TAROT ZYX-S - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

TAROTジャイロZYX-Sの設定Bluetooth編

同じっちゃ同じやねんけど、TAROTのジャイロZYX-Sの設定はフライトさせてみながらやないと分からへんこともある。
まぁ、機体毎に調整しなアカンので、全く人の機体と同じ設定でエエ訳ないしw

ジャイロの設定はノートPCを持っていきゃそれでええっちゃええねんけど、現地ではもっとお手軽にやりたい。

プログラムカードつーのがあって、それが結構便利らしいことは聞いてたんで買おうとしてんけど、ふと、Bluetooth接続タイプのヤツがあって、そっちの方がお安かったので、それ買うてもたんやなぁ。

TAROT ZYX-S bluetooth


実際現地で何度か使ってるけど、ん~、プログラムカードの方がエエかも。
まぁ、いちお、今のトコBluetoothアプリにも慣れたんでええけど。

つことで、

TAROTのジャイロ「ZYX-S」の設定
Bluetooth編や。


設定つか、どんな画面か・・・やなw

今、俺トコで上手く動いてる環境は、

OS:Android2.3.3
アプリ:ZYX4.01
ファーム:4.01 


1.準備

まずは・・・アプリのインストールやな。

アンドロイド用のアプリしか無いよーな気がするので、iPhoneでは使われへんのんちゃうかな。


で、アプリはTAROT RC本家サイトのSoftware


NOW IN ENGLISH! ZYX Bluetooth Adapter Software for Android :
ってトコのDownloadボタンをクリックしてDLしてくる。

ZYXBluetooth4.01.rar

ってファイルが落ちてくるねんけど、スマホで.rarを解凍できるように、解凍ツールみたいのを入れとくか、PCでDLしたヤツを解凍しといて、USBとかでAndroid端末に持ってきて、インストールする。

とりあえず、スマホ上で解凍できりゃなんでもええけど・・・

Android解凍ツール
Android Zip解凍ツール
QRコードを読んで、GooglePlayストアで開くと、見なれたアプリインストールページに行くと思うので、適当にインストール。


そのあとに、ZYX Bluetooth Adapter Software for Androidを直接DLしてきても良いかも。

スマホで直接DLするなら下記QRコードから

TAROT RC Software Download
TAROT RC Software Download




インストールが終わったら、画面内にZYXジャイロのアイコンが出来る。

TAROT ZYX-S Bluetooth


例の如く、ジャイロ設定する前に、以下をやっとく。

-------------------------------------------------------
●恐ろしい事なったらアカンので、モーターの線外しとこ。
450のブレード攻撃を食らうと、下手すっと何針か縫わなアカン位痛いことになるみたいやしw
まぢ、気つけな危ないしやなw

でもって、

サーボの周波数設定の所に来てやっと、
「ココ設定するまで、サーボ繋いだらアカンで!!」ってことになって、まぢかw
もう繋いどんねん!ってなるので、

●先にサーボ外しとく!
--------------------------------------------------------

で、ZYX-SジャイロにBluetoothアダプタを接続してバッテリーをつなぐと、Bluetoothアダプタの青LEDが点滅を始める。


次に、インストールしたZYXジャイロのアイコンをタップしてアプリを起動する。

すると、端末の設定にもよるけど、俺の場合、スマホのバッテリ消耗を減らすために、GPSやら色々な常駐を切ってて、Bluetoothも切ってるねんな。
なので、アプリがBluetoothをONにしろってゆーてくるので、「はい」つって許可したる。

TAROT ZYX-S Bluetooth → TAROT ZYX-S Bluetooth → TAROT ZYX-S Bluetooth

で、一番下の「Language Settings」をタップしてみると、英語か中国語かが選べるポップアップがでる。

試しに、中国語にしてみると、
TAROT ZYX-S Bluetooth → TAROT ZYX-S Bluetooth
うぎゃぁ~、とか言いながら、直ぐに英語に戻して少しホッとするw


この時点では、まだ、「not connected」で通信出来てない状態で、Firmware:の所も何も表示されてへんので、Android端末とZYX-SジャイロをBluetoothアダプタを介して接続する。


