mini-Xの改造 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

mini-Xの改造

今回はmini-Xの改造について。

フライト操作に少し慣れてくると、無茶をし始めてくるのだが・・・それ以前に、慣れるまでには、壁、椅子の足・・・いたるところに激突させつつ、地面に落下させつつ、まぁそれでも何とか機体が軽いお陰で、運よく大きなダメージはなく遊べるのだが、突然ホバリングがフラツキ・・・というレベルを越え、暴れだす状態になった。さっきまで普通に飛んでいたのに、何事?!とよ~く羽の所をみるとなんとなくグラグラになっているではないか・・・スタビライザーを止めているピンがどう見ても片方しかない。
最初の状態を覚えていないので、これは最初から片方だったのか・・・ということで、購入時に撮影した写真をくまなく見直してみると、やはり片方が抜けているw

そかし、この構造は樹脂部品に対し単にシャフトを両側から圧入(圧入という程のものでもない気がするが)されているだけなので、プロペラの回転で遠心力がかかると抜けて飛んでいく仕様なのであるww
設計的にはいかがなものかとも思うが、取り合えず同じ径のシャフトを探して差し込んでみると直ったww

が・・・すぐに抜け飛んでいく仕様なのだwwフライト中にフラフラになるのだ。仲間内ではこの飛び方を竹中と呼んでいるww「竹中直人」的な飛び方なのであるw(竹中直人は個人的にはかなり好きな俳優なので否定的ではなく愛嬌)

ということで「抜ける」のは樹脂側がゆるゆるになっているからで、「抜ける」のを止めるには、抜けないようにするのが一番なので改造してみた。

遠心力で抜けてしまう仕様のピン
mini-Xプロペラピン
ピン径=φ1.0mm
長さ=4.5mm

抜けないように両側から挟むような感じで軸を作る
mini-Xスタビライザーピン(改造)
材料は径1.0mmの針金的な物であればOKで、画像の物は、ごく一般的なクリップを使って三角の形に曲げたものを使ってみた。
クリップは径が約0.8mmなのでユルユルだが、両側から挟み込む形なので全く問題ない。ただ常に片方にぶら下がり、回転時は遠心力で水平になるように動くので重心等の影響を受けるかが微妙だったが、全く問題なく安定して飛ぶようになった、しかも竹中にならずに済むようになったw
毎回抜けて、イライラしてる人はお試しください。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Ads

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」