ってのと、オイルをもっとレーシーな違うヤツに変えた方がエエのかも・・・とか、その辺りの様子を見てみようと。

とりあえず、エンジンはかけれるようになってんけど、低速から中高速に切り替わるあたりで、エンスト起こす現象を何とか、最初の状態にせなアカンな・・・
つーことで、もっかい、ニードルを規定値から最適な位置を絞り込み開始。
けど、何度やっても、スロットルを開けようとした途端にエンストになりよんねんw

で、しばらくエンスト繰り返してたら、急にスターター回しても燃料を吸わなくなったので、絶対何かおかしい・・・
どーも、圧縮漏れ起こしてるような、どっかからエア噛んでるような・・・
外観目視ではネジ緩みとか全く分からんので、グダグダやってもしゃ~ない、、、、つことで現地でエンジン降ろすことにしたw

今回はエンジン降ろしてみる、つーよりは、キャブをバラして確認する・・・ってのが目的。

毎回思うねんけど、マグロの解体ショーつか、魚捌いてるみたいな気分になるw
GAUI T-10ガソリンエンジン調整メンテナンス GAUI T-10ガソリンエンジン調整メンテナンス

エンジン降ろす自体は、オイルべとべとを拭き拭きしながらでも
20~30分もあれば行けるので、思った程、面倒な訳でもないねんな。

GAUI T-10ガソリンエンジン調整メンテナンス GAUI T-10ガソリンエンジン調整メンテナンス

で、キャブ外して、スロー、メインニードルも全部バラしてシール類のチェック。

とりあえず、ネジの緩みとはか一切無かった。
ニードルの穴も全部チェック。
一瞬何かゴミ詰まってるやん!ってのがあってんけど、多分気のせい。
特に何もなさげやったけど、パーツクリーナーで全部掃除してまた組み直し。

で、もっかいデフォ設定でエンジンかけてみたら、なんつーか、めっちゃアイドリングから安定して吹け上がりも息継ぎ無しでエエ感じやんw

原因特定出来てへんけど、キャブのどこかが汚れてたつかゴミ詰まってるとか、ほぼ間違いなく、何か問題があったんやと思うわ。

それ以降、嘘みたいに、エエ感じにエンジン回るようになって、時々降ろして温度見ても110~120℃程度で飽和してるっぽ。
その後4~5分、ノーマルで浮かしてみたけど、ノーマルの設定なんでちょっとフラフラで操作しにくいねんけど、特に問題は無さそうな感じ。
しかも、今までエンジンかける度に腰下周り全体がオイルでべっとべとになってたんが、ウソみたいに乾いた感じw
つか、普通これやで!とか思う感じw

つーことで、ジャイロのオートトリムとかアジリティとかの設定がまだやってんけど、キャノピー付けて上空に上げてみよ~的な雰囲気にw

でノーマルで浮かしはじめて、行けそうな感じやったんで、とりあえず、ピルエットやってみたりw
ちょいふらつく感じやけど、特に問題なさそうやったんで、スタント1にw
スタント1に入れたら、スロットルカーブが合って無いのか回転が落ちて浮きにくい感じ。
GAUIガバナーの参考カーブにしててんけど、ガバナーはOFFにしてたので、多分回転は落ちる。
で、スタント2に。回転は上がって、ややモッサリ感はあるものの、まぁ操作出来るかんじやったんで、
プラマイピッチの感じが分かったらダウンフリップ1回位したろか・・・と、思ったとたん、急に回転が落ちてスロットルが聞いてへん感じにw
辛うじて浮いてるって感じでなんかヘンw

つことで、降ろすことに。

けど、ココからが最悪やw

何というか、ノーマルに戻してもどうもスロットルが反応してへん感じやねんwww

回転が全くオチへんし、上がらへんしw

ヤバイ感じで、とりあえず地面に下ろしたけど、回転が落ちんw
しゃーないので、そのままエンジンストップ入れてみてんけど、全く反応せずwwww

まぁあれや、超前向きに言うと、強制ガバナー状態w
まさにピッチだけの操作で動いてるんやね~w
た~だ、ちょ~回転低いままのガバナーやけどw

これ、どないすんねん・・・みたいなw
てか、燃料無くなる迄止められへんやん・・・めっちゃ危険w

で、すったもんだやって、とりあえずエンジン止まった後に、
キャノピー開けてみたら、エンコンサーボがロックしとんねんwww
どないやねん・・・

全開でロックやなかったので、まだ、マシやったかもしれんけど、60%位のトコでロック。

しかも、ギア欠けとかやなくて、電気的にロックしてる状態。
受信機、サーボ側のバッテリーコネクタ抜いたら、当然サーボはスルスルに動いた。
で、もっかい受信機サーボのバッテリー繋いでバインドさせて、動きをみたら何事もなかったように元に戻ってるし・・・。

