2015年07月 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

出来るっちゃ出来るわな・・・

この動画、アメリカで騒然となっているらしい。


そら、出来るわなw

まぁ日本じゃ、銃は無理としても、それに変わる、こゆことって、そんなに難しいことじゃないわなぁ~
てか、遠隔操作的な事で言うと、その場に居らずして犯罪的な事にも使えそうなので、使い道間違うと結構な問題にもなるんちゃうかな。

遊びの範疇を越えはじめたら大変な事になってくるけど、これを取り締まるつーのは、それこそ全面禁止的に、

もたず
つくらず
もちこませず

ってやんないと、なかなか簡単な事ではないかもしらんね。

とは言っても、使う人次第で凶器になり得る便利な物って、現にそこらじゅうに転がってるので、
これだけを脅威的な物としてとりあげるつーのもなんかちゃう気もすんねんけどな。

俺の場合、RG712BXなんで、なんか悪さする為の装置をもう一個動かすのに、
微妙にchが足らんねんけどねwww

そゆ問題ちゃうかw
関連記事
スポンサーサイト

OpenPilot GCSのCC3Dプロポ設定編

OpenPilot GCSのCC3D設定の続き。プロポ編

前の記事は
CC3D設定アプリOpenPilot GCSのインストール編
OpenPilot GCSのCC3Dジャイロ設定編
を参照。

CC3DジャイロのIO設定とかが終わった所からの続き。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
真ん中にある、「Transmitter Setup Wizard」ボタンをクリック。

安全の為、常時ディスアーム状態に設定されてるよ。って感じの案内。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定
Armedでモーターが回る状態。
Disarmedでモータ回転しないロック状態。
最後の設定で、フライト時にプロポのどの操作でモーターロックを解除するかを設定するところがあるので、
とりあえず、ここではハイハイって感じでOKをクリックして進む。

セットアップ画面
OpenPilotでCC3Dプロポ設定
とりあえず、Nextをクリックして進む。

1.プロポタイプ設定
RC InputタブのInput Channel Configurationで、プロポタイプを選択。
ラジオボタンでアクロを選択すしてNextクリックして次へ進む。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

2.プロポモード設定
RC InputタブのInput Channel Configurationで、プロポモードを選択。
俺の場合、モード1なので、Mode1を選択してNextをクリックして次へ進む。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

この辺から、実際にバインドさせとく。

3.プロポスティック設定
RC InputタブのInput Channel Configurationで、プロポのチャンネル(スティック)を設定する。

(1)下の画面上のスティックの絵が、スロットル方向→エルロン方向→・・・という風に順番に動くので、
動いてるスティックを実際に動かす。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定 OpenPilotでCC3Dプロポ設定
例えば、スロットルスティックの絵が上下に動いていたら、プロポのスティックを上下に動かすと、動いてる画面が反応して、
次にエルロン側に動き出す・・・という感じ。
この時、スロットルスティックの動かす方向は、絵の動きに合わせる必要はないけど、エルロンなどが混ざらないようにスロットルだけを上下させる。
スロットル、エルロン、エレベータ、ラダーと順に反応させる。

フライトモードSWとか、AUX SWとかも割り当ててるSWを順番に動かして、画面上の絵の動きが止まるようにする。
※SWチャンネル割り当てが無い場合、無視して、Skip して進む。
※各スティックが実際と逆になっていても、あとで反転させるメニューがあるのでココでは気にしない。


(2)プロポスティックのニュートラル設定
スティック全部を中立位置にして、Nextをクリックする。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

(3)プロポスティックの最大可動範囲設定
ジャイロ設定で良くある、全部のスティックをグリグリするやつw
スティックを全方向フルに倒す。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定
Nextをクリックして次に進む。

(4)スティック操作方向の設定
画面のスティックの動作と実際のスティック操作を完全に一致させる。
スティックを動かして画面の絵が反対に動いている場合、そのチャンネルのチェックボックスにチェックを入れると絵の動きが反対になる。
※実際のプロポ操作と同じ動きになるように合わせる。

Throttle(スロットル)
Roll(エルロン)
Pitch(エレベータ)
Yaw(ラダー)

