V120D02Sテールギアクラッチ試作 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

V120D02Sテールギアクラッチ試作

連休は、だらだら~っと、食ったり、ヘリったりw

V120D02Sをメインに国際空港(屋外)フライトを堪能した。

そうしたくて、そうなる訳ぢゃないねんけど、まぁ、要は色々な格好で墜落する訳やwww

とはいえ、後半2日間は冷静なフライトで、集中的にまったり対面ホバを練習したりして、段々と機体が移動する範囲も狭めれつつ・・・何とか定位置での対面ホバちっくな事が出来るようになってきた感じ。
いけるか?!と思い、狭い部屋で対面を試みるも、それはまだ10年早えぇっ!って感じ(汗



そんなこんなで、良く墜落させる俺の場合、テールギアのDカットを直ぐに舐めてまうって件だが、コメントなど頂いてクラッチなるものを本格的に(少しw)考えてみたりした。


キット自体販売されているのは知っていたのだが、聞くところ(コメントなどw)によると、どうも、

・シリコンチューブ
・アルミパイプ
・傘歯車のDカットを1.5mmのバカ穴に加工

と・・・

たったこんだけの事に、1500円もよ~出さんわっ!って感じやねんけど・・・

そもそも、上記の材料だけで想像して、クラッチ的な動きをすんのか?!
とか、ど~考えても、1箇所構造的に気に要らんというか、どうなってんの?
って疑問の箇所があった。


まぁ、ゴチャゴチャ悩んでてもしゃ~ないので、とりあえず検証を兼ねて、今日のフライトから戻ったら試作してみようと思っていたところ・・・


コメントを頂いた中に、クマー隊さんのブログで自作されている記事があるよ・・・という情報を頂いて、見てみると、おお~!まぢで作ってはるやん!

という記事があった。

勝手に紹介させてもらおw

クマー隊イン・ソウルさんのブログ記事
このブログおもろいわwww
コソコソ、読んでるとたまに噴くw


このテールクラッチ、クマー隊さんのを見ると、材料に

・廃品キャノピーグロメット
・廃品きのこギア

を使用されている。
廃品利用とは、なかなかイカすw


想像でいくと、やはり、単純にゴム的な素材でテールローターシャフトと程良く摩擦させつつ滑らせる。
同じく、シャフトにハマってる傘歯車Dカットをバカ穴ズルズルにして、やはり傘歯車とゴム的な素材を程良く、摩擦させる。

余談やけど、ここで思うのは、キットもそうやねんけど、2段階(2か所)のクラッチになってもーてるような気もするねんな。

まぁ、それについては、構造スペース的にやむなし、として・・・


最大の疑問が「Dカットの丸穴化」やねん・・・


理屈的には、多分、この歯車が滑って回ってくれることを目的としている点は理解できるので、丸穴加工は必須やろうな・・・とは思うねんけど、この加工をすることによって、も一つの問題が起こるんちゃう??ってところ。


百聞は一試作にしかずwww
・・・ということで、まんまパくってしまうのも、あれなんで、ホビる風に作ってみた。


意味はないけど、少しだけカッチョ良くw
ワルケラ V120D02S テールドライブ クラッチ化
シリコンチューブをギアに押しつけるようにバネを入れてみたり。
チューブの幅でテンションを調整できる。
見た目メカニカルでちょびカッチョええか?w


一応、部屋ホバでは、まともに飛んでるし、ちゃんとクラッチ的な動きもしとるw
テールを手で止めて回すとちゃんと歯車の所で回転してテールシャフトが空回りしてくれとる。


が・・・思った通り、これではおかしいところがあんねんなぁ~。
何か足りんのか?!


何かつーと・・・段々こうなってくる(可能性がある)。
ワルケラ V120D02S テールドライブ クラッチ化
フライト中にこうなると、まったりフライトではそう問題ないかもしれんけど、テールのデフォルトピッチが狂ってしまうので、ラダーの左右の動き幅が変化してまう。多分・・・やけどwww


このテールクラッチは想像するにギアなめ対策には非常に有効な手段やと思うし、実際クラッチ化されている方々の情報だと、変更後、全く破損しなくなったということが実証されているようなので、俺もそうしときたい!と思うのだが・・・


今回の試作とはどこか考え方に違いがあるんやろか?


一応、本当はこうしときたい!と思ってる事を解説しとこかwww

ワルケラ V120D02S テールギアクラッチ化

まずは・・・なぜこうなるか、つーと、単純に純正ではシャフト側のDカットはシャフトの途中までしかカットされていないので、歯車をハメた位置以上シャフトが赤矢印側に動くことはない。
しかし、何せ、このクラッチ化の肝はDカットを丸穴に加工して歯車を空転させるトコなので、そら当然こうなる(なり得る)わなwww


飛ばすのに軸がずれない程度の力でシリコンチューブなりがシャフトのズレを止めてくれるのであれば、それでも良いかもしれない。(キットなどはもしかしたらそうなっているのかも・・・)
ただ、何らかの対策がされていないとすれば、手でシャフトを押せばこの写真のようになるはず・・・。


で、こうならないようにするには・・・どないしたらエエねん・・・ってことやねんけど、
ワルケラ V120D02S テールギアクラッチ化
理想的?な順でいくと・・・


1.シャフトの①の位置に溝を切って、Eリングでシャフトがズレないように止める。
※この案はφ1.5mmシャフトに溝を切るので、落下ダメージの際シャフト自体が折損する懸念も否めんw


2.②の位置に③のパーツみたいなんをもう一個追加してシャフトのズレを防ぐ。
※③のパーツを使うと・・・見た目的にテールドライブシャフト側の傘歯車に干渉するかも・・・。



