- ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ

クリーンフライトのUSBドライバ

クリーンフライトがフライトコントローラボードとのUSB接続でうまくつながらない・・・

という質問をちょくちょく頂くので、確認事項など。

※以前の記事のコメント欄に返信コメント書いていたヤツだけど、コメントだと探しにくいので記事に移植


Win10の環境だと自動アップデートなどの更新で勝手に設定が初期値に戻ったりすることもあるかもなので、クリーンフライトでUSBが認識しないときは以下を確認すると、案外すんなりいくかも。
Win7,8とかでも似たようなドライバ署名有り無しの判定があったかも。


スタートメニュー

SHIFT押しながら再起動

「オプションの選択」画面

「トラブルシューティング」

「詳細オプション」

「スタートアップ設定」

「再起動」

「スタートアップ設定」画面

「7)ドライバー署名の強制を無効にする」
F7キー

これで署名の無いドライバーなどをインストールできるようになります。

あとは、通常通り、

デバイスマネージャーで、COMポートの所を見ながらコントローラーのUSBを抜き差しして、ポートがON/OFF表示するのがフライトコントローラで使用するCOMポートなので、 ポートの右クリックメニューからドライバの更新を行い、ドライバを指定してインストール
すると、USBが認識されるようになる。
大体はこれで行けるんじゃないかな。



日曜日は、PさんのHPIサべージレストア車の納車完了w
あいにくの雨やったけど、合間に一応サベージ走った。ちょこっとやけど、サスオイルも入れずに走らせてはったwww
なんだかんだで、みんな晴れor曇りの予想して、6人も来てたわけやけど、結局何もせず、昼過ぎ頃から雨脚も強まって寒かったのでマクドいって1~2時間ほどだべってお開き。
関連記事

HPI SAVAGE FLUX レストア最終

HPI SAVAGE FLUX レストア最終

残ってた作業諸々

●ショックオーバーホール

HPI Savageショック
サスシャフトは曲がってたので交換

HPI Savageショック
このOリングがちぎれてたので、Oリングだけ交換でも良かったんやけど、同じサイズのOリングが見つからなくて、結局ショックボディ事交換。まぁ、樹脂パーツなのでそんなに高くないんやけどね。

HPI Savageショック
リンケージボールも抜いて掃除。結構ねちょってたw

HPI Savageショック HPI Savageショック
シールOリングも新品交換。グリーンスライムで。

一式を組み立て
HPI Savageショック

サスのデカいのでショックオイルが大量にいるねんけど、手持ちがなくてPさんに電話して現地で入れることにして、とりあえず組むだけ組んでおいた。


●アンプの掃除
アンプを振ってみるとカラカラと何か入ってる音がするので、ケース内を掃除
HPI ブラシレスアンプ

やっぱり、石ころやら砂が入ってたな。
HPI ブラシレスアンプ HPI ブラシレスアンプ

放熱フィンも草が詰まってたので掃除。
HPI ブラシレスアンプ HPI ブラシレスアンプ

ファンも結構汚れてたので掃除。
HPI ブラシレスアンプ HPI ブラシレスアンプ

出てきたゴミ
HPI ブラシレスアンプ
砂はブラシで除去して、基板はアルコール洗浄。

フタ戻して終わり。
HPI ブラシレスアンプ HPI ブラシレスアンプ
ただ、バラす時にケースの樹脂劣化で2か所爪折れしたのでテープ固定。
あとは、信号ケーブルのコネクタ側が根元で被覆が剥げて千切れかけてたので、コネクタコンタクトを新品交換。

●最終組み立て
アンプ設定をやって、一応ステアリング、スロットルの設定は出来たっぽい。一応モーターは思ったように回ってるけど、走らしてみんと分からん・・・。
受信機はCORONA R6SF
時々バインド切れする??なんか不安な受信機やのぅw
プロポは双葉4PLS。Pさんも同じプロポなので、同じ設定すれば直ぐに行けるハズ。