なんつか、原因不明で、これぞ最悪~な状況やわwww

俺的な感触やけど・・・可能性としては・・・

1.サーボの不具合・・・・極めて可能性低い気がする。
2.プラグノイズで受信機がトチ狂った・・・・これ非常に濃厚な気がする。
3.受信機RG712BXかXG8のなんらかの特定のバグ・・・・・JR PROPOには悪いけど、これも相当疑ってる。
4.GAUIガバナーの不具合・・・LEDが赤でOFF、緑でONが間違いなければ、・ガバナーはSWでOFFにしてたので、多分関係ない・・・と思うけど。
5.プロポの何かの設定間違い・・・各部、見た目の動きではフェールセーフ、エンジンストップ、ホールドも正しいエンコン動作
してるので、問題ないと思うけど・・・。これやったら、すんまへん!やけど、ストップ系のフェールセーフ的なものが飛んでる最中に効かなくなるつーのは、どうよw
6.K-bar様なのか??・・・・・よくよく考えると、これかもね。別のK-barに積み替えるか・・・

位しか、全く思い当たらん。
ん~・・・やっぱ2と3が怪しい。

2の場合、プラグケーブルのアーシングをしてないので、それをやって改善する可能性はあるけど、異常が発生した後、
ブレード外した状態で温度みながら陸上でST1、ST2でのスロットル操作、ホールド、エンジンストップ操作とか何回やってもサーボロック再現できへんので、異常改善の確認ができへん・・・orz
た~だ、こゆ状況の時に限って、エンジンだけはエエ感じで回りよんねん、憎たらしいwww

2と3は原因のなすりあいで結局どっちやねん・・・ってなんねんけど。

・・・ちなみに、スワッシュ側サーボは全く問題なく動いてたので、着陸出来てんけどね。

なんちゅーか、エンコンchが電気的にロックするようでは、危険極まりなく、信頼性ゼロって感じやねんな・・・。
サーボの故障やったわ・・・ってのが1000倍マシ。

さ~て、どっから、ど~やればええんやろな・・・
動かんエンジンより動かすよりムズいわw

まぁ、精一杯やるとして、
念の為、エンコンサーボを変えとく。
プラグのシールドケーブルをアーシングする。
受信機を831Bに変える。
GAUI ガバナーを外してとりあえずガスモードで飛ばす。
位しか打つ手が思いつかん・・・

人のせいにしたらアカンねんけど、RG712BXは発売されたばっかやので、製品としての実績が非常に少ない。
しかも、ダイバーシティとかで、中身がこれまでの物に比べて多分、大幅に変わってる気がするので、ノイズ耐性がすこぶる悪い可能性もある。
しかも、Xbus接続できる受信機やねんけどPWM出力と排他利用しか出来へんので、ガバナー使う為にあえて、PWMモードで使ってるし、しかもXG-8も胡散臭いファームアップで使用してるし・・・ど~も信頼できへんところがある。

にしても・・・ch3だけが、まったく送信機側の信号を無視して、一定の出力を出し続けてる状態ってのが分からん。
受信機がトチ狂ってるとしか思われへん。

誰か、絶対ココが原因やで~ってのがあったら教えてほしいわw

そんなこんなで、折角エンジンをまともに動かせるようになってきたわ~と思った所で、
アリ地獄に引きずりこまれた感じやわw

あとは、そこだけクリアできたら、他は大体の感触掴めたんで、微調整していったらエエ感じに仕上がると思てんけどなぁ~

つことで、ちょっと、ドンヨリした煮え切らん週末やったわ・・・orz

次の週末まで、何をどっから対策するか・・・対策したつもりで、関係無いとこやったら飛ばすの危険やしな・・・
危険つってもホールドは効くので、落とすだけやろうけど・・・
その時は、こっぱやわな~・・・orz

GAUI NX4&T-10修理2

1日あけて、NX4の修理&調整の続き。

ジャイロのコネクタが振動で抜けるってのがあるので、とりあえずサーボのコネクタとかコネクタ全部を爪有りのヤツに交換した。
JR PROPO DMSS温度センサ
大分コネクタの差し込み部分は堅くなった。
けど、いちおシューグーで固定もしといた。

で、JR PROPOのDMSS温度センサー丸端子部分の接着を、耐熱・耐ガソリンのシリコンに変えた。
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン機
そらぁ、やっぱシューグーやと溶けるわなw