かなぁ・・・。



とか思いつつ、単にキットのようにシリコンの幅を広く取って、シャフトのズレを極力抑えるようにしておく・・・か・・・。
案外、実フライト上は、それだけの方がシンプルで良いのかも・・・。


いずれにせよ、今回の試作では、外でギュンギュンさした訳ちゃうけど、操作的には一応まともそうではあるものの、部屋ホバ程度でもシャフトズレが発生したので、テールのピッチがデフォルトぢゃない状態になっているのは明らか。


なので、想像だとフライト中いきなりテールがクルクルし始める可能性は高いやろうな・・・。

てか、そもそも、クラッチ化されてる方はこのシャフトのズレは発生してへんのかなぁ・・・

というわけで、クラッチ化は二次試作へ持ち越しやなぁ~。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

とおりすがおさん、こんばんは~


> で、本件は解決しましたですか??
> 実機には反映できましたでしょうか?


Yes!
頭の中では完璧に解決(完成)してますよw
実機反映は部品調達中なのでまだです・・・
やはり、写真のようにずれていると、機体が回転しやすくなる事が分かったので、現状は元に戻しましたw


> 小生も、飛ばしに行くたびに、テールのどこかがおかしくなって、
> 毎回どこかのアポロチョコを交換するはめに・・


ん~来年のバレンタイン直前にはそこらじゅうで「アポロ!アポロ!アポロ!・・・」と言いながら通勤してくださいw
開けてみて、チロルチョコやったら、めちゃウケるぅ~www


> で、本記事を参考に、やり方パクって週末に備えたいと考えていますですww
> 今現在、テールローターのシャフトにはまってるアポロがD穴なめた状態のようで、勝手にピルえっとしまくってますwww


ああ、丸穴加工せんでええので、丁度良いですねw


> 歯欠けした前側のアポロはどこいったかな・・・・


前側のアポロ使う場合は、クマー隊さんのを参考に、テールシャフトのDカットを少し長くカットする方法ですね。


私は、シャフトに溝切ってEリング方式をやろうとしています。
ただ、墜落時、今度はシャフトが折れるかもですが、まぁ、実験的にw

No title

suantanki様

で、本件は解決しましたですか??
実機には反映できましたでしょうか?

小生も、飛ばしに行くたびに、テールのどこかがおかしくなって、
毎回どこかのアポロチョコを交換するはめに・・

で、本記事を参考に、やり方パクって週末に備えたいと考えていますですww
今現在、テールローターのシャフトにはまってるアポロがD穴なめた状態のようで、勝手にピルえっとしまくってますwww


歯欠けした前側のアポロはどこいったかな・・・・

Re: No title

クマー隊さん、こんにちは~


> じつは、ブログを作るきっかけ、ホビるさんだったりします。
> おお、楽しいヘリのブログあるじゃん!ウチも作ろっみたいなwww


www
いや~、クマー隊さんブログおもろいですよw
RCライフの始まりは飛行機からなんですね~
色々な苦労も伝わってきますが、やられてる事が実践派というか、アグレッシブなトコが個人的に好きですねw


> さて、クマー隊の廃品クラッチの場合、きのこギアから作ったスリーブでキャノピーグロメットを押さえる方法ですが、スリーブの内面がDカットでテールシャフトにはまるため、テールシャフトが軸方向に抜けませんです(スリーブの長さ分、テールシャフトのDカットを延長する必要があります。)。



OHっ!流石っ!
「テールシャフトのDカットをヤスリで数ミリ延長して・・・」
を読み逃してました(汗

理解できましたわ~
完璧ですw
抜け目ないっすね~恐れ入りました~。



某氏さんからも、クマー隊さんブログでは解決してる旨、コメント頂いておりますが非公開コメントでしたので、ここでお礼します。
※非公開コメントに返信すると多分?公開になっちゃうんでwww



> キャノピーグロメットが磨り減って薄い人になってくると、テールシャフトを押し込む必要があり、ラダーニュートラルがずれますが、いちいち調整しなくても、賢いwalkeraの電脳の場合、実害はなさそうです。


ですね、多分・・感覚的に・・・ですが、ラダー系は特に多少狂っていてもジャイロが頑張ってくれてるような気もします・・・具体的にどこがどう・・ってのは未だ未解明ですがw


> こんなんですが、ぷち3D+墜落率150%でも50フライト以上は持ちますです。
> ・・・落とさなければ、もっともつと思いますwwww


www
私的にはヘリ仲間含め自在なフライトがまだまだで検証的に飛ばすことが出来ないw
※落す検証は得意ですw

なので、クマー隊さんの実機フライトの様子が、行ける行けないの判断材料になってたりしますわwww
そのうち、「こんな飛ばし方での挙動は?」とか「ココいじった時は?」みたいなリクエストコメントするかもですwww(汗

No title

こんにちは、クマー隊です。
ご紹介いただき、ありがとうございます~♪
じつは、ブログを作るきっかけ、ホビるさんだったりします。
おお、楽しいヘリのブログあるじゃん!ウチも作ろっみたいなwww

さて、クマー隊の廃品クラッチの場合、きのこギアから作ったスリーブでキャノピーグロメットを押さえる方法ですが、スリーブの内面がDカットでテールシャフトにはまるため、テールシャフトが軸方向に抜けませんです(スリーブの長さ分、テールシャフトのDカットを延長する必要があります。)。
キャノピーグロメットが磨り減って薄い人になってくると、テールシャフトを押し込む必要があり、ラダーニュートラルがずれますが、いちいち調整しなくても、賢いwalkeraの電脳の場合、実害はなさそうです。
こんなんですが、ぷち3D+墜落率150%でも50フライト以上は持ちますです。
・・・落とさなければ、もっともつと思いますwwww

Ads

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」