2012年02月 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

Genius CP受信機の画像一式Download

とおりすがおさんからのご要望がありましたので、とりあえずDownloadコーナーに拡大画像一式をアップしておきました。

●拡大画像一式
GeniusCP_RX-2625H_pic.zip [643KB]

です。

ダウンロード
HOBBYSITE.BIZ
関連記事
スポンサーサイト

Walkera Genius CPの主要デバイス

Genius CPに使われているデバイス類のまとめ。


(表側)
Genius CP受信機

・CPU:ATMEL「XMEGA32A4」
・バッテリー保護:SII「S-8205A」
・モータドライバFET:Fairchild Semiconductor「FDS6670A」
・3軸加速度センサー:Freescale Semiconductor「MMA8452Q」(多分・・・機能的には互換品、パッケージちゃうので非互換かw)

(裏側)
Genius CP受信機

・DSSS radio transceiver:CYPRESS「CYRF6936」
・3軸ジャイロ:InvenSense「ITG-3205」

全部のデータシートを載せといたので興味ある人はどうぞ。

HOBBYSITE.BIZ

あとは、
水晶発振機(多分PLL)エプソンとかキンセキとか、韓国・台湾あたりでも沢山ありそう。
12MHzかな。
C、R、D、TR、L、VR、SW、CNなど諸々。レギュレーターもありそう。
を集めてくっつけてファーム焼けば完成w
データシート読めばいいけど、パターンも両面2層なんで簡単に追えるでしょ。
関連記事

どうでもいいけど、トランスポーターって映画

久々にTV付けたらトランスポーターって映画やってるw


これ、何回もTVでやってんの見たことあるんやけど、まぁ、いたって面白くない映画なんだが、唯一いっつも笑えるのが、ジェイソンステイサムが運び屋の仕事について「ルール1」とか「ルール2」・・・とか言ってる端から、全て自ら守らへんトコが笑える。
ジェイソンステイサムはなんか憎めんやっちゃw


あまりにも、言うだけ番長でルール守らへんので、最初からルールとか作りなやw
って毎度呟いてしまうのだが、もしか、この映画の作者はそこが狙いか?
とか思ったり・・そうだったら、恐るべしやなw

まぁ、どーでもいい話w
関連記事

Genius CPはやっぱ6軸やw

Genius CPのフレームを、やっとこさ交換した。
いやぁ、あまりにもボロボロだったので新しいフレームはなんかええなw


交換前、ボロボロw
Genius CPフレーム交換前

交換後
Genius CPフレーム交換

Genius CPフレーム交換
なんか、気持ちシャキッっとしてんなw


で・・・バラしたついでに、Genius CPのジャイロセンサーが3軸のみっぽかったので、改めてよーく受信機を確認してみた。
Genius CPで遊び始めて4ヶ月経って初めてじっくりみたwww

で、Genius CPの6軸たる所以が分かった。

ざっくりと、こんな感じですな。

まずは、表側
Genius CP受信機
どまんなかの大きめのんが、ATMELのなじみ深いAVRやんw

XMEGA32A4
XMAGA32A4(Microcontroller)
まぁ、CPUだな。これ、ファーム抜き出せそだねw


で、ご丁寧にバッテリー保護チップ積んでらw
S-8205A(Battery Protection)
Genius CPてかWalkeraすげーな、と思た。まぁ、リポバッテリの過放電を防いでるんやろな。
他の機体とかも当たり前に積んでんのかな。
飛ばしてて、最後にプツっって止まってLED点滅してんのは、こいつのおかげね。


で、MOSFET
FDS6670A(MOSFET)
こいつは、まぁドライブアンプってとこだな。


ほんでもって、これこれ!!
おお~~~!っと思ったが、なんと、こんなトコに3軸ジャイロセンサーとは別に、もう一個3軸の加速度センサーチップ積んでるやんけwww
8452 3QUU(3-AXIS Digital Accelerometer)
まぁ、いわゆる、これが巷で言われてた3軸ジャイロセンサ+3軸加速度センサつーことなんだなw
イメージ的に、ずっとジャイロチップ1発だと思ってたので、InvenSenseのデータシート読んで、どこが6軸やねん!って思ってたが、流石に大々的に6軸謳ってるだけあって、Genius CPの6軸は、やっぱ俺らド素人には偉大な機能だわ!

