TURNIGY MICRO Quad V2 KK2.0 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

クワッドフレーム制作2

TURNIGY MICRO Quad V2 + KK2.0 の機体フレームが弱過ぎる件やけど、
墜ちてもペラ位の損傷で済む強い感じの&もうちょいカッチョええ感じのオリジナル機体を作ったろか~
の続きw


まずは、電脳。
KK2.0 フライトコントローラー


フライトコントローラーKK2.0が剥き出しなんで、カバーっぽいヤツを付けたいと思てんけど、液晶画面が付いてるから見えなアカン。
なので透明のアクリルをカバーにすんねんけど、受信機とモーターのコネクタを刺すヘッダーピンがバーチカルタイプなんで、かなり高めのポストにせなアカン。
けど、どっちかつーと、重心を低くして機体はなるべく薄くしたいねんな~

つーことで、横出しのヘッダーピンに変更。

KK2.0 フライトコントローラー ヘッダーピン交換 KK2.0 フライトコントローラー ヘッダーピン交換
こんで、だいぶ低くなるやろ。


次に、夢に出てきたアンプレイアウトがこんな感じw

TURNIGY MICRO Quad V2 アンプPLUSH-6A

まぁ、実際は夢のまんま、すんなりとはいけへんかってんけどw
アンプ電源入力の平滑コンデンサを外に出して反対に折り曲げたったw
なんでか、つーと、アルミ各棒が6mmなんやけど、電解コンデンサがほぼφ6やねん。
なので、ケーブル類が重なるとカーボンメインフレームがしまらへんねんなw


にしても、クワッドはアンプも4個なんで配線が、うぎゃ~って数あるねんw
まぁ、これが萎えてたトコやねんけどw


で、アンプレイアウトしたら配線を電脳側に抜き出す為にカーボンフレームの上側の真ん中に穴開けてそこから全部の配線を引き出す。


と、こうなる。

TURNIGY MICRO Quad V2 配線

スッキリしたやろ、ごちゃっとしたトコが見えてへんだけやしw


配線は、後々LEDやら何やらの電源をひっぱっりたいと思て色々考えたけどアンプは隠れてまうし・・・
バッテリーのコネクタを2股とかにした中継コネクタってのも考えてんけど、なるべく要らん接触抵抗を減らしたいし・・・

つことで、こーなった。
TURNIGY MICRO Quad V2 配線

要は各アンプのプラス、マイナスをまとめるだけやねんけどw
手前のちょい太めのがバッテリーJSTコネクタ、手前の細いよった赤黒がLEDとかに使う用、上に伸びてる1本はKK2.0に電圧表示させるのに繋ぐ電源ライン。

まぁ、ここまで来りゃ、あとは電脳積んで・・・終わりw


つーわけで、出来上がりはこんな感じ。

TURNIGY MICRO Quad V2 ORIGNAL FRAME TURNIGY MICRO Quad V2 ORIGNAL FRAME TURNIGY MICRO Quad V2 ORIGNAL FRAME TURNIGY MICRO Quad V2 ORIGNAL FRAME
前と同じく、頭側が赤LED、尻側が白LED

モーターの軸間(直径)は220mmで、純正キットと同じサイズにした。
キットの250mmってのはフレームの端から端までのことやってんな。

電脳カバーを止めてるポストももうチョイギリ低いヤツがええな。
TURNIGY MICRO Quad V2 ORIGNAL FRAME



未完成というか、とりあえず飛ばせるようにしてんけど、機体の足の位置が気に入らん。
足の取り付け穴を忘れとった。
バッテリー付けてみて足が無い事に気が付いてんw

なので、とりあえず純正フレームと同じ位置に足付けた。
ただ、実際に飛ばしてみると、やっぱ、この位置やとコケそうになるのでアカンw

あとは、メインフレームはカーボン板でアルミ棒をサンドイッチしてるけど、上側の板は要らんかも。

いちお、今日飛ばしてきたけど、まぁ、エエ感じで飛んだわ。
まだ電脳の微調整をかなりやりなアカンと思う。かなり調整って・・・微調整ちゃうなw


あと、ぴるさんアリアスとガチンコ対決で、アリアスキラーの名の通り、2~3mの高さから、落下した・・・
落下させられたwけど、フレームは全くビクともしてへんかったわ~
ペラ1本折れだけで済んで良かったわw

TURNIGY MICRO Quad V2 ORIGNAL FRAME

ただ・・・粘土質の地面にアーム部分から突き刺さる感じで墜ちたみたいで、
モーターが土まみれw
粗方除去後、乾燥したあと、軽くモーター回して、土を取り除いてCRCでモーター洗浄した。
ペラ交換して復活~
フレームは全く破損個所なし。
純正フレームやったら、多分、こっぱになってるやろなw