2.ジャイロ接続


「BluetoothLink」ボタンをタップすると、AndroidがBluetoothアダプタを探し始める。
ZYXのBluetoothアダプタが見つかると、ZYX-BTってのが表示されるので、それをタップする。
見つからなかったり、タップしてもつながり損ねた時は、もう一度「Scan for devices」をタップしてBluetoothアダプタを探さす。
TAROT ZYX-S Bluetooth → ZYX-SBluetooth → ZYX-SBluetooth

上手くつながると、
ZYX-SBluetooth

「connected:ZYX-BT」「ZYX gyro connected」と表示して、「Firmware:4.01」って感じに、ジャイロのファームバージョンが表示される。



3.セットアップメニュー

「Setup」ボタンをタップして、セットアップメニューに入る。


●Receiver type

TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

Receiver typeのプルダウンをタップして、必要に応じてレシーバータイプを設定する。
XG-8(DMSS)は選択項目に無いので、「Conventional receiver」を選ぶ。




●Signal Monitor

TAROT ZYX-S Bluetooth
このモニター画面を見ながら、プロポ側のSUB TRIMでゼロ調をする。
※プロポのカーブ類は0-100%でスロットルを真ん中にしてやる。


ゼロ調の後は、各スティックのMAX振り幅を設定する。

各プロポスティックを上下左右フルに倒した所でモニターの動き幅のMAXが100%になるようにTRAVEL ADJUSTで調整する。

JRプロポXG-8 TRAVEL ADJUST設定

●Collective Pitch
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

●Elevator
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

●Aileron
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

●Rudder
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth


て感じ。

次の設定項目画面に進むには、画面下の「Slide Area」をスライドさせると画面が変わる。


●Installation
ジャイロの積み方向を選択する。

TAROT ZYX-S Bluetooth

Installation direction1:水平置きでテールブームと同じ方向に向けた設置。
Installation direction2:水平置きでテールブームと直角方向に向けた設置。
Installation direction3:垂直置きでテールブームと同じ方向に向けた設置。

T-REX450やったら、ふつ~に積んだら「1」になるんやろけど。



●Servo type/●Swashplate type

ココでサーボのタイプを選択する。

ちなみに、サーボタイプ選択とスワッシュタイプ選択は、PC版だと別画面やけど、スマホ版は同じ画面でやる。

TAROT ZYX-S Bluetooth→→→TAROT ZYX-S Bluetooth

スワッシュタイプを選択する。

T-REX450ProDFCは「120degree CCPM」


ALIGNのT-REX450ProDFCのCOMBOに付いてたサーボは、
スワッシュサーボ:DS415M
テールサーボ:DS520

どっちも、デジタルサーボで1520usなので、それを選ぶ。

ここで、やっとサーボがつなげれる。
PC版だと、この画面に「ココ設定するまでサーボ繋いだらアカンで」が出てくるけど、スマホ版では警告とか出てけーへんみたい。


まぁ、多分、最初に初めて組み立て調整してジャイロ設定するんは、流石に外じゃないと思うので、
基本スマホ版使って現地でジャイロ調整するときは既にサーボ設定も終わってるやろうけど、いちお・・・。