動作方向が一致したら、Nextで次に進む。

(5)設定の動作確認
最後に、この画面で、プロポの操作と同じ動きをしているかをチェックしてOKならNextで進む。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

設定後はこの画面になるので、あとから設定変更できる。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定



4.アーミング設定
初期状態やと、常時ディスアームになってるので、飛ばす直前に解除する必要がある。
どの操作でディスアーム解除するか、ってのと、スロットルOFFが何秒経過した時にロックするかを設定する。
OpenPilotでCC3Dプロポ設定 OpenPilotでCC3Dプロポ設定
俺の場合、ラダースティックを左に入れると解除で、スロットルOFF状態で5秒間放置でロックって感じにしてる。
スロットルOFFで5秒経つ毎にラダースティック左で解除が面倒な人は、20秒とか30秒とかにしといたらエエかも。
ロック解除の操作は3秒間スティックを入れるとロック解除されるみたい。


5.フライトモード設定
フライトモードの設定。

Stabilizedの設定モード
OpenPilotでCC3Dプロポ設定
この中から、モードを選択設定する。

初心者はAttitudeモードが良いかも。

Manualモード・・・ユーザーが直接アクチュエータを制御。マルチロータには使用不可。Thrust(推力)のManualモードとは違う。
Rateモード・・・本物の航空機と同じ動きらしい。手動操作した姿勢状態をキープする感じ。常に操作で機体姿勢を制御する。
Attitudeモード・・・プロポニュートラルで機体を水平に保とうとするモード。ジャイロが機体姿勢を水平にする自立飛行的なモード。
AxisLockモード・・・主にラダー制御用。ヘリでいうヘッドロック。ラダー外した位置を保持して、5度の回転を補正する感じっぽい。
WeakLevelingモード・・・Rateモード同様だけど、Attitudeモードのように、ゆっくりと0レベルに補正するような制御?
VirtualBarモード・・・ヘリで使う場合、フライバーパドルをシミュレートする。マルチローターに使うと、かなり早い速度でロール、フリップするみたい。
Acro+モード・・・手動出力でRateをmixする。急激なスティック操作時にジャイロをバイパスして、直接ESCに手動操作信号を加えるっぽい。かなり難しい操作になりそうな感じのモードw
Rattitudeモード・・・マルチWiiの水平モードをOpenPilotに移植したモードみたい。スティックの小さな操作時は姿勢モードで、大きな操作時はRateモードみたいな動きをするみたい。なんとなく、デュアルレートみたいな感じなんかなぁ・・・

とりあえず、聞いてる感じやと、「Attitudeモード=自立飛行」と「Rateモード=手動飛行」のどちらかで各制御軸方向を設定するみたい。

別のStabilizedの設定ページで各モードの傾き角度とか、傾き速度とかの設定を出来るので、
Attitudeモードでそのあたりを詰めていくと、そこそこ飛ばしやすくなるっぽい。
上手い人たちは、殆どRateモードで飛ばしているらしいので、最初からRateモードで練習した方がエエのかもしれんけど、
やってみたら、無理やと思ったので、まずは、Attitudeモードからw


●デフォルト
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

Pos1(st0)=Stabilize1
Pos2(st1)=Stabilize2
Pos3(st2)=Stabilize3

Stabilized1=Roll(Rateモード)、Pitch(Rateモード)、Yaw(Rateモード)
Stabilized2=Roll(Attitudeモード)、Pitch(Attitudeモード)、Yaw(Rateモード)
Stabilized3=Roll(Attitudeモード)、Pitch(Attitudeモード)、Yaw(AxisLockモード)

になってたけど、ST0、1、2の操作感がいつものヘリ設定と逆やったので変更した。
●変更後
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

Stabilized1=Roll(Attitudeモード)、Pitch(Attitudeモード)、Yaw(AxisLockモード)
Stabilized2=Roll(Attitudeモード)、Pitch(Attitudeモード)、Yaw(Rateモード)
Stabilized3=Roll(Rateモード)、Pitch(Rateモード)、Yaw(Rateモード)

一通りセットアップが終わったら、忘れないように、画面右下の「Save」をクリックして保存する。
画面右下の「Disconnect」でUSB接続を切って、画面を閉じる。