そんなアリアスキラーwのフライト動画をN氏に撮影してもらった。




オリジナルフレーム製作は、いちお終わり
スポンサーサイト

週末フライト

週末フライト


1日目

フランクフルト
BBQ
定番やねw


明石焼き、たこ焼きw
BBQ
ソースでたこ焼き、だしで明石焼きw



餃子w
BBQ BBQ
蒸しも焼きもやったけどどっちもうま~w



2日目

焼きそばw
BBQ BBQ
これまで野菜率が低かったので、野菜てんこ盛りの焼きそばは、ちょ~うまw


食いもんの話ばっかやなwww


ところで、ヘリの話、初日のGAUI X2リベンジフライトやけど、またしても1リポ目、とりあえずホバするも、ST2に入れてイケてんちゃう?いや、テールが何か滑ってる??
一回降ろそか~・・・とその時、テールがくるくるで撃沈www

まぢか~って感じやねんけど、
原因はラダーリンケージの金具外れ。

GAUI X2 GAUI X2
まぢ、ありえへんわw

その他、居たって普通のフライト・・・
いや一個だけ、サイドフリップの小回りのやり方が分かった感じ。

クワッドフレーム制作

T-REX450ProDFC
TAROT450
GAUI X2
諸々、なんとか修理間に合った感じやねんけど、やっぱクワッドは間に合わんかったw


とりあえず、こゆ状況ね
TURNIGY MICRO QUAD
あまりにもフレーム弱過ぎで、結局モータマウントの付け根が3カ所割れかけで、一か所折れw
一言で言うと、全部折れw
こんな感じのやつにトドメをさしてやんねんw


ほんで、材料かき集めて、心機一転、新しい機体を作ったんねんw
KK2.0マルチコプターフレーム自作
6mmアルミ棒と2mmカーボン板


これを・・・


こんなふうに加工する
KK2.0マルチコプターフレーム自作 KK2.0マルチコプターフレーム自作 KK2.0マルチコプターフレーム自作
クワッドは4セット作りなアカンのでしんどい。



ホビキンクワッドからちょっとずつ部品を外して、どんな感じになるか、ワクワクしながら移植していくw

KK2.0マルチコプターフレーム自作 KK2.0マルチコプターフレーム自作

この状態で、ガッツリ強い感じがする。
本当は、モーターマウントの下に1mmカーボンの円盤敷いたろ思ててんけど、M2の2点留めで十分ガッチリしてろうやし・・・つか、めんどくさくなっただけやねんけどw


さらに、カーボンメインフレームに6mmアルミアームを固定してみる。ここもワクワクしながらw
KK2.0マルチコプターフレーム自作 KK2.0マルチコプターフレーム自作


KK2.0マルチコプターフレーム自作 
いちお、この面のアームとアームの固定部分の間の4か所のスペースにアンプを載っける感じの夢をみてん、昨日の晩にw


フレームはこのままでも強そうなんで、この状態に電脳を積んでもええかと思ってんけど、
メインフレーム折角2枚作ったんで、一応組んでみる。

KK2.0マルチコプターフレーム自作
写真ではM2ビス止めはしてないけど、最後はちゃんと留める



で、電脳KK2.0を積んでみると・・・いちお、ワクワクしもってw
KK2.0マルチコプターフレーム自作


う~~~む。
KK2.0マルチコプターフレーム自作
なかなか、いい感じぢゃね?
30cmから落してもびくともせーへんで、2階ベランダから落してみる勇気は全くないけどw


おさらいw
TURNIGY MICRO QUAD が、 KK2.0マルチコプターフレーム自作 やで。

かなり、スタイリッシュになったやろw
ホビキンクワッド、なんか、格好悪いとか、それ木製?とか、紙をノリで固めただけちゃう?とか、
散々やったしな~~www


なんつーか、フリーザが最終形態に変身した時の感じと同じw


このオリジナルの機体は、
アリアスキラー"GKT-MK2"ってことにしよwww

とかゴニョゴニョゆーとったらあっという間に夜中やんw
ん~アンプ、モーターの結線作業をイメージしたら萎えたので明日のデビューは諦めたw

早よ寝なw


この、深夜2日半の頑張り具合
RCHELI


明日はコレがぁ~~~逝く?!www
GAUI X2 GAUI X2



これは、あれこれ引っぺがされて、ゴミ箱逝くけどw
マルチコプターKK2.0

2014初フライト

一昨日の晩、TURNIGY MICRO QUAD KK2.0を修理したついでに、前回のフライトでやっぱり向きが非常に分かりにくかったので、LEDを付けてみたりした。