設定が終わったら、一旦電源落してから、サーボ繋いで、
もっかい、サクサクっと画面を送って戻ってくる。

で次へ。



●Servo reverse/●Servo trim

ここも、Servo reverseとServo trimの設定画面がPC版とは異なり、同一画面となってる。

TAROT ZYX-S Bluetooth

サーボリバースの設定。
ここは、現物を見ながら、スティックを動かしてスワッシュの動きが正しい方向かを見た方が考えるより早いかも。


たぶん、俺の場合、
CH1(+):normal
CH2(-):reverse
CH3(-):reverse

動く向き変えたかったら、「CH(+)」とかのボタンをタップする毎に(+)(-)が切り替わる。


サーボトリムは、スティックゼロの時のサーボホーン位置を90度に合わせる調整。
で、この時、スワッシュが水平になるようにリンケージを調整する。

目分量で・・・よりは、いちお、ちゃんとスワッシュレベラーを使って、スワッシュを真っ直ぐになるように調整した方がええなw



●Aileron limit/Elevator limit/Collective pitch

ここも、PC版では別画面やけど、スマホ版では同じ画面で
Aileron limit、Elevator limitとCollective pitchを設定する。

TAROT ZYX-S Bluetooth

まずは、Aileron limitとElevator limitを調整する。
スティックを目一杯倒して、スワッシュのMAX傾きを設定する。
エルロンはエルロンスティックで、エレベーターはエレベータスティックを倒してそれぞれを調整。
R、Lは別々ぢゃなくて、どっちもココひとつの設定でMAX幅が決まるっぽい。
+、-ボタンをタップするか、スライドバーを直接操作する。
多分+、-ボタンをチマチマと調整する方がええと思う。

次にピッチの振り角を調整する。
プロポのピッチカーブ0-100%、EXPも0の状態で、ピッチスティックをセンターにした時にピッチ角0°
スティックを0%、100%それぞれに倒した時、ピッチがプラスマイナス11°~12°になるように調整する。

これも、プラスとマイナス個別には設定できないので、プラス側とマイナス側の角度が揃わない場合、スワッシュリンケージ3本の長さで、マイナス、ゼロ、プラスをそれぞれ調整する。
ちなみに、DFCヘッドではピッチリンケージでのピッチ調整はちょっと難しそう。

ここは、PC版だと、スワッシュ全体(サーボ3個)を同時にアップダウンできるっぽい。


●Tail setup

TAROT ZYX-S Bluetooth

ラダースティックを操作してテールのピッチのプラスマイナスの振れ幅を調整する。
ここ、苦手やってんけど、大分意味が分かってきたw

機体を振ってみてテールを振る方向と反対にラダーが動くようになってたらええ。

ここ設定する時はヘッドロックをノーマルにして、テールリンクアームを直角になる位置に合わせてから、振り幅のMAXを調整したらエエ感じちゃうかな。


ラダースティックを目一杯倒した時にプラス側もマイナス側もメカ的な可動範囲を超えへんように
ここで調整する。ギリギリのトコで当らんよーに。

スティック倒して、テールの動きが振りきれてたら、サーボがうなったりで、その状態を続けるとヤバそ。


で、今回、ちょっと考えてみた。
間違ってるかもやけど・・・w

ヘッドロックをノーマルにして、ラダーを動かして、戻った位置がニュートラル。

で、多分、基本はラダーサーボホーンが直角で、ラダーリンケージロッドが来て、テールのリンケージアームとかその辺諸々が直角になるようにするんかな。
この調整はあくまで機構的なニュートラルな位置を決める調整ってところかな。

イメージ的にはこんな感じ
T-REX450テールピッチ
リンクアームが直角になるように赤矢印の位置をジャイロのTail servo trimで調整する。

写真は裏側から見てるので、普通にテールを抑えるには、黄色の矢印側にスライドしてピッチが付くと思うねん。
直角~直角~ってやっていくと、勝手に写真の分だけのピッチが付くねんなw
付いてるピッチ方向はもちろん反トルクを抑える側。
このピッチは多分ドノーマルの時のピッチやと思うので、モーター変えたり、ロータの重さとか回転とかなんか変わったら調整する方がええんやろうけど、多分実際に飛んでる時は、ジャイロがシコシコ動いてテールを抑えてくれてるんやろうな。

で、Tail limitAとTail limitBでプラスピッチとマイナスピッチの最大触れ幅を決める。
T-REX450テールピッチ T-REX450テールピッチ
ん~、どっちがAでどっちがBか、忘れたけどw

ここのMAX振れ幅の調整は、PC版よりもやりやすいかな。
+ボタンか-ボタンをタップすると、ピッチがちょっとずつ変わっていくので、分かりやすい。

で、反トルク側はかなりのピッチが付くようになってる。
抑えとく方が大変で、抜く方は、ちょっとピッチを抜くだけで、テールを回すのが楽やからやと思うけど。

で、こんだけピッチが付くと・・・
T-REX450テールピッチ

回転の急変とかでテールブレードが折り畳んだりしたら、テールブームに当たってまう可能性がある。
なので、
T-REX450テールピッチ
テールブレードのネジは結構なガチガチ具合で止めてた方がええのかも。