ただ・・・このチップ、メーカーが不明なんだが、Freescale SemiconductorのMMA8452Qって石と同等品だと思う。ピンアサイン調べると、同じだし、現物のパターン追っかけてみても多分石の使い方は同じ。
多分携帯用に廉価版などで、中国・韓国メーカー辺りで大量に出回ってるサードパーティなどの互換品ではなかろうか・・・。あくまでも想像の域。

あ~あと、なんで6軸時にスライドしてまうかが、なんとなくイメージ出来るかもねw
こんなとこに配置されてんねんもんw
工場出荷でどの程度ゼロ調されてんのか、またはゼロ調などが出来るのか否かはデータシート読まな分からへんけど・・・ま、左右、前後が対称でないことが影響あるかどうかやな。

ディップSWでこのチップを使うかどうかを切り替えてるんじゃないかな。
1チップで3軸ジャイロ+3軸加速度のデバイスもあったので、何故それにせんのや?
と思ったりもしたのだが、もしかすっと、そっちでは切り替える事が出来へんのちゃうか?と思ったり・・・。
なので、あえて2個積みして、加速度センサを使うか使わないか、って方式にしてるのか・・・
とか、それは考え過ぎでコストメリットのみの話なのか・・・は全く不明w



で、裏側面
Genius CP受信機

まぁ、大物は、DSSSのトランシーバーと3軸ジャイロだな。
CYRF6936-40LTXC(DSSS radio ransceiver)
例のDSSSトランシーバー。
くどいかも知れんが、電波出してる出してないにかかわらず、これ、データシート上はレシーバーじゃなく、トランシーバーやねんなw
「電波を出すことが出来る機器」つーことになるわけよ。
ま、どっちゃでもええねんけどねwww

で、こいつが昨日データシート読んでて、ごっつ悩んでた3軸ジャイロ。
ITG-3205(3-AXIS,Gyro)
こいつはやっぱりデータシート通り、3軸のみのセンスやったわけだw
ま、とりあえず疑問は解決した。

ちなみに、データシート読むと、チップの実装角度の誤差でエラー出るってある。
0.5度でサイン角0.87%
1度でサイン角1.75%

あと、ダイの温度センサを持たせてるのは、ジャイロセンスが温度ドリフトによる影響を受けやすい為じゃないかと思う。
この石自体はパワー喰わないと思うので、発熱しなさそうだけど、精度上げた使い方する時には、凄くシビアになるんだろうなって感じで想像。妄想w

ま、実際にデバイス使って回路設計する勢いで目くじら立てて読んだ訳じゃないんで、嘘あるかもw
最終的には自分で読んで判断してくださいw
間違い見つけたら訂正しますw
関連記事

Genius CPのジャイロセンサーDataSheets

だいぶ前に、これまた、とおりすがおさんからコメントいただいていた、Genius CPのジャイロセンサーのデータシートもアップしてみたので、お暇な人はどうぞ。

HOBBYSITE.BIZ

ベンダーは、InvenSense
実際には別物でちゃんとした6軸センサーラインナップはあるようだが・・・
Genius CPの受信機に搭載しているセンサーは、正確にはどうも6軸ではなく、3軸のようだな・・・

6軸の方は6軸+加速度センサーとして別物があるな。


Genius CPには「ITG-3205」ということなのだが、このセンサーは何処が6軸なんや?
って感じw

巷で良く言われている、XYZ3軸+加速度センサーつーの、ほんまかいな~?とか思ったりw

データシートではXYZ3軸+温度センサなんだけどなw

あ~ちなみに、この温度センサつーのは、自分自身のダイの温度を拾ってデータに持ってるよ、つー意味だと。
基板の温度知りたけりゃこのデータ読みだしゃええってことだが、んなもんイランしw