ここまでの設定で、とりあえず、飛ぶようになってるハズw
アーミングして、スロットルをゆ~っくり上げると浮く。

その他、OpenPilotのパラメータ設定画面

●Output
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

●Attitude
OpenPilotでCC3Dプロポ設定


●Stabilized
(Basic)
OpenPilotでCC3Dプロポ設定
まずは、この辺りで、AttitudeとかRateを設定してみて・・・やな。

(Advanced)
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

(Expert)
OpenPilotでCC3Dプロポ設定

(Altitude Hold)
OpenPilotでCC3Dプロポ設定


●Scopes
OpenPilotでCC3Dプロポ設定


●Flight data
OpenPilotでCC3Dプロポ設定
まぁ、この辺は今のとこあんまり使わんかも。

まぁ、とりあえず飛ぶ状態まで。
ここから先は、飛ばし方などでお好みで、つーことやね。
関連記事

OpenPilot GCSのCC3Dジャイロ設定編

設定アプリOpenPilotでCC3Dを設定する。
細かいパラメータ設定は、AP1さんとかヒデさんに聞きながらやってるので、
とりあえずサクッと、飛ばせるようにするとこまで。

OpenPilot GCSのインストールは前回記事インストール編を参照してね。

1.アプリをインストールして出来たアイコンをダブルクリックで起動する。
CC3DのOpenPilot設定編

2.OpenPilot GCSトップ画面 → USB接続ドライバインストール → コネクト
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

このあと、CC3DとPCをUSBケーブルで接続する。
初めてPCに接続する時は、USBのドライバを探して、インストールが始まる。

OpenPilotでCC3Dジャイロ設定


3.セットアップウィザードを開始
USBでアプリとCC3Dが接続できたら、右下のTx、Rxが点いて、ConnectボタンがDisconnectボタンに変わる。
接続を切る特はDisconnectボタン。再接続する時は、Connectボタン。って感じ。

接続したら、ジャイロのセットアップするんやけど、セットアップウィザードってのがあって、順を追ってやっていくと、最後はとえいあえず飛ばせる状態になる。

画面右上の大きなボタン「Vehicle Setup Wizard」をクリック。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

セットアップウィザードに入ると、注意画面が表示されるので、NEXTをクリック。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
プロペラを外しとかな危ないで~ってな事。
セットアップ途中でモーターを回して調整するところもあるので、外してた方がいいかも。


4.Firmware Update
CC3D内のファームウェアアップデートをする。

※「Erase all settings」にチェックを入れると、CC3Dに設定したパラメータとかが初期値に戻るみたいなので、
初めての設定の時だけで良いかも。
2回目以降はセットアップウィザードをやることはあんまりないかもやけど。

「Erase all settings」にチェックを入れて、「UpGrade」ボタンをクリック。

OpenPilotでCC3Dジャイロ設定 OpenPilotでCC3Dジャイロ設定 OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
ちょっと、時間がかかるので、一服して待つ。

終わったら、

Board updated,please press'Next' to continue って表示するので、Nextボタンをクリック。
さらに、下記画面もそのままNextをクリックして進む。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定


5.OpenPilot Input Signal Configuration
CC3Dに入れる受信機からの信号種類を選択する。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
俺の場合、最初はJRプロポの631B、今はRG712BXなのでXbusでやりたいところやけど、
CC3D側に設定が無いのでPWMを選んでる。

信号種類を選択したらNextクリック。

※まだ良く分かってないねんけど、アンプにOneshotタイプを使う場合?
どうもCC3Dのポート設定を変えないとアカンっぽいねんけど、設定をみてるとPPMでしか出来ないっぽい気がしてきた。
なので、DMSS系のJRプロポよりはフタバの方がエエのかも。S.BUSも使えそうやし。
DMSS系の受信機の場合、PWM-PPM変換みたい何を入れなアカンのかな。そんなんあったかなw

ちなみに、Oneshotアンプやと、スロットルOFFの時に惰性で回転が止まるんやなくて、一瞬?追従するみたいなので、ブレーキが利くようになるみたい。止めたいところで止まりやすくなるっぽいらしい。