受信機の設置場所は色々悩んだけど、端子形状とアンプ信号ケーブル長の取り回しの関係で、この位置。
HPI Savage Fluxレストア

バッテリーBOXなどの外装、ショック、タイヤを組み付けて終わり。
HPI Savage Fluxレストア

その他、カップリング全箇所、ピニオンなどメタル駆動部は全てグリスアップ。

今回のパーツ調達で一番盲点やったのは、ボールリンケージの樹脂パーツ。
代替えも含め全然パーツがない。
代替えできそうなやつでも短いのしかない。

M4ずん切りでリンケージロッド自体を長くして交換するしかなさそうやけど、とりあえず、使えるのは元のを使うとして、
片方を長いヤツ、もう片方を短いヤツでなんとか間に合った。
ちなみにリンケージロッドは4mm径、ボール間を110mm前後で調整できる長さが必要。

そんな感じ。

ただ、これが余ったwww
HPI Savage Fluxレストア
大分、バラシて組んで、をやり直しつつ、調べ直したけど、まぢでどこのネジかわからんwww
どこか見落としてるかもねw
まぁ、どこのネジ締めたかは構造含めて今のトコ覚えてるので、マニュアルの組図をじっくり眺めてたら、あ、忘れてる・・・ってトコがあるかもやけど、何せマニュアルの組図は絵が小さいので、目に堪えるねんw

一部はバラした状態で渡されていたので、そもそも全てのネジが揃っているのかどうか不明やし、ま、えっかw
ちなみに、バッテリーケース固定用のネジが余ったタイプの短いネジやねんけど、4本足りない。

つことで、レストア終了~
あとは現地でサスオイル入れて、走らせてみて・・・やな。


ついに米トランプ大統領になったな。
いきなり、TPP離脱、NAFTAも最悪離脱とか言い始めてるしw
核武装も強化するとかゆーてるしw
米国内の労働者の利益優先、とかゆーてるけど、米国車なんか、日本でもヨーロッパでも交通事情的に、到底一般的に受け入れられる品物じゃないしw
頑張って超高燃費、低価格競争のコンパクトカー市場に参入しないとね。
相当の技術力が要るやろうけど、直ぐには無理やと思うけどな。
ドル安なれば外需取りにくくなるやろうし、為替なんかトランプさんの意向だけではどうにもならんこともあるやろうしなぁ。
自給自足できる武装国ってのは強い所やろうけど。過激なことやり過ぎて、変なテロが起こりまくらん事を祈るトコやな。
まぁ、国対国の利害関係は、単なる民間感覚の不動産ビジネスとは違うと思うねんけど・・・
取り巻きが苦労するんやろうなw
どっちにしても、中途半端は無い気がする。今後の米国を最善に導くか最悪に貶めるかはハッキリするやろうな。
韓国は直、北に食われる気がしてならんwつか、北の工作員のレベル高いかも・・・とか思ってまうわwww
ずっとほっといたらええw
安倍首相の判断は称賛に値する。やっと、日本も多少ハッキリもの言えるようになってきたか・・・って感じやけど。
まぁ、相変わらず蓮舫はカスやけどな、2重国籍のくせしやがって、いけしゃーしゃーと、よーゆーわwww
毎度TVでツラ見ると、2番でよけりゃ、お前は議員落選しとんがな、と毒吐いてまうわw
関連記事

ISDT SMART CHARGER SC-608 バックライト修理

このところ、夜中はPさんのHPI SAVAGEのレストアをちょびちょびと進めてて、粗方終わりに近づいてきた。

今週は仕事でラジコンお休みやねんけど、息抜きでラジコン行く時にいつも持っていく Goodsバッグの中を整理しようとしたら、これが出てきた。

ISDT SMART CHARGER SC-608
ISDT SMART CHARGER SC-608

そーいえば、前回か前々回か、Pさんから、使えるねんけど、最初点いてたバックライトが点かんようになってん~
もう一個買うたから、直して使うんやったらあげるわ~
って、もーてたのをそのまま放置で忘れてた。