IMU-3000ってチップだと3軸ジャイロ+3軸加速度+温度センサってことみたいなんやけど、
ITG-3205とITG-3200どちらも、ざっくり見た感じ、どーも、ジャイロについて6軸たる記述が見当たらんのだが・・・

なんとなく、あのディップSWは単にサンプリングレートを変えてるだけなんじゃぁ・・・


ざっくりだが読んだ印象では・・・

このジャイロセンサは、X軸(ロール)、Y軸(ピッチ)、Z軸(ヨー)について、各軸の回転速度を独立して検出するっぽい事書いてんねんな。

んで、軸のどれかが回転すると、コリオリ効果が発生して、たわみ量は容量性ピックオフとして検出される・・・と。
なんのこっちゃwww


まぁ、チップメーカーが言いたいことは、回転の移動速度に比例する慣性力を検出してるんやで、ゆーことやろw

ほんでもって、その検出した慣性力信号を増幅して復調して、さらにフィルタリングしてから角速度に比例した電圧を生成してるんやで~ってゆーてると見たw

さらに、その電圧はチップに内蔵してるADコンバータで16bitのデジタルデータに変換、
いわゆるAD変換やわな・・・
そうやって、ADコンバータは各軸をサンプリングしてるんやで・・・と。

ほんでや・・・
この辺なんだが、精度などについて、精度というか分解能というか、まぁ精度でえっかw

このチップのジャイロのフルスケールレンジは±2000度/sec(毎秒プラマイ2000度)にプリセットだと。
ADコンバータの出力レートはmax8000サンプル/secからmin3.9サンプル/secまで設定可能なんだと。
でもって、ユーザーが選択できるローパスフィルタはカットオフ周波数の広い範囲でイネーブルしてね。

だってw

やっぱ、ただの3軸ちゃうんけw
ほんまにITG-3205なんかな・・・あとで現物みてみようかな・・・。

まぁ、ディップスイッチでLEDが赤、緑に切り替わって、明らかに挙動も変わるのだが、ジャイロセンサーだけに焦点を当ててみると別に6軸のジャイロってわけじゃなさそう。

ただ、IMUシリーズだと外付けで6軸にもなりそうな感じなので、Genius CPも、外付で何かやらしてんのかな・・・。


興味ある人は、頑張ってデータシートを読んでみよう!
俺は、N氏に聞いてみよw


センサー実装の角度誤差なども結構な精度があるようなので、横滑りとか、静止ホバなど物理的な対策の案が生まれるかもね。
関連記事

Genius CP受信機の2.4 GHz Radioデバイス

ちょっと息抜き・・・
とおりすがおさんからのコメントでGenius CP のレシーバデバイスがサイプレスの物だということで、調べてみた。

サイプレスとかザイリンクスとかインフィニオンとか、良く冷や汗かきつつ徹夜でデータシート読んだもんだw
もう、随分昔の話だが・・・

で、久々に渦中の人(デバイス)のデータシートを眺めてみたが、なるほど、やっぱ、電波出とんがなw
パワーてか電界強度云々もあるかとは思うが、これじゃぁ、ハッキリゆーて、NG ラインがハッキリしてへん現状では、機体側も限り無くグレーつーことやなwww

興味ある人は読めば分かるわ。

CYRF6936(WirelessUSB LP 2.4 GHz Radio SoC)のデータシートを下記に置いとく。
HOBBYSITE.BIZ

あーあと、やっぱ、一応パケットっぽいイメージやな。
Genius CPでも外付けでテレメトリーできるんちゃうかな。

DEVO は1万歩譲ったったとしても、機体・・・受信機についてMini CP のテレメトリー云々ゆーのなら、Genius CPもアウト~www
それ意外も2.4G方式は全部アカンなw
逆に、受信機毎に全て認証取得してるなら、認証四の五のゆーてはる人の事も、一理あるなと納得も出来るが。

はたまた、物凄くアバウトに「受信機側はおもちゃ(微弱)だからOKよ」って事なら、なんじゃそれw
法規まで引っ張り出しといて「電波は出てるけどなんとなくOK よ」では、筋が通らん。