テールが抜けるつーのが、あったりするねんけど、この辺ちゃんと考えたら、もしかしたら解決できるかも・・・
とか、思たり・・・適当やけどw



●Gyro Direction

TAROT ZYX-S Bluetooth


機体を左右(エルロン)に傾けたり、前後(エレベータ)に傾けたりして、常にスワッシュが水平になろうとしているかを見る。
傾けた方向と同じ方向にスワッシュが傾いてたら逆なのでリバースする。

テール(ラダー)の向きも、テールが動く方向と逆方向にテールのスライダーが動くかみる。



●Pirouette optimization

TAROT ZYX-S Bluetooth


最後に、ピルエットなんちゃら、の設定。
画面のボタンをタップすると、スワッシュがエレベータ、エルロンが同時に傾くので
その状態で、機体を90°回してみて、その傾いたスワッシュ状態をキープしてたらOK。
機体を回した時にスワッシュの傾きが変化してたら、リバースに設定してみたもっかい試す。
この設定は40秒以内に確認する。


セットアップが終わったら、スマホ端末の戻るボタンとかを押すと、「Prompt」ポップアップが出るので、「Sure」をタップして画面から抜ける。
TAROT ZYX-S Bluetooth



4.Basic Menu

Beginner/F-3C/3D soft/Hard core/Extreme
ZYX-SBluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth



5.Advanced

この辺は全く触ってへんから、今のトコ、何すんのかよー分からんw

●Main Rotor

TAROT ZYX-S Bluetooth


●AUX Channel Function/Condition

TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth


●Tail Rotor

TAROT ZYX-S Bluetooth 41_201308020212063e7.jpg

そーいえば、ここの「Tail compensate Collective to tail」だけ、7くらいに設定してる。
ここの値を変えると、テールのスライダーの位置が変わっていく感じやったかな。
テール負けする時に入れたらええよ、って聞いて、設定したんやったな。

まだ、イマイチ、良く意味が分かってへんねんけどなw


●Governer/Disturbance Compensation

42_20130802021204763.jpg


大体、こんな感じで、ほぼPC版と似た感じで、外でもちょちょっと設定できるので、
まぁ便利やの。


ZYX-Sの設定よーわかってへんトコもあるんで、嘘ゆーてるかもなので、


PC版の時と同じで、とりあえず、まとめて・・・


と、思う。


つーことでw
いちお、現地でピッチ調整したりして、飛んでるけどな~
落しまくりながらw
スポンサーサイト

TAROTジャイロZYX-Sの設定編(JRプロポXG-8)

大分、終息してきたけど今週は、も~劣に激務やったわ・・・
X2嬢も未だに、悩ましいポーズのまんま、デスクの上で横になってはりますわw

置いといて、あと2項目くらいのトコで終わり、つーとこで止まっててんけど書いた。

TAROTのジャイロ「ZYX-S」の設定編や。

とりあえず、教えてもらいつつやった事。

未だに、イマイチ微妙なトコもあんねんけどw
誰かおせて・・・


ちなみに、
・機体:T-REX450ProDFC
・プロポ:JRプロポXG-8
・受信機:JRプロポRG611B
の組み合わせ。


1.準備

まずは、

●恐ろしい事なったらアカンので、モーターの線外しとこ。

でもって、

●PCとジャイロをジャイロに付属のUSBケーブルでつなぐ。
取説らしきもん一切入ってへんのに、USBケーブルは入っとるし不思議ちゃんw


あ~あと、なんでか、どっこの説明みても、サーボの周波数設定の所に来てやっと、
「ココ設定するまで、サーボ繋いだらアカンで!!」ってゆーてはんねんw

アホかぁ!もう繋いどんねん!と思うはずなので、ココで先にゆーとくでw

●サーボ外しときや!w


まぁ、簡単には壊れへんことが証明できたか・・・とも思えるけど、ちゃうかw



2.電源投入
バッテリ繋いでみると、初めて繋ぐ時は多分USBのドライバがあらへんで~とかなんとか、そんなんでPCが勝手にドライバ探し回りよるが、なんか中国産、俺のんは見つけよれへんかったわw