その他、もっかいジャイロの設定と現物の動きを見なおして、ネジ緩みチェックして、いつもでOK状態になった。

キャブセッティングがどうかやな~、前回の時はこれでエンジンかからへんかったからな~
けど、良く思い出したら、このセッティングの時、かからへんかったのはもしかしたら、CDIのコネクタがアカンかっただけかも・・・

CDIバッテリ用のJSTコネクタ変換ケーブルを忘れて行ってたので、一発目は無理やり突っ込んでエンジンかけようとしてんけど、もしかしたら火が飛んでなかったんかも・・・。
結局、その後、現地でケーブル作って対応してんけど、その時にはセッティング変えまくってもてたからな・・・

ま、土曜日はとりあえずはマニュアルデフォ値を基準にやってみっかぁ。

それはそうと、日曜日は選挙やな。
民主党の海江田くんが、皆が選挙に行ってきちんと投票したら、ごにょごにょ・・・テレビでゆーとったけど、
皆きちんと選挙いったら、もっと差が開くやろボケとか思たわwww

ちなみに、とんかつマックバーガーのキャベツ原産国は韓国産。
マクドはバカか?と思たわw
とーぜん、食う訳が無いw
食わざるを得ない状況になった場合、キャベツだけ除けて食うwww

GAUI NX4&T-10修理

飛んでもないのに、修理か~~~wwww

とか思いながら、ちびちびと修理とか調整とか。

昨日の続きで、今日は一からK-BARの設定をやりつつ、エンコンサーボの調整。

とりあえず、キットのままのリンケージロッドやと長過ぎて、調整範囲がベストな状態にならんので、ロッドの両端を各3mmずつカットしてちょっと短くした。
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジンヘリ

リンケージをネジ込むのにちょ~指痛いねん~とかボヤいとったら、ヒデさんが、ハイこれ、つってくれはったw
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジンヘリ
初めて使ってみたけど、コレええわ~~~最高www
全く指痛くならへんw

で、キャブ開度0-100%になる状態にすんねんけど、レシーバーのXbusをやめてPWMを使うことにしたので、
コネクタが干渉しよんねんw
しゃ~ないから、レシーバー位置をズラしてギリ干渉しないように移動して、いい感じ。
この状態で、アイドリングするかやな~

ちなみに、ガソリンエンジンやけど、先週の感触やと安定する迄ちょっと間、暖機したらなアカンっぽい。


で、モゲとった温度センサを見てみた。
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジンヘリ
金属疲労とか、振動で千切れたとか思ててんけど、接着材というかシリコンというか、そゆのんでセンサが貼りつけてあるだけやったわ。

しかも、焦げてる?とか思た所はそうぢゃなくて、単に黒いボンドみたいなヤツやったわ。
見るからに、これって・・・シューグーちゃうか?!って感じのヤツやったので、やっぱココはシューグーで修復やろwww
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジンヘリ
シューグーやったので、完全に乾いたら収縮チューブ。

とりあえず、プロポのバッテリー切れになったんで、作業は終了。
あとは、ジャイロに挿すサーボのコネクタを交換やな。

まぁ、エンジンかける要領も大体分かったので、次回はあれこれ、アタフタせんでエエかも(汗

あっという間に今年もあと3週間やねんな・・・
今年中には・・・飛んでるやろ・・・
飛んでるかも・・・飛ばしたる・・・お願い飛んで・・・w

GAUI NX4&T-10レシーバーXbus接続廃止

先週末はGAUI NX4&T-10エンジンの火入れ初フライトにチャレンジしてみたんやけど、

とりあえず、エンジンはかかるようになったものの、ど~もアカンw

設定やら何やら、無茶苦茶な状態w

エンジン自体のトルク感とレスポンスは、もしかしたらあるかも・・・的な感触。
ただ、鬼のようなピーキーさがやばいw

アカンとこは、スロットル0-100%に対して50%付近でしかアイドリングせーへんし、
スロットル60%位で全開に近い状態まで回りよるw

あんまりな状態で、恐らくこれは正しい状態で動いて無い。
なんしか、基本に戻って燃調詰めなアカンわ。

課題盛り沢山やったんで、テストした時の状況を思い出しつつ、メンテナンスした。


まずは、簡単な所から。
●RPMセンサ
ヘッドスピードをモニタしたいので、RPMセンサーを付けてんねんけど、回転数の表示が3200RPMとかエンジンのスペックとNX4のギアレシオからはありえへん回転数で表示しよる。
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン
これの原因は簡単で、単にプロポのテレメトリの設定間違い。
テレメトリのRPM設定内にギアレシオを入れる所があんねんけど、NX4の120T:17Tの7.059って数値を入れてもてたからやった。
俺の場合、RPMセンサー、マグネットをメインギアに付けてるので、ギアレシオは関係ないねんな。
プロポ設定のギアレシオはピニオン側(クランク)の回転数を拾ってる場合、ギアレシオからヘッドスピードを計算した結果を表示するねんな。
つことで、解決。