中途半端に騒ぐなら、ごっつ中途半端に突っ込まれんで~ってことなので、まぁ、イチイチ騒がず黙って遊んどけつー話や。

適当にデタラメな違反の線引いて、それ守るん勝手やし、おとなしゅうショップの売り文句に乗っかっといたらええがなw
それについては否定せーへんちゅーねんwww
ただ、無駄に他人を惑わすなw
あーあと、その辺分かってて、やってる他人を妬むなw

ま、最近、この手の話で、訳わからん熱いメールよこしよるヤツもチラホラおるので、意味わかっとんか?的に少しイラつき気味でした(汗
けど、ちゃんと読んであげてますので、ご安心をwwww
いちお、ブログのネタになるしw

まぁ、個人的には何するにせよ自己責任。

さて、晩飯食うかの。
関連記事

Walkera Mini CPのテレメトリー

バタバタと忙しく、Genius CPのフレームも交換途中で丸1週間以上バラしたまま放置状態となっているのだが・・・(汗
先週、出先でN氏と話をする機会があったので、茶しばきながら情報交換をした所、
なんと、ワルケラMini CPを購入カウントダウン中らしいwww

で、ついでに、おまいのV120D05Sも注文しといたるで~、ってゆーてたんで、えええっ!
V120D05S買うてくれるん?!

って言ってみたが、んな訳ねーなw

俺が小遣い貯まった瞬間に飛ばせるように保管しといて、たまにチラチラ箱だけ見せに持って来たる・・・とか
ぬかしよるw

これこそが「いじめ」ですよw


で、そんな余談はおいといて・・・

Walkera Mini CPのテレメトリー機能の話題になって、俺もN氏も今現時点では特に必要な機能だとは全く思っていないのだが、N氏が色々調べたらしく、このテレメトリー機能について、受信機側が電波を出している為、例のDEVO8ぢぁないが、技適マーク云々問題がどーのこーのって話があるらしいwww


全く、今まで俺もN氏もノーマークだった話なのだが・・・その話を聞いて、アホらしwと思ったのだが・・・。
まったそんなことゆーてるヤツいてるんかーってw

そう、今流行りのラジコンではデジタル方式と言われている2.4GHz帯の無線方式は俺の把握している範疇だと、全ての機体でIDなるデータを双方向に送受信(通信)しているハズなのである。理屈?屁理屈?的には・・・


つまり、巷で言ってる「バインド」って言葉だが、そのバインドさせてる行為自体、受信機側からも2.4GHzの電波が発信されているハズなのだ。
・・・最低でも一回はデータをお互い送受信していなければデジタル通信ではない、と思われるのだ。
まぁ、イメージしやすい所で行くと、携帯電話もおんなじだわな。
アナログの周波数ではなく、専門用語は置いといて、固定のデータを対話させるイメージかな。
携帯端末は基地局からどの固有IDの端末がどこにおるかを一方的に探してるんじゃなくて双方向な訳だな。

デジタル方式の場合、8bitか16bitか何bitなのかは分からんが要は「0」「1」のIDなるデータを作って(ヘッダやチェックサムまで付いてるかどうか知らんが、多分データの頭とデータ全部が正しいかどうかを判断させてる何らかのbitは持たせてるだろう)送信機、受信機共に最初にお互いが認識し合う作業が必要なのだ。
RCヘリだけが特別なやり方をしているとは考えにくいが、それは積んでるチップがまぁ、そうそう特別な物ではないだろうからだ。


で、だらだらと、何が、言いたいかと・・・
送信機側、プロポの技適認可云々もあるが、機体側受信機の技適マークも厳密には「必要」つーことになるんだな。
バインドさせて通信させてる限りは電波発信(発信局になってる瞬間がある)してるハズなんで・・・。


ただ、受信機側については恐らく、送信機程の常時パワーを出していない(俗に言う微弱な電波?)、または、用途的に常時データを出す必要がないと推測できる為、規制から除外されているのか否か・・・と言うところが論点になるのだろう・・・


基本的には常に受信機からもIDがプロポに送られて、繋がってるような気もするし、一度IDが決ってバインドしてしまうと、仮に受信機側からIDが来なかったとしても、プロポからバインド時に決定したIDで操作した信号データが届きさえすればその指示通りのデータを受信後、サーボ・モータードライバを動かす・・・
てな具合じゃないかと思うので、バインド後は一方通行でも、まぁ問題動くような気はする。