なので、解凍したファイル一式の中の「Driver」つー中から、Win7かXPかどっちか必要な方を選ぶと、ドライバがインストールされて、USBを認識しよる。


ちなみに、俺のwin7ノートだと、win7用?の方入れてみてアカンかったんで、XPのんも入れたらいごいたw
N氏のも同じやった。


3.ソフト起動

とりあえず、「ZYX4.0_EN.exe」をダブルクリックしてみると、設定画面が足ちあがる。

TAROT ZYX-S設定マニュアル TAROT ZYX-S設定マニュアル

ここでは、まだ、ジャイロとの通信が接続されてないので、何をいじってもジャイロには何も書き込まれん。
右上の赤丸3つが「未接続」

で、COMのプルダウンからCOM6(ポート)を選んで、その上の「Connect」つーボタンをクリック。

上手く繋がると、緑丸3つになる。
TAROT ZYX-S設定マニュアル

でもって、画面右下の方に、

Firmware Version:V4.01
Software Version:V4.0

つー感じで、今使用中の各バージョンがソフトに読み込まれて表示される。

ファームウェアはZYX-Sジャイロチップのファームのことで、
ソフトウェアつーのは、今見てるPC画面のソフトのこと。

俺のんは、今はどっちもVer.4やねんけど、
最初はファームがVer.3やったのを、初フライトの時、すけはちさんにめっちゃあれこれ聞きながら、ファームのアップデートをした。

ファームのアップデートは、細いピンとかで、ケース横の穴からSWを押しつつ電源投入やったかな・・・
ファームファイル自体は

upgrade firmware/ZYX-S/ZYX_S_401_HA.bin

ってのが同梱されてるからそれを使う。

なんか、うろ覚えやってんけど、N氏のヤツを適当にやってみたら、ちゃんとアップ出来たw
ものすご適当でも多分、簡単にできるようになってるねんなw

4.セットアップ

右側の「Setup」をクリックして、セットアップメニューに入る。

●Transmitter
TAROT ZYX-S設定マニュアル

画面の上にタブがあるけど、タブを触ってもメニューは移動しない。
ページの移動は、画面下の「NEXT」ボタンだけで進む。
前の画面に戻る時は、「Previous」ボタンで戻る。

ちなみに、NEXTで次画面に移動と同時に、書き込んでる感じ。
この辺、なんか、書き込んだで~って感じの何か動きが欲しいねんけど、書き込めてるっぽいからえっか。

Transmitterは何も設定するとこないので、NEXTで次へ。


●Receiver

TAROT ZYX-S設定マニュアル
受信機を図のように繋いで・・・Transmitterのプルダウンで送信機の種類を選択する。
XG-8のDMSSが無いので、何もせず次へ。


俺のはJRプロポなんで、GEARチャンネルがジャイロセンス。
いっつも、この辺のプロポ設定で、2,3回、ん??ってなるねんwww

いっつも、つっても2機しか作ってへんけどw


●Monitor

ここは、すけはちさんに教えて貰って現地で調整してんけど、このモニター画面を見ながら、プロポ側のSUB TRIMでゼロ調をする。
プロポのカーブ類は0-100%でスロットルを真ん中にしてやる。

結局はカーブを0-100%にしてからやるんで、ノーマルでもST1,ST2どれでもええんちゃうかな。


TAROT ZYX-S設定マニュアル

Collective pitch:-14
Elevator:-4
Aileron:-5
Rudder:-5

とかが、ズレてるのを、このソフトの画面を見ながら、
プロポのSUB TRIMでプラスマイナス「0」ゼロになるように調整する。

ピッタリあうと、
TAROT ZYX-S設定マニュアル JRプロポXG-8 SUB TRIM設定 JRプロポXG-8 SUB TRIM設定


てな感じになる。

ほんで、次に各プロポスティックを上下左右フルに倒した所でモニターの動き幅のMAXが100%になるようにTRAVEL ADJUSTで調整する。

JRプロポXG-8 TRAVEL ADJUST設定




●Installation
ジャイロの積み方向を選択する。

TAROT ZYX-S設定マニュアル

Installation 1:水平置きでコネクタをテール側に向けた設置。
Installation 2:水平置きでコネクタを機体右側に向けた設置。
Installation 3:垂直置きでコネクタをテール側に向けた設置。