6.Vehicle Type Selection
CC3Dを積もうとしている、機種タイプを選ぶ。
俺の場合、クワッドなので、当然ながらMultirotorを選択。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
選択したらNextクリック


7.OpenPilot Multirotor Configuration
マルチロータータイプを選んだので、マルチローターのセットアップが始まる。

マルチローターの中でも、クワッドとか、ヘキサとか、十字とかクロスとか色々あるんで、自分の機体のに合わせてプルダウンで選択する。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
俺のはQuadcopter X タイプを選択。
てか、250レーサーは殆どこのタイプになるんかな。


8.OpenPilot Output Signal Configuration
CC3Dのアウトプットの選択。

使用するアンプのタイプを選択してNextをクリック。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
俺の場合、ARRISのアンプやけど、490HzRateのRAPID ESCを選択。
SimonKとかBLHeliとかのアンプはどっちもこれを選択すんのかな?
OneShotタイプはOneShotを選ぶんやろうな。

いままで選択してきた内容が表示されるので、間違ってないか内容を確認する。
右の「CONNECTION DIAGRAM」ボタンをクリックすると、接続イメージが表示される。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

接続イメージ
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

内容を確認したら、Nextクリックで、CC3Dジャイロのセンサーキャリブレーションに進む。


9.OpenPilot Sensor Calibration Procedure

「Calculate」ボタンをクリックすると、キャリブレーションが始まるので、一服して待つw
注意点は、CC3D内のセンサーのキャリブレーションなので、機体を水平なところに置いて、キャリブレーション中は振動させないって感じかな。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定 OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
終わったら、Nextで次へ進む。

10.OpenPilot ESC Calibration Procedure
アンプの設定をする。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
プロペラを外しとけよ~ってのと、1~7の手順でやれってな事がかいてある。
アンプ設定で良くある感じの、フルスロットルとエンドポイントの設定を記憶さす。的な感じ。

<手順>

(準備)プロポのフルスロットルとエンドポイントの設定をするので、先に受信機がバインド出来る状態にしとく必要があるかも。

(1)バッテリ接続してないことを確認する。

(2)スロットルスティックをフルスロットル状態にしとく。
※ここはなんか、ヒデさんのやつとは設定方法が違うみたい?
ヒデさんのアンプはこのツールがハイポイントを出すので、フルスロットルにしとかなくても良いような事言ってたけど、俺のはそれでやると、どうしてもセットアップ終わった後にスロットルが全く効かないつか、モータが回んないのでやっぱりフルスロットルにしとく必要があるっぽい。

(3)画面の注意書きのチェックを3つとも全部チェックする。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
全部チェックを入れると、下の「Start」ボタンが押せるようになる。

(4)「Start」ボタンを押して、バッテリーを接続する。
バッテリーを接続した状態の絵が点灯して、「High」のマークが点灯する。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

ほんで、モーターからビープ音がしたら、「Stop」ボタンをクリックする。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
「Stop」をクリックすると、「High」のマークから「Low」マークに切り替わって、
またモータから音がでたら、終わり。

(5)バッテリーを抜く

これで、アンプのエンドポイント、キャリブレーションは終わり。

Nextボタンをクリックして、モータの起動キャリブレーションに進む


11.Output cakibration
モータの起動設定
※実際にモーターを回すのでプロペラを外しておく。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定
Nextボタンで、アンプ出力の設定にすすむ。

ローター1 → 2 → 3 → 4、の順番でモーター1個ずつ設定していく。

とりあえず、ローター1の設定から。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

(1)「Start」ボタンをクリックする。

(2)スライダーをすこしずつ上げて(右にスライド)、モーターが回転し始めるところで、「Stop」をクリックする。

(3)「Next」クリックして次のローター設定に進む。


「Start」クリック → スライダーでモータ回転開始点に合わせる → 「Stop」クリック → 「Next」で次のローター設定にすすむ。

を1セットで4回繰り返す感じ。

OpenPilotでCC3Dジャイロ設定 OpenPilotでCC3Dジャイロ設定 OpenPilotでCC3Dジャイロ設定


12.Initial Tuning
機体パラメータ設定
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定 OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