大容量リポから結構な電流容量でリポを充電できるみたいやね~
便利そう。

横のジョグダイヤルみたいなんを長押しするとセッティングモードに入れて、メニューにBacklightってのがある。
Low/Middle/Highの設定が出来そうやねんけど、どれ設定しても暗いw
ISDT SMART CHARGER SC-608 ISDT SMART CHARGER SC-608

で、ちょっと見てみたら、どうやら、このSC-608はバックライトの不具合があるみたいやね。

つことで、早速修理した。

外装にネジは無いので、まず、全面パネルを剥がす。
ISDT SMART CHARGER SC-608
本体裏に穴があるのでそこから細い棒で押すとパネルが浮き上がるので、あとはゆっくり丁寧に剥がす。
パネルは両面テープで貼り付けてあるので、両面テープがボロボロになったら、綺麗に除去して新しく両面テープで貼り付ければエエかな。
俺の場合、ちょっと糊が残ったけど、まぁまぁ綺麗にはがれたので、このまま行くw

パネルを剥がすと、液晶パネルが出てくるので、液晶パネルを丁寧に外す。
フラットケーブルで基板に繋がっているので、無理に引っ張り出さないように。
ISDT SMART CHARGER SC-608

このコネクタ外したら保証外やで!的な保護シールが貼られてるけど無視してシール剥がす。
で、フラットケーブルのコネクタを外すんやけど、このコネクタはスライドではなく、起こすタイプなので、上側に引っ張り上げる要領で
コネクタロックを起こすと、液晶パネルのフラットケーブルが外れる。
液晶パネルを外したら、ケースカバーが皿ネジ4本で固定されているので、ネジを外してケースカバーを外す。

ISDT SMART CHARGER SC-608 ISDT SMART CHARGER SC-608

ジョグダイヤルのノブが付いたままやと、基板が外せないので、この状態からジョグダイヤルのノブを引っこ抜く。
ISDT SMART CHARGER SC-608

基板が皿ネジ4本で固定(基板上の白丸のシルク印刷部分)されているので、ネジを外して、基板を外す。
基板は外すのにちょっとコツがいるかも。
XT60コネクタが上側と横側にあるので、横のコネクタ側から慎重に基板を持ち上げる感じにしつつ上側のコネクタを外す感じで基板をちょっとずつ浮かしていく感じ。

基板は冷却ファンのケーブルが繋がっているので、基板を抜いた後、コネクタを外す。

ISDT SMART CHARGER SC-608

これで、基板だけが外れた状態になる。
ISDT SMART CHARGER SC-608

黄色丸の所のチップ抵抗を外して、半田ジャンパする。
ISDT SMART CHARGER SC-608
4.7Ωやねんけど、良く断線でもすんのかな、と思って抵抗値を測ってみると7.2Ωあるしw
これチップ抵抗のロット不良か、印刷ミスかなんかで、違う抵抗が流通してたのかも?!
んなわけないかw
抵抗値あがってる方向なので、まぁ断線の方向やし、不良かな。
それかワッテージが足りなくて劣化しやすい回路になってるか・・・
どちらにしても、液晶のバックライトを点けるだけの電流が流れんくなったってことなんやろうなぁ。

余談やけど、微妙に思ったのが、XT60の接続箇所。
ISDT SMART CHARGER SC-608
ココって結構な電流流れるよ?!と思うねんけど、これで大丈夫なんやね。