の3パターンしかアカンのんちゃうかなぁ。
まぁ、T-REX450やったら、ふつ~に積んだら「1」になるんやろけど。


ほんちさんのコメント追記----------------------------------

気がついた事など

●Installation のジャイロの積み方向は、ケーブルはどっちに出てもok
水平横・水平縦・垂直横 だけ間違わなければ良いです。
あとはサーボの個別リバースと、ジャイロ方向のリバースで正常動作するように調整します。

-------------------------------------------------------


とのことです。
ありがとうございます!



●Servo type
で、ココw
サーボのタイプを選択するとこw

TAROT ZYX-S設定マニュアル→→→TAROT ZYX-S設定マニュアル

ALIGNのT-REX450ProDFCのCOMBOに付いてたサーボは、
スワッシュサーボ:DS415M
テールサーボ:DS520

どっちも、デジタルサーボで1520usなので、それを選ぶ。

ここで、やっとサーボがつなげれるねんw
この画面にやっと「ココ設定するまでサーボ繋いだらアカンで」が出てくるw


たぶん・・・初めての時って、組み立てていくと最後にはサーボも繋いでもてるやんなぁ~
で、ジャイロと接続するって~と、そのまま電源入れるわな~w
画面進んで・・・しかも、モタモタとw
ここに来て、まぢかw
となるねんw



設定が終わったら、一旦電源落してから、サーボ繋いで、
もっかい、サクサクっと画面を送って戻ってくる。

で次へ。


●Swashplate type
スワッシュタイプを選択する。

TAROT ZYX-S設定マニュアル

T-REX450ProDFCは「120degree CCPM」


●Servo reverse

TAROT ZYX-S設定マニュアル

サーボリバースの設定をする。
ここは、俺の場合、現物を見ながら、あれ?あれ?とか言いながら、スティックを動かしてスワッシュの動きが正しい方向かを見た。

動きの向きが分からん時は、一か八かやなw
・・・うそw


もっかいWalkeraあたりの機体を眺めてみたらいいんじゃね。


たぶん、俺の場合、
CH1:normal
CH2:reverse
CH3:reverse
かな。


あと、エルロン、エレベーター、が合って、ピッチが逆つー感じやったりする場合、エエのかアカンのか
知らんけど、プロポのPITリバースSWで逆に動くように出来るで。

なんしか、辻褄が合う様にしたらええねんw


ほんちさんのコメント追記----------------------------------

ピッチだけ逆になる場合は、プロポのリバースでも良いけど、ピッチ角調整の所で、マイナス側で指定すればピッチが逆に動作します。

そうそう、ファームウェア書き換えしたら、設定の仕方が変わってる場合があるので一度全部見直した方が良いですよ。
リバースになってたり、設定数値範囲が変わって数値が変わってたりすることもあります。
-------------------------------------------------------


とのことです。
こっちも、ありがとうございます!




●Servo trim

TAROT ZYX-S設定マニュアル

サーボトリムは、スティックゼロの時のサーボホーン位置を90度に合わせる調整。
で、この時、スワッシュが水平になるようにリンケージを調整する。

●Swashplate travel

TAROT ZYX-S設定マニュアル

ここはAileron travel と Elevator travelを調整する。
スティックを目一杯倒して、スワッシュのMAX傾きを設定する感じかな。
エルロンはエルロンスティックで、エレベーターはエレベータスティックを倒してそれぞれを調整。
R、Lは別々ぢゃなくて、どっちもココひとつの設定でMAX幅が決まるっぽい。