TURNIGY MICRO QUAD KK2.0 TURNIGY MICRO QUAD KK2.0 TURNIGY MICRO QUAD KK2.0 TURNIGY MICRO QUAD KK2.0


で、昨日、年明け初フライトに行ってきた。
LEDはかなり見やすいねんけど、バッテリーが直ぐ無くなってまうw


今回はピルさんと2人だけでのフライトとなった。
T-REX450墜落
話はあれこれと盛り上がりつつも、やっぱり2人やと、しんみりとしてくるね~w

ただ思う存分、飛ばせるつーことで、
思う存分、初落しとなってもーた。

撃沈はT-REX450DFC
かつて見たこと無い感じの曲がり具合w
T-REX450墜落

ほんで、やっぱり何故か分からんけど、スキッド左折れ~www
T-REX450墜落


かなり激しく落したな~
原因は、整備不良・・・やと思うw
スワッシュガイドのネジが1本外れてたらしく、ガイドが抜けて傾いてもーたみたいw

ダメージは
ブレード
スピンドル
メインシャフト
スキッド
メインギア

それと、今回珍しくラダーサーボのギア欠け。

ALIGN DS520ラダーサーボ
ラダーサーボが逝くとは・・・・


新年早々、かなり激しい撃沈をやってしもたw
クワッドは細かく調整していく感じで、少しだけ飛ばしやすくなった・・・・感じがするw

新年早々、TURNIGY MICRO QUAD KK2.0修理w

昨年末、まぁ、一昨日の事やねんけどw
マイクワッドのTURNIGY MICRO QUADを、着弾翌日にハードランディングさせて、フレームがモーターマウントの付け根から折れてもーたヤツ

年明け早々かよ~とか思いながら修理したった。


破損はこんな感じ
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0 TURNIGY MICRO QUAD KK2.0

瞬着ぽちょん、だけではアカンっぽいので、1.0mmのカーボン板で補強することにした。


こんな風にカットしたヤツを、
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0

こんな感じで接着する。
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0 TURNIGY MICRO QUAD KK2.0

ついでに、折れてない所も全部同じように補強しとくことにした。
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0


で、必要な所に穴開けやって、こんな感じに補強。
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0 TURNIGY MICRO QUAD KK2.0

カーボン板1.0mmやけど、瞬着で貼りつけてネジ留めしたったら結構強くなった気がする。


モータつけて終わり。
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0


あとは、電飾とレシーバーの設置をちゃんとやらなアカン。


まぁ~、TURNIGY MICRO QUADはフレームがめちゃめちゃ弱いし、今度フレーム折れとかなったら、フレーム自体自作するか別のフレームに電脳載せ換えぢゃw


それと、やっぱセルフレべリングが効いて無い状態やったわw

ちゃんと効かした状態にしてみたら、部屋ホバやっても恐くない程度の安定具合になった。
もっと細かく調整しなアカン、てか、設定やったら飛ばしやすくなると思うわw

外フライトが楽しみやなぁ~

ギリ来よったわw

12/5に発送されて、ちょっとフィジーに立ち寄って、なんか、ギリ年内到着しよったわw

丁度、配達来た時外出中で、不在表が入っててんけど、ちょっと笑ろたw

フィジーさんからw
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0
なんのこっちゃw


TURNIGY MICRO QUAD KK2.0
にしても、想像してたよりも箱が小さかったんで、中身ちゃうもん入ってんちゃうか~


ちゃんと入ってたw
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0


でもって、TURNIGY MICRO QUAD KK2.0

こんな感じ。
TURNIGY MICRO QUAD KK2.0

25cmやし、大きさはこんなもんか~

ってことで、とりあえずパークフライト6chを繋いで、プロペラ打ちこんで、KK2.0の設定して、
思ったよりすんなり飛んだw

プロポの設定が微妙に分からんけど・・・てか、いまいち分かってへんのが、セルフレべリングの切り替え。
基本4chで飛ばせるんやけど、5ch目をAUX SWに割り当てて、SW切り替えで、安定モードに切り替えるっぽいねんな。

それが、イマイチよーわからん。

いちお、SW切り替えでセルフレべリングOFFのつもりだと、機体姿勢がスティック操作しないと戻らん気がするし、多分外で勢いよくやったらすっとんで逝きそうな雰囲気w

で、セルフレベリングのSWをONすると、勝手に機体が水平に戻ってくれる感じなので、狭い部屋でも割と安心してホバれる。
多分、セルフレべリング機能が働いてるんちゃうかなぁ・・・

いちお、セルフレべリングのGAINを80、Limitを20位で試してみた。

今はまだ部屋ホバで高度5cm位しか浮かしてへんので、広いお外で、少し高度をとって試してみないと良く分からんわ。

そのほか、スティックのキャリブレーションとかセンサーのキャリブレーションとかをやんねんけど、
項目自体はTAROT ZYX-Sと似た感じの設定なので、割りと簡単かも。メニューとかページングも素人にも分かりやすいと思た。

もうちょい意味が分かってへんトコがあるので、ぼちぼちと備忘録しとこかな。

Ads

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」