そんなこんなで、あとは、バラした時と逆の順番で組立てて終了。

Low
ISDT SMART CHARGER SC-608

Middle
ISDT SMART CHARGER SC-608

High
ISDT SMART CHARGER SC-608

MiddleとHighの違いが微妙に分かりにくいけどw
液晶バックライトは一応電流消費するので、無駄に電源ソースを消費したくなかったら、Lowで良いかな。

ま、壊れてる状態やと、ほぼバックライトない状態なので流石に見え辛い。特に外では見えんので、バックライトは必須やな。

つことで、これがあれば、チビドローンのリポ充電なんかがお手軽にできるね~
何気に買って未使用の6セル10000mAhがココにきて有効活用できそうw
関連記事

HPI SAVAGE FLUX レストア5

HPI SAVAGE FLUX レストアの続き

昨日は遅くからの打ち合わせで、サイドフレームの仮組みだけ。

HPI SAVAGE FLUX レストア HPI SAVAGE FLUX レストア

今のトコ何の問題もなく普通に組めてるわw

まだ、アクスルとかグリスアップしてへんので、メカ類載せて本組する時はグリスアップとネジロックを忘れんように、やなw

HPI SAVAGE FLUX レストア

ピニオンは20Tついてたけど、渡された交換パーツは19Tやった。
あと、前後ドライブシャフトのトコのベベルギアは元々9Tやったのが13Tに変わってる。

ピニオン1丁下げてるけど、べベルが4丁も大きくなってるので、TOPスピードは上がるんぢゃないの?
Pさんと話した時は、確かTOPスピードもうちょい落として、トルクフルにしたいようなこと言ってたような気がするけど・・・。
多分、ベベルギア含めて、SAVAGE FLUX自体のパーツ入手性が悪いのと、 ベベルギアセットだと前後で9000円もしてまうので、べベルだけを変えようとすると、13丁しか入手できへんかったんかな?

まぁ、走らせてみて、吉と出るか凶と出るかやなw

とりあえず、アンプ開けて掃除しなアカンねんけど、明日は終日打ち合わせなので、続きは明後日の作業になるかな~
関連記事

終わっとんなw

結局これやw
とっとと、10億円返せやw

まぢで、ゴールポスト動かすのんが、世界標準でまかり通るのならば、それはそれでエエけど、ガチャガチャ言わんと、さっさと10億返せや。その後は、日本もゴールポストを好きに、いごかしたったらエエんじゃw

餓鬼には餓鬼レベルのあしらい方で十分。

ま、安部首相も10億で期待通りの相手からのこじれ具合、結果、かなり安い買い物やったわな。

一番理想的なのは、なんもせんと、ほっとくことやな。
血迷ってもスワップ再開なんかしたらアカンで。
朝まで討論会みたいに、グダグダと体裁だけ話引き延ばして、最終的に結論出さんといたらエエねんw

そらそうや、さすが麻生太郎w

そうそう、たまにはハッキリ、ものゆーたらんとな

こんなやつも、とっとと強制送還やw

暇やないんやけど、とりあえず、2017年1発目のくだまきw

つーことでw
関連記事

HPI SAVAGE FLUX レストア4

HPI SAVAGE FLUX レストアの続き

主要部分ごとにサクサクと組立てて行く。

スリッパークラッチ
HPI SAVAGE FLUX レストア4 HPI SAVAGE FLUX レストア4
パッドを新品に交換。
元は、何故かパッドが2枚重ねで張り付けてあった。
シールになってて、交換する時に剥がすのが面倒やったんかな?

ギアボックス
HPI SAVAGE FLUX レストア4
ギアボックスは一度、メンテしたらしく今回は開けてみただけで、組み直しは無し。
一応ギア欠け、摩耗が無いかだけ確認。
スリッパークラッチはパッド交換した物を組み付け。

足回りフロント
HPI SAVAGE FLUX フロント足回り
綺麗に組みあがったで~

HPI SAVAGE FLUX フロント足回り HPI SAVAGE FLUX フロント足回り
バンパーフレームも新品にすると、めっちゃ綺麗になった感じ。直ぐ傷だらけになりそうやけどw


足回りリア
HPI SAVAGE FLUX リア足回り
リアも同様組み上げ。

HPI SAVAGE FLUX リア足回り HPI SAVAGE FLUX リア足回り

足回りは、前後とも同じものやね。
アルミフレームがすこーしだけ曲がってるけど、まぁ、特に問題ないレベルかな。

あと、1か所だけデフギアボックスカバーのタッピングが馬鹿になってるとこがあった。
ネジ緩めた時には気が付かんかったけど。まぁ、全部で6点止めの1か所だけやし、大丈夫やろ。
一応、ネジ頭をピンクで塗っといたので、後で樹脂パーツ交換しても良いかも。

メカボックス
HPI SAVAGE メカボックス HPI SAVAGE メカボックス
受信機とステアリングサーボを入れるボックス。
ちなみに、渡された受信機はCORONAのヤツやった。
違うやつの方がエエんちゃうか?