●Collective pitch

ここでは、ピッチの振り角を調整する。
TAROT ZYX-S設定マニュアル

プロポのST2ピッチカーブ0-100%で、ピッチスティックをセンターにした時にピッチ角0°
スティックを0%、100%それぞれに倒した時、ピッチがプラスマイナス11°になるように調整する。
俺は10.5°にした。
これも、プラスとマイナス個別には設定できないので、プラス側とマイナス側の角度が揃わない場合、スワッシュリンケージ3本の長さで、マイナス、ゼロ、プラスを調整する。
ちなみに、DFCヘッドではピッチリンケージでのピッチ調整はちょっと難しそう。



●Tail setup

TAROT ZYX-S設定マニュアル

ラダースティックを操作してテールのピッチのプラスマイナスの振れ幅を調整する。
けど、なんつーか、いっつも、ココ苦手やねんな~
意味が分からんつーか、こんでええの?と思てまうねんな~

ここ、苦手やわ~、慣れるつか、意味分かるまで、もうチョイかかりそw

動く方向は分かんねんけどな~

で、あってるか分からんけど、いちお、

機体を振ってみてテールを振る方向と反対にラダーが動くようになってたらええかな。

で、ラダースティックを目一杯倒した時にプラス側もマイナス側もメカ的な可動範囲を超えへんように
ここで調整する。当らんよーに。

スティック倒して、テールの動きが振りきれてたら、サーボがうなったりで、その状態を続けるとヤバそ。


でもって、先週現地で教えてもらったのは、ここ設定する時はどうも、ヘッドロックをノーマルにしてセンターの
位置を合わせてから、振り幅調整する?
っぽい事を聞いて、ほほ~~そうなんや~と思たのと同時に、
俺のん、落ちやんと、よ~飛んどったな・・・思たw


●Gyro Direction
TAROT ZYX-S設定マニュアル

ここは、まぁ、絵を見て、大体分かる感じやねんけど、機体を左右(エルロン)に傾けたり、前後(エレベータ)に傾けたりして、常にスワッシュが水平になろうとしているかを見る。
傾けた方向と同じ方向にスワッシュが傾いてたら、それ逆ぢゃん!と叫んでみてから、
この画面でリバースしたらええ。

テール(ラダー)の向きも、テールが動く方向と逆方向にテールのスライダーが動けばええ。

どうしても、不安やったら、飛ばす前に、しっかり手で持った状態で、実際にローター回してみて、
機体を振って、テールを抑えようとしてるかを確認したらええけど、くれぐれも流血せんよ~にw

まぁ、どうでもええねんけど、俺はいっぺん、T-REX450を組み立てて設定した直後、もっかいピッチ調整しようとして、スワッシュを除き込みつつ、ST2に入れたら、モータの線外し忘れてて、デコちんにメインローター全開で当ててんw

まぁ、一言で言うと、子供の頃に近所のおっさんにゲンコツくらった時位の痛さやったけど流血はせんかったわw
ピッチ調整の時は気付けた方がええな。

でも、ピルさん、やるやんけ~と思たのは、モータ線外すのめんどいから、ホールドでゼロピッチになるように設定してるんやて。


ピルさんコメントの追記-----------------------------------------------
正確には

「現地ピッチ調整の時モーター線抜くのめんどくさいから、ホールドで0-100
にしてるで~」です。

テールのセンター出しと振り幅の設定ってみなさんどんなふうにしてんのかな?
実際にはテールセンターから5°ほどオフセットした位置が動的センター
なんでそこを決めてから左右調整?
でもテールジャイロ、ノーマルモードで実際に浮かさんと分からないしな~
------------------------------------------------------------------

だそうです~
ありがとうございます~



直ぐに忘れちまうので、現地でもちょくちょく自分のブログ読み返しつつ設定やっとりますw
まちごてたら、そのまま突っ走ってまうので、修正つっこんで~



●Pirouette optimization

TAROT ZYX-S設定マニュアル


最後に、ピルエットなんちゃら、の設定。
これも、イマイチよー分かってへんねんけど、なんしか、画面のボタンをクリックすると、スワッシュがエレベータ、エルロンが同時に傾きよんねんけど、その状態で、機体を90°回してみて、その傾いたスワッシュ状態をキープしてたらエエみたい。
機体を回した時にスワッシュの傾きが変化してたら、リバースに設定してみたもっかい試す。

この設定は40秒以内に確認して設定しーや、的な事が書かれてるんかな?





