2012年08月 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ
FC2ブログ

Mini CPブレード交換

背面状態でのホバリングにも、少しずつ慣れてきてんけど、まぁ、ダメージもそれなりにw

流石に、V120D02Sであれこれと新たな冒険をする勇気はないので、もっぱら新しい試みはMini CPでやってる。

ただ、どうも以前に比べ浮き方がゆるいというか、ピッチなどをいじっても重たい感じがしててんけど・・・
なんつーか、こんなブレードじゃアカンわな・・・ってのに今頃気がついたw

Walkera Mini CPブレード
ボロボロw

まんべんなくボロボロなので、新品と見比べるまで気がつかんかってんwww

Walkera Mini CPブレード
エエ感じに削れて、長さも短くなっとるw

どこまでケチケチやねん・・・って思たw

で、新品に変えてみると、やっぱ浮きがちゃうわw

ただ、ブラシレスにして、余分にアンプを積んでるのもあるので、若干重たくも感じるが・・・
バッテリーによって全然飛び味が違うな・・・。

まぁ、純正のバッテリー240mAhでは1分も飛ばんw
350mAhだと5分弱は飛ぶ。

新しいバッテリを調達しなアカン・・・。
関連記事

Mini CP背面着陸

おっ!そやそや!こんなんあったわ!って動画が撮れてたw

OH!!ミラクルw



N氏の目の前でやっても~て、あまりにもウケたので、携帯でも撮影しとったんやわw
てか、単なる照れ隠しw

Mini CP 背面着地

金メダルやなw

ヘリケースの淵にブレードが思いっきり食い込んだだけw
がっつり挟まってたので、結構外すの苦労したわw

単にバッテリー交換忘れで、正面に戻す余力が無かっただけw
ふにゃふにゃ~と降下し初めて、どうしようもなく焦ったが結果お~らいw
関連記事

V120D02Sスキッド補修・・・N氏のやつw

ふと、いつもの作業机の上を片付け始めたところ、ん?!これなんや?

あ~、N氏め~w

俺の作業机の修理待ちパーツ箱にちゃっかり、我のV120D02Sスキッドを入れてやがるwww

V120D02Sスキッド修理 V120D02Sスキッド修理

なんとかせ~ってかw

なんとかしたったw
V120D02Sスキッド修理 V120D02Sスキッド修理

最初のイメージとはちょい違うねんけど・・・俺のV120D02Sに付けてみた。
V120D02Sスキッド修理 V120D02Sスキッド修理 V120D02Sスキッド修理

の~ぷろぶれむw

しっかり頑丈に出来ましたw





関連記事

V120D02Sでもサイドフリップやw

Mini CPのフリップに続いて、ほんなら!と直ぐ調子にのる所が俺のエエとこやw

V120D02Sでもやってみたら、なんと、あっけなく普通に出来たw

まぁ、なんつーかシミュレーターでやってる感じに近い操作感。
とはいえ、こっちも単にサイドフリップで背面にして、またサイドフリップで正面に戻す程度やねんけどw


先週土曜日フライト



虹がなかなかの風情やw


俺のシャープなフライトのせいだと思うが・・・w時折ピンボケしてるwww


えっらい、お空の高い所でやってまんなぁ~ってトコは気にせんでよろしw
低い所でやると大ダメージ必死やしw



そうそう、そういえば、サイドフリップの方が難しいねんで・・・と、良く聞くねんけど・・・
俺的には、サイドからひっくり返さないと、全くアウト~なのだw

サイドからフリップさせると、エルロンが正面と全く同じ操作なので、無意識にできるやんかー!
他を考える余裕が出せるので、エレベータ、次にラダーって順で神経使ってたらエエ感じで操作してるねん。


飛ばしてる時の、ド素人的な基本的イメージとしては、

まず、地面に対してメインローターが並行(メインシャフトが垂直)にさえなってくれりゃ変な方向へすっ飛んで行くことはないと思ってるwww

なので、エルロンが無意識に制御できてりゃ、あとはほぼエレベータに集中しときゃ、とりあえず浮いとるやん・・・つー浅知恵www


徐々にケツが回り始めたら当然エルロンも逆になってくるので、いや~んってなるw
なので、常に背面ケツホバ状態になるようにラダーを当てる。

ただ、このラダー当てる時、無意識に反対にやってまうねんなw・・・正面ホバの癖w
そんな時は、一気にピルエットさして背面ケツホバに戻すか、頭で考えもって、ちょびっと戻すか・・・
とにかく、ケツホバw