はたまた、もしかすると、5秒とか10秒間隔とか定期的に双方向でお互いを乳繰り合ってるw・・・探し確認し合ってるのかもしれないが、現時点で現物のデータを取って見たわけではないので、あくまでも想像の域でしかない。


とにかく、デジタルの無線通信である以上、電波の発信は「一方通行ではない」だろう・・・てことは想像するに難しくはない。

シール取ってると豪語してるショップなどは、全ヘリの機体側につんでる受信機もテストしてシール貼ってんねやろなぁ?!
それか、受信機側はノーチェックでOKなんか?
どちらにせよ、取り敢えず突っ込み処ではあるわなwプロポのみならず、こっちも相当グレーやんけw
てのが言いたいところ。


つーことで、話を戻して…
冷静に考えるとWalkera Mini CPに搭載してるテレメトリー機能の有無に関係なく、受信機の全てが電波出してるやんけ!
つーことになるねんなw


なので、表現の仕方としてテレメトリー機能がある物だけを問題にするのは、まぁ、ナンセンスつーかw
それ、意味ちゃうやんっ!的な話なんじゃないかと思うねんなぁ。

まぁ、あれだ、我が事棚に上げて、大人に入れ知恵されてるだけで良い子ちゃんぶってるガキつー感じかなw


グダグダ言うて良い子ちゃんするんならFMかAMのアナログ送受信機に戻しなはれや!
つーことになってまうのかもしれんけどねwww


Mini CPも実のところ、テレメトリーなんつって新機能的な言い方してっけど、そもそも出してた電波のペイロードにセンサーから拾ったデータを載っけただけじゃねーの?ってイメージなんだけどな・・・。


俺とN氏だけのローカルルール的結論はというと・・・・

Mini CPのテレメトリーは非合法ですと!?
んなもん、Mini CPに限らず2.4GHz通信のラジコン全部、受信機側グレーゾーンってことにしとけw

てな感じで、珈琲2杯程度の会話ログw

まぁ、今日は今日、明日は明日、どっかの誰かにもっともらしい正論つっこまれたら、そのうち猛省しながら訂正しまっさw


にしても、誰かデータ解析した人いてないんかな・・・そんな暇人おらんかな。
・・・いや、世の中には絶対おるはずや、開発者側でなくユーザー側でホンマの正解を知ってるヤツが・・・
関連記事

Genius CPリンケージプーラー

あ~昨日も徹夜、今日も徹夜、今週はしんど過ぎる~。
なかなかのナチュラルハイな状態だが、若干多めのアドレナリンが色々と猿知恵を活性化させてくれるw


先週末は、充電器第二弾を製作しつつ、なかなかまともなフライト練習が出来なかったのだが、飛ばせていない理由は他にある・・・。

てか、単にフレーム(スキッド)やら、テールモータハウジングやら、壊れまくってるだけなのだw

もういい加減、ぼちぼちフレーム交換しなアカンなぁと思ってはいたのだが、折角安定ホバリングしてるのに、スワッシュ周り、てかリンケージをバラしたくねぇ~・・・

そう、リンケージ外しつーのが、N氏のsolomaxxでいじくりまわしていた時に無残にもあっさりとボールをちぎってしまった時のことを思い起こして、なかなか気が進まないってのが本音だ。

RCカーの時のボールリンク外しの工具はN氏が持っているのは知っていたが、大き過ぎて使える訳ねぇ。

つーことで、売ってんのか調べると、想像してたイメージとはかなり違ったがあった。

調べていくと、このへんの内容は大昔から色んなところで、工具や自作などの紹介がされていたりするようで、あえてブログネタにもならんか・・・と思たが、そこはやっぱ「ホビる」としては、クオリティはさておき、オリジナリティ的になんかせなアカンやろw

