TAROTジャイロZYX-Sの設定Bluetooth編 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

TAROTジャイロZYX-Sの設定Bluetooth編

同じっちゃ同じやねんけど、TAROTのジャイロZYX-Sの設定はフライトさせてみながらやないと分からへんこともある。
まぁ、機体毎に調整しなアカンので、全く人の機体と同じ設定でエエ訳ないしw

ジャイロの設定はノートPCを持っていきゃそれでええっちゃええねんけど、現地ではもっとお手軽にやりたい。

プログラムカードつーのがあって、それが結構便利らしいことは聞いてたんで買おうとしてんけど、ふと、Bluetooth接続タイプのヤツがあって、そっちの方がお安かったので、それ買うてもたんやなぁ。

TAROT ZYX-S bluetooth


実際現地で何度か使ってるけど、ん~、プログラムカードの方がエエかも。
まぁ、いちお、今のトコBluetoothアプリにも慣れたんでええけど。

つことで、

TAROTのジャイロ「ZYX-S」の設定
Bluetooth編や。


設定つか、どんな画面か・・・やなw

今、俺トコで上手く動いてる環境は、

OS:Android2.3.3
アプリ:ZYX4.01
ファーム:4.01 


1.準備

まずは・・・アプリのインストールやな。

アンドロイド用のアプリしか無いよーな気がするので、iPhoneでは使われへんのんちゃうかな。


で、アプリはTAROT RC本家サイトのSoftware


NOW IN ENGLISH! ZYX Bluetooth Adapter Software for Android :
ってトコのDownloadボタンをクリックしてDLしてくる。

ZYXBluetooth4.01.rar

ってファイルが落ちてくるねんけど、スマホで.rarを解凍できるように、解凍ツールみたいのを入れとくか、PCでDLしたヤツを解凍しといて、USBとかでAndroid端末に持ってきて、インストールする。

とりあえず、スマホ上で解凍できりゃなんでもええけど・・・

Android解凍ツール
Android Zip解凍ツール
QRコードを読んで、GooglePlayストアで開くと、見なれたアプリインストールページに行くと思うので、適当にインストール。


そのあとに、ZYX Bluetooth Adapter Software for Androidを直接DLしてきても良いかも。

スマホで直接DLするなら下記QRコードから

TAROT RC Software Download
TAROT RC Software Download




インストールが終わったら、画面内にZYXジャイロのアイコンが出来る。

TAROT ZYX-S Bluetooth


例の如く、ジャイロ設定する前に、以下をやっとく。

-------------------------------------------------------
●恐ろしい事なったらアカンので、モーターの線外しとこ。
450のブレード攻撃を食らうと、下手すっと何針か縫わなアカン位痛いことになるみたいやしw
まぢ、気つけな危ないしやなw

でもって、

サーボの周波数設定の所に来てやっと、
「ココ設定するまで、サーボ繋いだらアカンで!!」ってことになって、まぢかw
もう繋いどんねん!ってなるので、

●先にサーボ外しとく!
--------------------------------------------------------

で、ZYX-SジャイロにBluetoothアダプタを接続してバッテリーをつなぐと、Bluetoothアダプタの青LEDが点滅を始める。


次に、インストールしたZYXジャイロのアイコンをタップしてアプリを起動する。

すると、端末の設定にもよるけど、俺の場合、スマホのバッテリ消耗を減らすために、GPSやら色々な常駐を切ってて、Bluetoothも切ってるねんな。
なので、アプリがBluetoothをONにしろってゆーてくるので、「はい」つって許可したる。

TAROT ZYX-S Bluetooth → TAROT ZYX-S Bluetooth → TAROT ZYX-S Bluetooth

で、一番下の「Language Settings」をタップしてみると、英語か中国語かが選べるポップアップがでる。

試しに、中国語にしてみると、
TAROT ZYX-S Bluetooth → TAROT ZYX-S Bluetooth
うぎゃぁ~、とか言いながら、直ぐに英語に戻して少しホッとするw


この時点では、まだ、「not connected」で通信出来てない状態で、Firmware:の所も何も表示されてへんので、Android端末とZYX-SジャイロをBluetoothアダプタを介して接続する。


2.ジャイロ接続


「BluetoothLink」ボタンをタップすると、AndroidがBluetoothアダプタを探し始める。
ZYXのBluetoothアダプタが見つかると、ZYX-BTってのが表示されるので、それをタップする。
見つからなかったり、タップしてもつながり損ねた時は、もう一度「Scan for devices」をタップしてBluetoothアダプタを探さす。
TAROT ZYX-S Bluetooth → ZYX-SBluetooth → ZYX-SBluetooth