●温度センサー故障
エンジンの焼き付きが気になるので、温度センサーも付けてんねんけど、なんかしらんけど、急に表示せんくなったな、思たらもげとったw
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン
まだ修理はしてへんけど、センサの先に丸端子が圧着されてるっぽいねんけど、それが熱で溶けた?焦げた?
やっぱ振動で金属疲労かも・・・
っぽい感じ。
一回収縮チューブを剥がしてみんと分からんけど多分直ぐなおせるかな。


●燃料の混合比
温度をモニタする限りやっぱり20:1やとアチアチ一瞬で100度超えなので直ぐエンジン回転さげなアカンよ~になるw
しかも、スローニードルを絞り過ぎてるのもあったりで、余計にヤバイ感じ。
で、やっぱりT-10マニュアル通りの10:1でやってみると温度はエエ感じに下がってほぼ80~100℃位で飽和した感じ。
慣らしになってへんかったかもねw
まぁ、やり方とか感触が分かってきたので、次にエンジン新調した場合の手順はある程度把握できるやろうな。


●スロットル開度の異常
最初、マニュアル通りのスロットル開度から、エンジンがかからなかったりでどんどん触って行ったら
どう見てもおかしな開度になってもてたので、もう一度初期の状態に調整しなおした。

スロットル0%でキャブ開度0%付近、始動時はトリムかスティックで15%開程度でアイドリングしてほしい所。
スロットル50%でキャブ開度50%、サーボホーンセンター
スロットル100%でキャブ開度100%

いちお、これがT-10マニュアルなのでその通りにセッティング。
微妙にリンケージが長いので、ちょっと切るか、ちょっと短いのを探してくるかやな。

スローニードルは全閉から4+1/4戻し、メインニードルは全閉から1+1/4戻しのマニュアル通りに再設定。

これで、次回ちゃんとかかってくれればええねんけど・・・
ちなみに、ガソリンエンジンはというか、このT-10エンジンは、かなり暖機しないと安定しない感じかも。



●次にテールの異常な挙動
ちょっと浮かした時にテールがハンチングとは異なるブレブレ。
これの原因はジャイロのラダーコネクタの接触不良。
振動が凄くてコネクタ全般が抜けるねんw
電動ではいままでありえへんかってんけどw
ピルさんもラバジさんも同じようになってた、つー事でとりあえずシューグーw
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン
ちなみに、これやってても中のコンタクト自体が振動でスルスルになって接触不良が起こるっぽい感じ。
何か対策は必要そうやな。


●GAUI ガバナー動作

GAUIガバナーを積んだのでK-BARのガバナーを使う必要はないねんけど、ガバナーのRPM信号を戻すchが無い。
なんでかというと、今回RG712BXでXbus接続をしているので、PWM側の出力が使えない。
ガバナーの手動ON/OFFもチャンネル割り当てが出来へんし、ST割り当てで常時ガバナーONも上手く出来へんかったので、結局TAROT450機に積んでる831Bを外して積み替えか~~
面倒臭いな~と思ってんけど、よ~考えたらRG712BXのまま、Xbusを無効にしてPWMで使こたら積み替えんでええやん!
と、大分かかって気が付いたw

7chしか無いねんけど、センサーはDMSSやので、BATT/BIND/SENSに入れたらええやろし、つーことで、やってみた。

GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン

レシーバーとK-BARはスタンダードの接続。
レシーバーのスロットルにガバナー経由で接続。
ガバナー信号線をレシーバーAUX2に接続。

でプロポのデバイスセレクトあたりを設定して・・・・
俺の場合、AUX2のSWにジャイロ感度を3パターン設定して切り替えるので、
ガバナーの切り替えはGEAR SWに割り当てた。

で、GEAR SW切り替えてみたところ、正常にガバナーがOFF/ONするよ~になったわw
GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン GAUI NX4&T-10ガソリンエンジン
赤がガバナーOFF、緑がガバナーON

プロポ側のガバナーでもSTに%設定できるので、ST1とST2に設定しても良いかも。
飛ばしてみて、ヘッドスピードの回転をモニタしてみたらええかもね。

GAUIの推奨は常時ガバナーON(ST SWに割り当てる)なので、普通に飛ぶようになったらそうしても良いかな。

つーことで、とりあえず全面的にやり直しなので、もっかいK-BARのセットアップ、調整を一からか・・・orz

次はこの状態でアイドリング~安定ホバまでが目標や。

Ads

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」