てな具合でやってるねんw


体制が崩れて、いや~ん!ってなったら、正面ホバに戻すねんwww


あと、コツというか・・・意識してやってるのは、サイドフリップさす時、エルロンスティックを右か左に倒すわけやねんけど、反対側のラダーやエレベーターの舵を混じらんように!ってのと、機体がひっくり返ったら、焦らずエルロンスティックを元に戻す!ってことかな。
モード1なんで、エルロンは右手ね。


練習方法とか、やり易さは人それぞれなんやろうけど、俺的にはこんな感じw

あとは、正面での横ホバ、対面ホバと同様に、背面状態での横ホバ、対面ホバ・・・ができりゃ~・・・
ってそんなに甘かぁね~かw


俺のアカンのは、力量を越えたチャレンジを直ぐにやってまおうとするトコやろなwww
セオリー通りの練習つーのができへんねんなぁ~・・・ど~もその辺、まだまだ、お子ちゃまやねんなw
関連記事

Mini CPブラシレス化でサイドフリップ

先週末は、色々と盛り沢山で・・・ちょっとずつ・・・(汗

え~っと・・・
土曜日の話やな。

おぼろげながらもMini CPでフリップしてとりあえず背面で浮かして、正面に戻す・・・のコツというか感触がハッキリと掴めた感じ・・・つ~の?w


これまで、ず~っとMini CPでフリップの練習を四苦八苦してて、ひっくり返るのトコまではええねんけど、どうしてもシミュレーターのように浮かし続けたり、また正面に戻したり・・・というのが思うようにならず・・・

なぜか、少しだけ背面ホバで静止できたかと思うと、ゆ~っくり落ちて行く・・・みたいなw
ほんで、なんとか制止出来たとしても、一旦、傾き始めると、もう2度と帰ってこん・・・みたいなw


あーだ、こーだ、スロットルカーブやらピッチカーブやらいじくってみても、イマイチ。
無い知恵絞ってマヂ脳ミソかすかすやw


もしや?!これメインモーターがヘタってんちゃうけ!?
と、疑いはじめたら、もう、それが頭から離れん・・・
なんしか、俺のせいじゃない・・・物のせいぢゃ!w


で、Genius CP用のブラシレスモーターをもう一度Mini CPに積んで試してみると・・・ほらな!
ってくらい、フリップができるやん!

まぁ、出来るつっても、そんな大したレベルではないねんけど、ある程度の時間浮かし続けて、神経すり減ってきた所で正面ホバに戻す・・・が出来る感じw



どやさw
今までのに比べるとイカしとるw
結局最後は墜落やけどwww


ブラシレス化は、テールも一緒にやった方が良いらしい。
が・・・とりあえずメインだけでやってみた。

Walkera Mini CP メインブラシレス化 Walkera Mini CP メインブラシレス化
俺的には、ど~考えても、この位置しかあらへんかってんな・・・

これ、Walkera純正のGenius CPブラシレスキットのアンプを1枚にバラしたやつ。
Walkera Mini CP メインブラシレス化
こっちは、テール側


見た目、全く同じ基板がシリコ~ンで危うい絶縁をされて2枚重ねになっとんねんけど、
電源のプラマイがピン立てて半田されてるトコを取り外す。
(ニッパでプチっとやってから後で半田を吸い取ってやると楽)


で、テール側には、電源間にタンタルコンデンサが載ってるが、メインとテールを分離したらメイン側にはコンデンサとオスメスコネクタがゲッソリと無いw
なので、こいつらを調達してくっつけたらんとアカン。

ま、メインモータしかブラシ化せん場合、テール側からパクッてくりゃええだけw

N氏曰く、今時、タンタルコンデンサは使わんで~・・・らしいわw
なんや下手すっと燃えるらしいw

で、アルミ個体コンデンサを調達してきた。デフォルトでは220uFが載ってるねんけど、なんでか知らんけど調達先の在庫が、100uFの次がいきなり330uFでその間があらへん・・・なんやそれとか言いながら、どせ平滑さすだけやろ、無かったら無かったでもかまへん程度ちゃうけとw
ちょい大き目でもしゃ~ないか・・・と、330uFをくっつけた。