上手くつながると、
ZYX-SBluetooth

「connected:ZYX-BT」「ZYX gyro connected」と表示して、「Firmware:4.01」って感じに、ジャイロのファームバージョンが表示される。



3.セットアップメニュー

「Setup」ボタンをタップして、セットアップメニューに入る。


●Receiver type

TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

Receiver typeのプルダウンをタップして、必要に応じてレシーバータイプを設定する。
XG-8(DMSS)は選択項目に無いので、「Conventional receiver」を選ぶ。




●Signal Monitor

TAROT ZYX-S Bluetooth
このモニター画面を見ながら、プロポ側のSUB TRIMでゼロ調をする。
※プロポのカーブ類は0-100%でスロットルを真ん中にしてやる。


ゼロ調の後は、各スティックのMAX振り幅を設定する。

各プロポスティックを上下左右フルに倒した所でモニターの動き幅のMAXが100%になるようにTRAVEL ADJUSTで調整する。

JRプロポXG-8 TRAVEL ADJUST設定

●Collective Pitch
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

●Elevator
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

●Aileron
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth

●Rudder
TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth


て感じ。

次の設定項目画面に進むには、画面下の「Slide Area」をスライドさせると画面が変わる。


●Installation
ジャイロの積み方向を選択する。

TAROT ZYX-S Bluetooth

Installation direction1:水平置きでテールブームと同じ方向に向けた設置。
Installation direction2:水平置きでテールブームと直角方向に向けた設置。
Installation direction3:垂直置きでテールブームと同じ方向に向けた設置。

T-REX450やったら、ふつ~に積んだら「1」になるんやろけど。



●Servo type/●Swashplate type

ココでサーボのタイプを選択する。

ちなみに、サーボタイプ選択とスワッシュタイプ選択は、PC版だと別画面やけど、スマホ版は同じ画面でやる。

TAROT ZYX-S Bluetooth→→→TAROT ZYX-S Bluetooth

スワッシュタイプを選択する。

T-REX450ProDFCは「120degree CCPM」


ALIGNのT-REX450ProDFCのCOMBOに付いてたサーボは、
スワッシュサーボ:DS415M
テールサーボ:DS520

どっちも、デジタルサーボで1520usなので、それを選ぶ。

ここで、やっとサーボがつなげれる。
PC版だと、この画面に「ココ設定するまでサーボ繋いだらアカンで」が出てくるけど、スマホ版では警告とか出てけーへんみたい。


まぁ、多分、最初に初めて組み立て調整してジャイロ設定するんは、流石に外じゃないと思うので、
基本スマホ版使って現地でジャイロ調整するときは既にサーボ設定も終わってるやろうけど、いちお・・・。


設定が終わったら、一旦電源落してから、サーボ繋いで、
もっかい、サクサクっと画面を送って戻ってくる。

で次へ。



●Servo reverse/●Servo trim

ここも、Servo reverseとServo trimの設定画面がPC版とは異なり、同一画面となってる。

TAROT ZYX-S Bluetooth

サーボリバースの設定。
ここは、現物を見ながら、スティックを動かしてスワッシュの動きが正しい方向かを見た方が考えるより早いかも。


たぶん、俺の場合、
CH1(+):normal
CH2(-):reverse
CH3(-):reverse

動く向き変えたかったら、「CH(+)」とかのボタンをタップする毎に(+)(-)が切り替わる。


サーボトリムは、スティックゼロの時のサーボホーン位置を90度に合わせる調整。
で、この時、スワッシュが水平になるようにリンケージを調整する。

目分量で・・・よりは、いちお、ちゃんとスワッシュレベラーを使って、スワッシュを真っ直ぐになるように調整した方がええなw



●Aileron limit/Elevator limit/Collective pitch

ここも、PC版では別画面やけど、スマホ版では同じ画面で
Aileron limit、Elevator limitとCollective pitchを設定する。

TAROT ZYX-S Bluetooth

まずは、Aileron limitとElevator limitを調整する。
スティックを目一杯倒して、スワッシュのMAX傾きを設定する。
エルロンはエルロンスティックで、エレベーターはエレベータスティックを倒してそれぞれを調整。
R、Lは別々ぢゃなくて、どっちもココひとつの設定でMAX幅が決まるっぽい。
+、-ボタンをタップするか、スライドバーを直接操作する。
多分+、-ボタンをチマチマと調整する方がええと思う。

次にピッチの振り角を調整する。
プロポのピッチカーブ0-100%、EXPも0の状態で、ピッチスティックをセンターにした時にピッチ角0°
スティックを0%、100%それぞれに倒した時、ピッチがプラスマイナス11°~12°になるように調整する。