幾つかの機体パラメータがプリセットされてるみたいなので、自分の機体に近いヤツを選ぶ。
俺のはX-Speed250なので、Droneframes DRQ250CFを選択。

OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

選択したら、Nextをクリックして進む。

13.OpenPilot configuration ready to save
設定した諸々を保存する。
「Save」ボタンをクリックして、終わるまで待つとCC3Dのリブート(再起動)が始まる。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定 OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

再起動が終わると、ジャイロの設定は終わり。

Congratulation! Setup wizard is completed.って表示終わり。
OpenPilotでCC3Dジャイロ設定

てか、ジャイロの設定が終わっただけで、次はポロポ設定やねんなw

画面ど真ん中の「Transmitter Setup Wizard」ボタンクリックでプロポの設定画面に進む。

ここで終わる時は右下の「Finish」をクリックして終わる。

ってことで、プロポの設定は、次回。
関連記事

CC3D設定アプリOpenPilot GCSのインストール編

どろ~ん250に積んでるフライトコントローラー(ジャイロ)CC3DをOpenPilotソフトで設定する。

AP1さんとヒデさんに色々聞きながらやってんねんけど、とりあえず自分用の備忘録。
ってのもあるけど、これから泥沼に片足突っ込もうとしてる、Oさん、とんべさん用でもあるw

機体は色々やけど、俺はARRIS X-Speed250ってのに積んでみた。
ARRIS X-Speed250の組立記事

<アプリのインストール編>
まずは、OpenPilotに行って設定用のアプリをダウンロードしてインストールするトコから。

※2016/5/4追記-----------------
OpenPilotは開発中止になってるみたいなんで、LibrePilotを使ってね、ってなってるわw
-------------------------------

ダウンロード先 : OpenPilot Downloads

※2016/5/4追記-----------------
どうしてもOpenPilotが使いたいけどインストーラが入手できないって人は、メールもらえればあげます。
-------------------------------


※2016/5/5追記-----------------
メールにDL先を記載して返信してましたが、結構な感じで欲しい人いるみたいなので、下記から勝手にDLしてくださいw
OpenPilot-RELEASE-15.02.02-win32.zipダウンロード
本家で配布終了されてるので、どうかな。。。と思ったけど、オープンソースやし、まぁ、ええか。
zipにしてるので、解凍後exeファイルを実行してインストール。
-------------------------------


前の記事にも書いたけど、最新版はCC3Dには対応してへんみたいなので、一個古い奴ね。
ページの下の方の
●RELEASE - 15.02.02 - (2nd Hotfix update for v15.02 - 05/19/2015) - Revo, CC3D, Atom, CC and v9 GPS
ってとこの、自分の使ってるOS用のインストーラーをDLしてくる。

まぁ、Windowsやと、「Windows NSIS installer」ってヤツ。

これクリックするとDL始める
OpenPilot-RELEASE-15.02.02-win32.exe
直接実行でもええけど、俺の場合一応こゆヤツはDLした後ウィルスチェックなどをしもってから実行

ローカルにDLする時は、どこにDLしたか(するか)把握しといたほうがエエよ。
大体は、DLフォルダに落ちてくると思うけど。

1.こんな感じでexeファイルが落ちてくるので、ダブルクリックしてインストール開始
CC3DのOpenPilot設定編

2.言語を聞いてくるので、まぁ、一般的には英語がええやろな、を選択してOKする。
CC3DのOpenPilot設定編

3.セットアップが始まる。ので、GCSってなんやねん、と思いながら、NEXTクリック。
一応、左にGROUND CONTROL STATIONってデカデカと書いてあるしw
CC3DのOpenPilot設定編

4.「I Agree」をクリックしてライセンス規定に同意する。
CC3DのOpenPilot設定編
このOpenPilotはオープンソースやねんけど、オープンソースってのは単なるフリーソフトという訳ではなくて、
ライセンスはGPLになってるので、GPLルールの上で、タダで使ったり改変して再配布もエエよってヤツね。
オープンソースには色んなのがあるけど、それらのライセンスの規定も他に色々ある。
簡単に言うと、ここまでは、やっても良いけど、これやったら使っちゃダメみたいな感じでやれることが制限されているものもある。例えば、コードは公開しとけよとか、再配布はダメよとかそんな感じ。