モーターマウント
HPI SAVAGE モータマウント HPI SAVAGE モータマウント
仮組み。

とりあえず、大物は、こんな感じかな。

あとはこれらが全部サイドフレームで挟まれて固定される感じやねんけど、組み付ける順番とかがマニュアルではわからんので、ネジ締めるのに工具が入るとか入らんとか、ありそうやな。
ちょい面倒そう。

一気に1日で全部終わるかと思ったけど、終わらんかったw

あとは、アンプの中でカラカラと何か音がしてるので、一旦開けてみようかな。
砂も結構出てくるし、掃除した方がええかもね。

感触的には、今週末には間に合うんちゃうかな~
関連記事

HPI SAVAGE FLUX レストア3

Pさんの、HPI SAVAGE FLUX のレストアの続き

全バラして、交換部品などピックアップしてたところで保留になってたんやけど、昨年末にPさんから粗方のパーツが揃ったつーことで、受け取った。

HPI SAVAGE FLUX

一部、在庫がどこにもなくて、代用できそうなパーツを探さなアカンって聞いてたんで、そのまま放置してたんやけど、渡されたパーツを検品してみたら、まぁ、とりあえず組みたてには何とかなりそうな感じやったので組み立てを開始。

HPIの説明書は、組み立てマニュアルという感じでは無くて、メンテナンスマニュアルっぽい感じなので、順番通りに組立てていくという訳じゃない。組図を見ながら品番からネジを特定しながら組み立て順を大体考えながら進めないといけないので、ちょっと面倒。

大まかにはフロント足周り、リア足周り、センターギアBOX、モータマウント辺りをそれぞれ組んでおいて、両サイドフレームでつなぐような感じ。
バラす時がそんな単位でばらけていったので多分・・・やけどw

足回りを組みにも、まずは、デフギアが完成してやなアカンねんけど、ガスケットとOリングが無かったので、それをどうにかせんと先に進まん。
代替えできそうなものを物色しに行こうかと思ってPさんに電話してみたら、流石に今日は雨やったので、Pさんも自宅にいてはったので、途中拾って物色してきた。

ただ、ガスケットは自分でカット出来るようなシート上のものを探してんけど、そんな物すらなかったので、厚紙かなんかで代用しようかと思ったけど、丁度よさげなのが見つからんかった。
ココはガスケットというよりワッシャー的な用途の物で、オイルなどを完全にシールするって必要もなさそうやったので、塩ビ版で作った。純正パーツは0.7tやけど、組み付けて少し潰れるので、0.5tで製作。

HPI SAVAGE FLUX
左がかろうじてバラせたガスケットやけど、ボロボロ。
フロントデフ、リアデフ用に2枚を製作。

こんな感じで組み付ける。
HPI SAVAGE FLUX HPI SAVAGE FLUX
実際の組み付けは片方だけ(1枚だけ)。

Oリングもなかったので、京商で同じサイズのものを調達
HPI SAVAGE FLUX HPI SAVAGE FLUX

ここに使用
HPI SAVAGE FLUX

ベアリングは代替えできるサイズの物がなかったので、仕方ないので元もやつを使用することになった。
HPI SAVAGE FLUX
デフギアの左右のアクスルカップの軸受用のベアリングやねんけど、左右でサイズが違ってて、写真右側の10×16×5が無かった。10×15×5はあれこれあったんやけど。