つーことで、やってみた。
今回は便所じゃなく、寝ながら夢の中で考えてみたwww

お~これいけるでぇ!的な完璧な理想形は直ぐに完成したが、その完成形を頭の中から抜き出すのが、ちょい大変そうだったので、それはVer.2でやるとして・・・w


しばらく、フリーズはしたものの・・・
「Genius CP専用リンケージプ―ラー」堂々誕生~w
これだw
Genius CP用リンクケージプーラー

でたw
クリップちゃんwwwww

Genius CP用リンクケージプーラー
そう!そこのあなたっ!もうピンっっときたでそw

ん?まだか?
どや!
Genius CP用リンクケージプーラー

くぅ~・・・
これで~どやさっw
Genius CP用リンクケージプーラー

え~いっ!
Genius CP用リンクケージプーラー
OH~~ワンダフル~www

Genius CP用リンクケージプーラー



では、真面目に解説w ・・・簡単にw

なんといっても、Ver.1なだけに、今回は少し使い方にコツがいるかもしれないので、ざざっと解説。

Genius CP用リンクケージプーラー

1.まず、青矢印の所から、するする~っと外したいボールジョイントの所に突っ込んでいく。

2.緑矢印の所が重要でボールの頭にクリップがあたるように、やんわりと挟み込む感じでセットする。

3.青矢印の辺りを右手で支えながら・・・

4.赤矢印の所を左手の人差し指、黄矢印の所を左手の親指で摘まむ感じで持って、じんわりと強く摘まんでいくとポコってな感じで、ボールが外れる。

注意というかコツは青矢印の右手の支えで位置決めしながら・・・赤矢印部分を固定しつつ、黄矢印で玉を押し出す・・・つー感じ。

これだと、ほぼ、スワッシュのボールやボール軸、リンケージ側の他の場所にストレスは掛らへん思いまっ。


で、ついでに、作り方のポイントも解説しとこ。

Genius CP用リンクケージプーラー

ポイント1.
黄矢印の所がボールを押し出す所なので、この曲げる長さは赤矢印にちゃんと届く長さにしとかなあきまへん。
しか~し!長くし過ぎると、指で摘まむ時に「グリっ」っと横にネジれ倒れてしまう気がするので、極力短めに。

ポイント2.
赤矢印の所が、ボールがハマってるジョイントの輪っか側を抑えておく部分。
なので、輪っかが抜けるようでは、意味無いぢゃ~ん・・・になるので抜けない幅で曲げなあきまへん。
しか~し!狭くし過ぎると、抜けようとしている玉ちゃんがひっかかってまうので、玉ちゃんはちゃんと通るサイズで曲げとくんなはれ。

ポイント3.
青矢印の所が、まぁ、いわゆる、バネっつーの?そんな役割をする所。曲げ量が少な過ぎっと、この工具をセットするのが大変やし、曲げ量が大き過ぎっと、セットした時のグラグラ感がイラっ!っとするので、軽くボールジョイント部を挟んでくれる程度の絶妙な角度で♪

ポイント4.
緑矢印の所の長さは、赤矢印の曲げ部分よりも必ず短い所にせなあきまへん。赤矢印の所に近過ぎる場所、つまり緑矢印部分が長過ぎると、指で摘まめる場所が少なくなるので、これまた絶妙な長さで♪


つーことで、まぁ、これ、ええんちゃう?!

ついでに・・・・
Genius CP用リンクケージプーラー
N氏のsolomaxxの残骸で散々、外してハメてwを試してから、俺のGenius CPでやってみたから大丈夫www

まぁ、20~30回は試してみたけど、失敗する事は無いし、慣れてくるとかなり、普通の工具的な感覚で使えるでwww

まだ、工具買ってない人は、今すぐ文房具屋へダッシュ!!www

え???
クリップって何?だと?
Genius CP用リンクケージプーラー
これだよ、ボケなすめっwww


次はココから何が生まれるのかなwwww
Genius CP用リンクケージプーラー

さ~て仕事片付けちまおうっと・・・。
関連記事

Walkera DEVO8の電波出力設定

さて、WalkeraのDEVO8だが、最初購入した時は+20dbmになっていたので、0dbmに設定したはずなのだが・・・
つい先週末、+20dbmと+15dbmがグレーアウトしてて設定出来なくなっていることに気が付いたという記事を書いた。