5.コンポーネントのインストール
CC3DのOpenPilot設定編
とりあえず、そのまま、NEXT。

6.ローカルへのインストール先を指定してNEXTクリックでインストールが始まる。
CC3DのOpenPilot設定編
デフォルトだとCドライブのProgram Files(x86)のOpenPilotフォルダにインストールされる。
変更したかったら、Browseボタンでインストール先を指定。通常はそのままでエエと思う。空き容量は199.6MB要るよって感じ。

ザクザクとインストールが進んで行くので、終わるまで一服しながら待つ。
CC3DのOpenPilot設定編

7.最後にデバイスドライバのインストールが始まるので、NEXTをクリック。
CC3DのOpenPilot設定編

ドライバのインストールがザクザクと始まるので、また終わるまで一服しながら待つ。
CC3DのOpenPilot設定編

途中でWindowsセキュリティが、これインストールしても、エエのんかぁ~って聞いてくるので、じゃかましっ!と、「インストール」をクリックしてインストールする。"OpenPilot Software"からのソフトウェアを常に信頼するにチェック入れといたら、あとからは聞いてこんようになる。
CC3DのOpenPilot設定編


8.問題がなければ、デバイスドライバのインストールが終わるので、完了をクリック。
CC3DのOpenPilot設定編

9.フィニッシュ
CC3DのOpenPilot設定編
Finishをクリックして、インストールは終わり。
Run OpenPilot GCSをチェックしとくと、そのまま、ソフトが起動する。
Show Readmeをチェックしとくと、そのまま、Readmeファイルが開く。


デスクトップにアOpenPilot GCSのアイコンが出来てるので、ダブルクリックでソフト起動。
CC3DのOpenPilot設定編

つことで、次回はCC3Dの設定編。
関連記事

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

KOBE Morry mama

昨日、クラブの重鎮Oさんから、ブツ送るので、住所教えてというメールが来たので、
てっきり、どろ~んの組み立てが面倒くさいので、調達したキットでも送りつけてくるんかな~
とか思って、受け取り行きましょか~って返事したら、なんかそうじゃないみたいで、なんのこっちゃ分からんかってんけど、
今日、荷物が届いたw

なんか、荷物来た時、送り状には書類とか書いてあるし、なんか、キットを大人買いしはるOさんのことやし、ダブりまくってる組立説明書とかを
捨てるのもあれなんで、全部送ってきたんか??
とか一瞬思てんけどw

開けてみたら、
KOBE Morry mamaのラスクw
KOBE Morry mama ラスク KOBE Morry mama ラスク


先週末フライトの時、そ~いえば、Oさんが、ラスクを持ってきてはって、めっちゃうまかってんけど、
嫁がラスクとかのパサパサしたお菓子めっちゃ好きやねんな~とかいう話してたら、
もっと旨いのがあんねん~!とかゆーてはったヤツやわwww

つか、よ~覚えてはんなぁ~w

KOBE Morry mama ラスク

キャラメル味
KOBE Morry mama ラスク

メープル味
KOBE Morry mama ラスク

どっちもめっちゃ旨いw

調べてみたら、1日1万枚売れるラスクって書いてあったw
Morrymama

けど、ラインナップにキャラメルが無い。
キャラメル味めっちゃ旨い。

ありがとうございました~!

・・・先日のじゃこ天うどんといい、この所、もらいもので食いつないでる感じwww
関連記事

ARRIS X-Speed250をRG712BXに積替え

昨日、打合せで、Y.Hさんの事務所にお邪魔したら、お友達のKBさんも来ていてラジヘリの話にも花が咲いたりw

で、どろ~んの話になって、そーいえば、今使ってる受信機が631Bのパークフライなんやけど、
ロストアラームとか、あれこれするのに6chではchが足らんのと、フルレンジの受信機にしたくて、
712BXに積み替えようと思って探してるけど、結構在庫切れって感じで、8月末頃の出荷になるみたい。

という話をしたら、KBさんが、今のトコ全然使う予定ないのが一個余ってるから、先に使こてもらって、あとで返してもらったらええよ~
つって、なんとその場で1個ゲット!