左側の方は8×16×5やけど、下記代替え品がPさん調達部品の中にあったのでそれを使用。
HPI SAVAGE FLUX

ワッシャーも交換
HPI SAVAGE FLUX HPI SAVAGE FLUX

ワッシャーはPさん調達品
HPI SAVAGE FLUX

そんなこんなで、デフギア前後とフロント足回りだけ組み立て終わって、続きはまた次回。


関連記事

おでん

週末土曜日は絶好のヘリ日和。
けど、終始バギーw

前回、フロントタイヤをPROLINEリブM4に変えて、一緒に、リアもPROLINE HOLESHOT M3新品にかえて劇的にタイムがあがったんやけど、今回は、アンプのブレーキ設定を変えてみて、さらにタイムがあがってきた。

まぁ、午前中のコース整備でところどころ地面が掘れたところを穴埋めして人工芝引いた箇所が増えてグリップがあがったってのも大きいんやろうけど。

もうひとつは、アクセルの操作を大きく変えたのも大きいかも。
ん~表現がムズイねんけど、意識的にやり始めてるのは、アクセルのオンオフをかなり緩めにして車の向きかえる初期は極力惰性で曲げ初めて、向きが変わりきる前から少しだけアクセル入れ始めてトラクションかけ続けるような気持で走らせると、スムーズに曲がるし巻かなくなる感じ。
ステアリングの方は、入れる戻す、を小刻みに調整する感じ。
頭の中ではそんなイメージで操作してるつもりw

ブレーキはドラッグブレーキが20% 効き具合はMAX75%位の設定やってんけど、ドラッグブレーキを無しにしてみた。

アクセルオフのニュートラルで車速を落とす感じやったので、実際にブレーキを入れるのは、一瞬位かまったく使わんか、のような感じやったのをブレーキを入れて車速を落とすので、少し忙しいのと、ブレーキ入れ過ぎると止まり過ぎてまう感じにるので、操作がまた、あら?って感じになってるw

設定の違いをもう少し走り比べてみんと、昨日の段階では良し悪しの違いがつかめきれてないわw

けど、昨日の1日でリアタイヤがツルツルになって終了w
丸2日で終わりやなw

リアサスのスプリングをもう一つ固めのヤツに変えたらどうなるんかな~って感じかな。
とりあえずは、一旦バラして整備やな。

昨日はおーさんが差し入れで、昼はおでんw
おでん
寒い時の、おでんは、めっちゃ美味いわ~
関連記事

Reedy Blackbox 1000Z+ 改

ラバジさんから、SWが操作しにくいので外に引っ張り出して~
ってことで預かってたブラシレスアンプを早速SW外付けにした。

最初からこの状態で手渡された
1000Z

じっくり見てみると、基板上にかなりの砂がへばりついてたので、お掃除もしといたで。

1000Z 1000Z

こんな感じ。
Reedy Blackbox 1000Z+ 改 Reedy Blackbox 1000Z+ 改
ケーブル長は15cm位がエエつってたけど、大体の目分量でw
SWは高級国産面実装SWを基板載せでシュリンクチューブの薄型仕様。
両面テープで車体のお好きな所に貼付けとくんなはれ仕様w

お駄賃は、 フロント PROLINE リブM4&ホイル 1セット~w

かわせみコースで
フロント PROLINE リブM4
リア  PROLINE HOLESHOT M3
33~34秒台、稀に32秒台(丸一日で3回位)がでたw
リアをM4にすると、0.3秒アップするらしいので、調子のよい時間帯やと、32秒台ももう少し増えてくるかも。
けど、レースになるとダメダメwww
なんか、調子狂うねんw

次回は多分、34~35秒台、稀に33秒台でるかな~って感じかなー
関連記事

2017飛ばし初め

2日は2017年の飛ばし初め

とんべさんと終始ツーショットw
飛ばし初めなので、一応、空もんも持参w

2017飛ばし初め

ドローンは250サイズでモーターを2204に変えてみたまま放置してたのでテストフライト。
現地でモーターキャリブレーションだけやって、とりあえず飛んだ。

最近、TAROT450の6セルストレッチ機を3セルノーマルにして復活させようか考えちうw
関連記事

Ads

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
"ホビる"の師匠とか
色々おせーてwあなたの頑張りで「ホビる」は成長しますw
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:うけ賜わっている恩恵を含め、税金で賄われているもの全て

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」