ざっくりとした感じで、TAROT ZYX-Sの設定やねんけど、よーわからん、てか、嘘ゆーてるとこもトコもあるかもw

なので、

とりあえず、まとめて・・・


と、思う。


つーことにしとこw
いちお、飛んでるけどなーw


正しくは、調べるなり、聞くなり、自分で勉強せぇ!つーこっちゃ~
俺的には聞くのが早いと思うけどw

TAROT ZYX-Sジャイロの設定ツールインストール

T-REX450には、TAROTのZYX-Sってジャイロを積んでんねんけど、
この設定が、マイクロビーストと比べて、また微妙に違うので戸惑ったり・・・

とはいっても、何回かイジくってみると、大体は似たような項目を設定するねんなぁ~って感じ。

慣れたら、なんてことないんやろうけど。
あれこれ、色々教えてもらいつつ、忘れた時に見る用に備忘録。


まずは、設定用のツールをPCにインストールする。
どれをどうやって入れるか・・・やねんけど、
俺の場合、ZYX-Sの中には、マニュアルらしい紙は全く入って無かったので、TAROTのサイトからDLしたらええか・・・と、サイトに行ってDLしてみた。

あと、俺が試した環境はWin7 64bit版。


ココ
TAROT RC

で、「ZYX 4.0 FIRMWARE UPDATE AND SOFTWARE」のDownloadボタンをクリックしてソフトウェアをダウンロードする。

「ZYX4.01EN.rar」つー圧縮ファイルがダウンロードできるので、それを適当な所に解凍する。

解凍すると「ZYX-S」ってフォルダが出来て、その中に「ZYX4.0_EN.exe」つー実行フィルがあるので、
ちょっと躊躇しつつ、ダブルクリックしてインストール。

同じく、driver¥WIN7-driver¥PL2303_Prolific_DriverInstaller_v10518.exeをインストール。

ツールの起動は「ZYX4.0_EN.exe」をダブルクリック。(お好みでショートカット作っとくと楽かも)

多分、これで、ZYX-SとPCがUSBドングルで接続できるようになる。


ただ、ちょっとハマったのは、最初ノートPCにインストールしてやろうとして、ツールを起動してもツールのウィンドウが全部開かずに、画面全体が表示できない現象が発生。
ウィンドウに縦横スクロールバーがあるねんけど、横スクロールバーを触っても無反応。
縦スクロースバーを触ると、ツールが強制終了して閉じてまう現象。

バグじゃないといえばバグじゃないねんけど、この辺の不具合は仕事柄、まぁ、中国系のアプリでは良く目にする光景かも・・・あっち方面近隣産のソフトではまぁ、あまり珍しくない。
いわゆる、開発者環境オンリーで動きゃ完成!とか、5割動いたらとりあえずリリースってのが普通の感じなんやろなぁw
ソフトを逆コード化するソフトとかもあるんで、修正つーか色んなサイズに対応するように書き直るんかもしれんけど、まぁ、PCの設定を中国様に合わせるのが一番簡単www
ココは易きに流されとこかw


一応、旧バージョンの3.0ENってのも試して全く同じ症状やったので、ほぼ、環境依存やろなぁと思て、試しに違うPCに入れてみたら普通にいけた。
で、環境依存っぽかったので、最初に疑ったのが、PCの表示サイズ。


俺のノートPCはモニタ解像度1600×900、OSのディスプレイ設定の既定文字サイズは中-125%(M)なんやけど、それだと、このソフトのウィンドウサイズ内のデザインレイアウトが崩れてしまうという感じ。

で、このPC設定を、小(S)-100%にすると、正常な表示をするようになる。

俺も5年前までのPC設定やったら、この不具合には気が付かへんかったんやろうけどw
最近は何せ目が厳しいしw


いちお、今のトコ、ZYX4.0_ENでちゃんと使えてるっぽい。

なんか、前置きが長なったんで、設定云々は別記事にしとこ。

Ads

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」