JR RG712BX

つことで、早速積み替えてみたりした。

JR RG712BX JR RG712BX JR RG712BX

大きさは流石に、ちょっとアレやけど、まぁ、ギリ干渉することもなくOKやね。

あと、帰り際に、なんかお土産まで頂いてしまった。

さぬきうどん&じゃこ天

うどん好きな俺としては、最高~w
有難うございました~


・・・ところで、仕事って、なんの話やったっけか・・・www
う~・・・思いだせんwwww
このまま思いだしたくないwwwww
関連記事

戦争はんた~いw

小学生のころ、友達らと学校の帰り道に、道端に落ちてる犬のうんこを木の枝でつついたりして、
バリアっ!つって、構えるわけやけど、お構いなしに、うんこをなすりつける。

今日の安保法案の強行可決のTV放送を見てて、そんな昔の光景を思い出した。

戦争反対~!平和~!つってそーなりゃ、そら理想やねんけども、
戦争反対~!平和~!と言いながらも、うんこ付けられて、臭さなるんは自分やでw

まぁ、あんましハッキリ言われへんのんやろうけど、
中国ってとこは大体、バリアっ!って言い張ったところで、うんこ付けてくるところやからのw
先にこっちからうんこ付けに行くことはないけど、
うんこつけられそうになったら、迷わずうんこつけかえせる準備はしとかんなw

どちらにしろ、あれやね、
いままでアメリカ様にはあれこれ、抑止力的にも守ってもらってた訳やし、
綺麗ごとだけで、平和平和ゆーてられへんってw

なにもせんで、我がだけ平和なんて都合のエエ話はないと思うけどな。
金だけだして、汚いことは他人になすりつけて偉そうに平和は語れんやろ。
大体、この3、40年で、そんな輩が増えてきたから、あちこちでおかしな事件が起こってるちゅーもんや。

まぁ、この先どうなるんか分からんけど、有無を言わせず襲ってきた時は、こっちがどう言おうが、
それは既に戦争突入な訳で、そん時どう覚悟すりゃええかやな。

中国、北朝鮮やらが襲ってきた時には、今日、反対デモやってた人らの人数くらいは一瞬で殺されてまうんやろうし、
こちらが戦争するとかしないとかに関係なく、そゆことやろな、戦争がおこるってのは。
ミサイル撃ち込まれたり、国境突破されながらも、まさか話し合いで・・・なんて悠長なことはいってられんわな普通w
まぁ、そゆときこそ、辻元には先陣切って、プラカード持って反対~って行ってきてもらえたら、そんでええねんけどw

けど、昔、犬のうんこと思てつついてたんは、実は近所のおっさんのうんこやったんかもしれんけどなwwww
そっちの方が寒気してきたわw
関連記事

iMaxRC X400 TWINS

先週末のフライトで、ヒデさんがこれ電源全く入らんよ~になってん、直して使うならあげるわ~って

iMaxRC X400 TWINSって高級な充電器を持ってきはった。

iMaxRC X400 TWINS

ヒューズでも飛んでんのかな~と、とりあえず、開けてみたけど、液晶パネルのケーブルが外れてた。
つか、あとで聞いたら、ヒデさんが一回開けてみて、そのまま閉めてたみたい。

で、例の如く、1次側、2次側共にショートしてへんか、テスターチェックして、基板目視チェックして、匂い嗅いでみてw
チップヒューズっぽいの切れてないかみて・・・なんもなさそうやったんで、開けたままつなぐとこ繋いで、そのまま12V電源つないで、
電源ONしてみたら、おお~~~カラフルな液晶やん~w
しかも、もしかして、これタッチパネルなのか~~~w
触ってみるとタッチパネルや~w