これも、プラスとマイナス個別には設定できないので、プラス側とマイナス側の角度が揃わない場合、スワッシュリンケージ3本の長さで、マイナス、ゼロ、プラスをそれぞれ調整する。
ちなみに、DFCヘッドではピッチリンケージでのピッチ調整はちょっと難しそう。

ここは、PC版だと、スワッシュ全体(サーボ3個)を同時にアップダウンできるっぽい。


●Tail setup

TAROT ZYX-S Bluetooth

ラダースティックを操作してテールのピッチのプラスマイナスの振れ幅を調整する。
ここ、苦手やってんけど、大分意味が分かってきたw

機体を振ってみてテールを振る方向と反対にラダーが動くようになってたらええ。

ここ設定する時はヘッドロックをノーマルにして、テールリンクアームを直角になる位置に合わせてから、振り幅のMAXを調整したらエエ感じちゃうかな。


ラダースティックを目一杯倒した時にプラス側もマイナス側もメカ的な可動範囲を超えへんように
ここで調整する。ギリギリのトコで当らんよーに。

スティック倒して、テールの動きが振りきれてたら、サーボがうなったりで、その状態を続けるとヤバそ。


で、今回、ちょっと考えてみた。
間違ってるかもやけど・・・w

ヘッドロックをノーマルにして、ラダーを動かして、戻った位置がニュートラル。

で、多分、基本はラダーサーボホーンが直角で、ラダーリンケージロッドが来て、テールのリンケージアームとかその辺諸々が直角になるようにするんかな。
この調整はあくまで機構的なニュートラルな位置を決める調整ってところかな。

イメージ的にはこんな感じ
T-REX450テールピッチ
リンクアームが直角になるように赤矢印の位置をジャイロのTail servo trimで調整する。

写真は裏側から見てるので、普通にテールを抑えるには、黄色の矢印側にスライドしてピッチが付くと思うねん。
直角~直角~ってやっていくと、勝手に写真の分だけのピッチが付くねんなw
付いてるピッチ方向はもちろん反トルクを抑える側。
このピッチは多分ドノーマルの時のピッチやと思うので、モーター変えたり、ロータの重さとか回転とかなんか変わったら調整する方がええんやろうけど、多分実際に飛んでる時は、ジャイロがシコシコ動いてテールを抑えてくれてるんやろうな。

で、Tail limitAとTail limitBでプラスピッチとマイナスピッチの最大触れ幅を決める。
T-REX450テールピッチ T-REX450テールピッチ
ん~、どっちがAでどっちがBか、忘れたけどw

ここのMAX振れ幅の調整は、PC版よりもやりやすいかな。
+ボタンか-ボタンをタップすると、ピッチがちょっとずつ変わっていくので、分かりやすい。

で、反トルク側はかなりのピッチが付くようになってる。
抑えとく方が大変で、抜く方は、ちょっとピッチを抜くだけで、テールを回すのが楽やからやと思うけど。

で、こんだけピッチが付くと・・・
T-REX450テールピッチ

回転の急変とかでテールブレードが折り畳んだりしたら、テールブームに当たってまう可能性がある。
なので、
T-REX450テールピッチ
テールブレードのネジは結構なガチガチ具合で止めてた方がええのかも。

テールが抜けるつーのが、あったりするねんけど、この辺ちゃんと考えたら、もしかしたら解決できるかも・・・
とか、思たり・・・適当やけどw



●Gyro Direction

TAROT ZYX-S Bluetooth


機体を左右(エルロン)に傾けたり、前後(エレベータ)に傾けたりして、常にスワッシュが水平になろうとしているかを見る。
傾けた方向と同じ方向にスワッシュが傾いてたら逆なのでリバースする。

テール(ラダー)の向きも、テールが動く方向と逆方向にテールのスライダーが動くかみる。



●Pirouette optimization

TAROT ZYX-S Bluetooth


最後に、ピルエットなんちゃら、の設定。
画面のボタンをタップすると、スワッシュがエレベータ、エルロンが同時に傾くので
その状態で、機体を90°回してみて、その傾いたスワッシュ状態をキープしてたらOK。
機体を回した時にスワッシュの傾きが変化してたら、リバースに設定してみたもっかい試す。
この設定は40秒以内に確認する。


セットアップが終わったら、スマホ端末の戻るボタンとかを押すと、「Prompt」ポップアップが出るので、「Sure」をタップして画面から抜ける。
TAROT ZYX-S Bluetooth



4.Basic Menu

Beginner/F-3C/3D soft/Hard core/Extreme
ZYX-SBluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth



5.Advanced

この辺は全く触ってへんから、今のトコ、何すんのかよー分からんw

●Main Rotor

TAROT ZYX-S Bluetooth


●AUX Channel Function/Condition

TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth TAROT ZYX-S Bluetooth


●Tail Rotor

TAROT ZYX-S Bluetooth 41_201308020212063e7.jpg

そーいえば、ここの「Tail compensate Collective to tail」だけ、7くらいに設定してる。
ここの値を変えると、テールのスライダーの位置が変わっていく感じやったかな。
テール負けする時に入れたらええよ、って聞いて、設定したんやったな。

まだ、イマイチ、良く意味が分かってへんねんけどなw


●Governer/Disturbance Compensation

42_20130802021204763.jpg


大体、こんな感じで、ほぼPC版と似た感じで、外でもちょちょっと設定できるので、
まぁ便利やの。


ZYX-Sの設定よーわかってへんトコもあるんで、嘘ゆーてるかもなので、


PC版の時と同じで、とりあえず、まとめて・・・


と、思う。


つーことでw
いちお、現地でピッチ調整したりして、飛んでるけどな~
落しまくりながらw
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 自分も続きます?

Doctorさん、こんばんは~


> 9鷹さんから可変ピッチの世界に入ってマスターさんやv120飛ばしてます。これから450の機体か500の機体に手を出そうと考えてますー。



機体の安定度はやっぱり500とか大きいヘリの方が圧倒的に良いらしいですよ。
でも、500以上になると、パーツが結構高くなると思います。
何れは、私も500、600などに手を出し始めるかもしれませんが、今のレベルだとランニングコスト的に維持していくのが難しい気がしてます。
(落さなければ問題ないですが・・・遅かれ早かれ絶対に落ちますw)
それかホバだけとか、出来ることしかやらないと決めていれば、良いかもしれませんが、性格的に同じ事の繰り返しは直ぐに飽きてあれこれやってみなくなる性分なので・・・w
ひとつ出来るようになったら、結局は出来ないことにチャレンジしていかないと先には進まないですしねー。


素人考えですが、私個人的には、もし、脱チビヘリで次ステップへいくのであれば、やっぱり450かな~と思います。
サードパーティなど互換部品がめちゃめちゃ沢山、安くで出回っているし、最悪国内でも即部品入手出来ると思います。



> ホビるさんと一緒の道だな〜思いながらブログ見てます^_^
> 実際、450になって機体も大型化した訳ですけどチビヘリよか壊れるなー、なんて当たり前の事にびびってます^_^


そうですね~
チビヘリは、落ちても壊れにくいですし、極端にいうと少々壊れたままでも何となく飛んでしまうので、
ランニングコストは安上がりなんですが、450を同じ感覚でやると瞬殺ですw
具体的には、例えば、MasterCPは立ちゴケとかで地面でメインブレード擦ったり、地面でのたうちまわっても、ピッチリンケージが無くなる程度だったり、で済む場合が良くありますが、
450は、ほぼ100%ブレード折れますし、物にもよるけどサーボギア破損、スピンドル、メインシャフトが曲がりますw
あと、テールローターを擦ると、ほぼ一発で前側の傘ギアが飛びますw
今の所、墜落は連発してますが、立ちゴケ、テール引っかけはしたこと無いですが・・・
着陸以外、どんな接地でも、何もせずそのまま飛ばし続けれることは無いかもですw



> 技っちゅう技は壊れにくいチビヘリで練習してからのほうがいいもんなんですか?


聞く所によると、シミュで機体の選択とか設定が、実機に近い挙動のもので100%出来るようになったことが、実機では6~7割程度で成功するみたいなイメージらしいです。


私的には、今の所、基本をすっ飛ばしてた感じがあるので、もう一回やり直しかな・・・と思ってますw
チビヘリ練習は、MasterCPよりV120D02Sとかの方がテールがモーターじゃないのでまだ挙動は近いような気がしてますが・・・V120D02Sを飛ばした直後に450を飛ばすと落す確率が上がるらしいですw
(ぶっ飛ぶ操作になりがちみたいです)

個人的にはV120D02Sでの練習はありやと思ってます・・・
狭い部屋で旋回できるようになってたら、結構いいんじゃないかと・・・。

Re: No title

OHさん、こんばんは~


今日はお邪魔しました~



> 450のブレードって、怖いんですね~。



思わぬところに危険が潜んでいるみたいなので、注意した方が良いみたいですねw

自分も続きます?

9鷹さんから可変ピッチの世界に入ってマスターさんやv120飛ばしてます。これから450の機体か500の機体に手を出そうと考えてますー。
ホビるさんと一緒の道だな〜思いながらブログ見てます^_^
実際、450になって機体も大型化した訳ですけどチビヘリよか壊れるなー、なんて当たり前の事にびびってます^_^

技っちゅう技は壊れにくいチビヘリで練習してからのほうがいいもんなんですか?

No title

お~、親切丁寧。

450のブレードって、怖いんですね~。

Ads

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」