で、色々ご意見を頂きながら、そういえば、前にDEVO8設定の覚書きを書いたな・・・と思って見なおしてみると、なんと、その時載せてる画像で既にグレーアウトしてるではないかwww


全く気が付いてませんでしたwww


だいぶ前に書いた記事
RCヘリを入手した興奮がある程度落ち着いてから撮った写真なんで、その間、相当いじり倒しとりますww


で、これから知りたい事、つーか、いずれ分かるであろうことを整理すると・・・

1.ショップによって+10dbmに設定販売している所と、メーカー工場値(+20dbm)のまま販売している所がある?
(だんだんと、ショップ側で+10dbmに設定して送るようになるのかもね・・・1発目に電源投入するリスク負ってるショップは逆に褒めてあげたいw 少しでもリスク回避しようとする風潮のこのご時世で・・・偉いっ!w)
てか、ガッチンガッチンのシールドルーム内で設定すりゃええんやなw


2.一度、+10dbm以下に設定すると、+20dbm、+15dbmがグレーアウトして設定できなくなるのかどうか・・・
または、それ以外の何らかの設定でグレーアウトしたのかどうか・・・


3.ファームをアップするなり、プロポのオールクリアをやると、また設定可能になるのか?
(もう少し設定に慣れるまでは、お試しでオールクリアしたくないw)


4.そもそも、このグレーアウトする仕様は、日本とか特定の市場向けなの?



ま、今の俺にとっては単純に疑問なだけで、電波の強さなど全くの拘りどころではないのでw
ざっくりと興味本位w


決してそれ以上は深追いしませんwww

関連記事

ツインリポチャージャーver1.1製作

土曜日の練習中にやっと、俺専用のリポチャージャーを作った。
前回製作の物は、N氏専用の物として作ったものだ。

N氏のはエポキシ系の接着材で固めたらしい。
ツインリポチャージャー製作
この固めかたならまぁ問題ないっしょ。


今回の2個目のチャージャーは、まぁ、基本的には殆ど変わりは無いのだが、メールでご意見頂いている中にチャージ電圧が見れるようにしたら?・・・的な内容があったので、とりあえず見えるようにしたものを作ってみた。

それと・・・なんとN氏がコツをつかんだのか、急に6軸ホバ出来るようになって、製作中、後頭部に恐怖感が感じられなかったので、作業に集中することが出来たwww

リポバッテリー電圧モニター
これだと何もせずそのまま表示してくれるので楽チン。

N氏にもコネクタ付けといたろか?って聞いてみたら、あっさり、イランって言われたw
まぁ、今んとこ単セルバッテリーしかないんで、バランス充電の必要もないし電圧などわざわざ把握せんでも石が勝手に止めてくれるしなぁ・・・
ほんで、外付けのバッテリからのチャージだと、余計な負荷をぶら下げとくのも無駄やしなぁ・・・
つーことで、この表示器の利用シーンはUSBからのチャージ中のみつーことにして・・・。

表示方法は液晶とか色々あるけど、パーツ屋に売ってた7セグのやつにした。700円弱でヘリモンに売ってるのと同じように見えるが、送料とか考えるとまぁええか・・・と。

ツインリポチャージャーver1.1製作

で、リポチャージャーの本体側に、夏休みの工作的クオリティの穴開けをやって・・・www
ツインリポチャージャーver1.1製作

ぶっさすwww
ツインリポチャージャーver1.1製作

ちょっと暗めの所で。
ツインリポチャージャーver1.1製作
電圧は交互に表示。

あ~そうそう、前回LEDが明る過ぎやったんで、今回のんは大分ええ感じに暗くした。
画像では分かりにくいが、前回のより半分程度かな。

今回のチャージャーはver.1.1ってことにしとこ。

まぁ、いずれ?(どんだけ先になるか分からんが・・・)大き目のヘリにステップアップした時は、バランスチャージャーを作らなあかんな。
そん時は、PICかATMELで液晶でも付けるかの。
関連記事

Ads

カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」