iMaxRC X400 TWINS

ん?・・・これ、普通にいごいてるやんw

あまりにも、違和感無さ過ぎて、気が付くの遅れたけど、いごいてるっぽいw

で、ヒデさんに、何もせんといごいてるで~~~ってメールしたら、暫くして返信が来た。

「ふんふんで、買った改造電源、今みたら、出力してへんわ~」やってwww

電源の方がご臨終やったのね~

つことで、返却しよか~ってメールしたら、もうええわ、あげるわ~やってwwww

ま、まぢで~

な~んもしてへんのにw

らっき~

てか、いる時はいつでも返却するので言ってね~、それまで、大事に使こときますw
関連記事

E6-550オートロワンウェイベアリング交換

この所、げっつ忙しくて、毎回放置プレイやったE6-550

なんで、放置やったかというと、だいぶ前のフライト後、メインローターを手で回しでみた時に、
ん??って感じで、何か違和感があって、なんやろ??
と思ったら、オートロギアがロックしとんねんw
で、暫く回しとったらスルスルと両方に回りよるしw

なんぢゃこりゃ??って騒いどったら、
いつも通りに、Oさんが「いけるいけるっ」と、他人事のように、手でパキッって感じで、何故かもとに戻ったんやけど・・・
なんか、気持ち悪ぅ~やなw

飛んでる最中にロックならまだ、ええけど、スルスルになってもたら、強制オートロやし
念のため交換するまでは無理に飛ばさんとこ~つって、ずっと放置やってんな。

先月忙しくて部品調達も出来ん状態やってんけど、先週、昼一位にPさんから、フンフンにおるけど部品買ったん?
って電話が来て、目の前にあるけど、いる?みたいなw
とりあえず、いる~ってことで買ってきてもらった。

明日のフライトに間に合うように交換しとこうと思ったけど、結局忙しくて、0時過ぎから目をショボショボさせつつの交換w

新品と見比べてみたけど、なんも変わりないような気がすんねんけど・・・
E6-550ワンウェイベアリング
まぁ、念のため交換しといた。
まだ、使えそうなので、捨てずに予備でとっとくw

そういえば、OHさんが言うてはったけど、E6のココすぐアカンよ~になるらしいw
つか、同じ現象何回もなったことあるけど、そのまま飛ばしてるらしい。

大丈夫やで~けど、一回フライト中スルスルになって勝手オートロになったけどな~やってw
それアカンやん・・・orz

と、思た。

で、ベアリング交換自体は5分くらいのもので、面倒臭い思てたのなんやったんや、ちゅうくらいあっさりやねんけど、
メインギアの交換をしとくかどうかに30分も悩んだw

その位大丈夫や~俺なら交換せーへんわ~って声が約一名、
そんなもん、300円位悩まず交換やろ~って声が約一名、
それで落ちたら変えときゃ良かったって後悔すんで~って声が約一名、
頭に響いてきたので、多数決で交換決定w

新ピカ
E6-550ワンウェイベアリング

古いのは、まだ使えそうやので、捨てずに予備キープなケチケチっぷりw

ってことで、ぼちぼち眠たいけど・・・まだ充電ちう。。。orz
関連記事

X-Speed FPV250 LED取付

続き、目視フライトの時、機体の向きが分かるように、とりあえずテール側にLEDを取り付ける。

今回、機体と同時に購入してたのがこれ
RGB 12VLEDボード
RGBのLEDボード。12Vタイプ。
3bitのDIPSWで色を変えられるヤツ。
5Vタイプと12Vタイプがあったけど、12Vの方が電流少ないからそっちにした。

で、取り付ける場所をいろいろ考えてみたけど、後ろから見えるのと、ちょっと高度があがっても下から多少見えるのがエエと思たので、こんな取付ステーを作った。
RGB 12VLEDボード

この辺に取付
X-Speed250 RGB LEDボード取付 X-Speed250 RGB LEDボード取付 X-Speed250 RGB LEDボード取付

こんな感じで見上げても多分見えるかな。
X-Speed250 RGB LEDボード取付 X-Speed250 RGB LEDボード取付

RGBの全部ONにすると白色になるけど、一番電気食う。
RGB LED基板

赤か緑か青の単色が一番消費電力小さいので、
RGB LED基板 RGB LED基板 RGB LED基板

まぁ、とりあえず赤でええんちゃうかな。
関連記事

Ads

カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」