電圧3.7V・・・ま、5V以下なんで、耐圧はまぁ、10か16Vありゃ十分や。てか、10V品しかあらへんかったから10Vにしただけやねんけどw


ちなみに、テール側をメインに使う場合、メインローターとテールの回転方向が反対なので、基板のコネクタをいれかえてやらなアカンよ。


Walkera Genius CP ブラシレスモーターアンプ Walkera Genius CP ブラシレスモーターアンプ
赤と黒を入れ替えるとモーターが逆に回る。
半田をはずさん場合、コネクタコンタクトを抜いて入れ替えたってもええね。


これで、予備のアンプが出来る訳や。

ただ・・・今調べ中なのは・・・メインとテールのアンプ、見た目同じやねんけど、もしかするとメイン用、テール用の違いがあるのかも・・・と思い始めてるねんなぁ。


なんでかつーと、1枚に6個載ってて3個ずつ2種類あんのは、NチャンネルPチャンネルの違いやと思うけど。
基板毎でドライバFETのパッケージ表記が微妙に違うねんなぁ・・

あと、実際に飛ばしてみて、テール用を使うとなんか、めっちゃ熱くなる気がせんでもない・・・
もしかすると、CPUのファームが違うのか・・・石のOn抵抗が違うのか・・・何か違いがあるのかも。
ふつーにコストメリット考えると、大は小を兼ねるつーことで、全く同じ基板を量産すると思うけどな・・・。
なんつーか、波形見てへんけど、VVVFみたいな波形なんやろか?・・・とか。


それと、しょーも無いことやねんけど、
Walkera Mini CP メインブラシレス化
キャノピー止めるロッドの左側にシリコンチューブを付けて無かったんやけど、写真のようにキャノピーが棒の根元方向に深く入ってしまうみたい。

そうすると、アウターローターのモーターなので、キャノピーの内側を擦ってるっぽいね。
Walkera Mini CP メインブラシレス化
モーターにうっすらと擦った跡が付いてたので気が付いた。


タダでさえ、バッテリよう食べはんので、余計な負荷はご遠慮ください・・・でんなw

つーことで、シリコンチューブ被せとくつーのは、やっぱ有効かも。
関連記事

V120D02Sカーボンスワッシュガイド

日曜日の背面墜落で、V120D02Sのスワッシュガイド(フレーム交換要)がポッキリ折れたw

とりあえず現地でクリップさんに助けてもらいつつ補修は出来たんだが、お家に帰ってもう少しちゃんとした感じに作り直したった。


・・・そういえば、あの時は、「いつかは背面さん」と、お友達さんがおって、恥ずかしくて黙っといたけどw
なんで背面で墜落したか、俺だけは知ってるねん。


こっそり教えといたろ。


初めての環境つーのもあったかもしれんけど・・・いや、ちゃうな、
なんしか焦ってて、アイドルアップせーへんまんまフリップさしたってんw
つか、気持ちが先にフリップしててんなwwwぎゃはははははwww


その時は、ごっつ素直に、あれ?なんで浮けへんの?と思ってんなw
で、気が付いて慌ててアイドルアップしてんけど・・・

まぁ、遅かったが気が付いたおかげで、ふわっとした感じで落ちくれてんけどw
勿論、アッカ~ン思た時ちゃんとスロットルホールド入れててんけどね。

もしかしたらホールド入れてへんかったら浮きあがってたかもw

ま、なんか、あれやわ、シミュレーションでふざけてやってる感じまんまやったわw


で、修理の内容と。

まぁ、もう一個位は結局フレームを買うんやろうけど・・・なんと800円もするやんけ!!!
高っか~w

とかボヤきつつ、こんなん作った。
Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド

で、フレーム側を少し削る
Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド
ガイドの補強リブを少しだけカットしてネジ用の下穴を空けとく。


そいえば、このフレームはABSじゃないな。カットして気が付いたけどジャリジャリいいよる。流石にジュラコンやな。あんだけ落としても壊れんはずや、強度があるんやな。

でこんな風に組む。
Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド
ネジ一点止めやけど、強度は十分でガタも無い。・・・と思うw

Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド


全部組むとこんな感じ。
Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド

Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド Walkera V120D02S カーボンスワッシュガイド

テストホバでは全く問題なし。

高いけど、1個予備でフレーム買っとくかなぁ~。ちょ~悩ましw
関連記事

V120D02Sメインギアピン訂正www

いや~、そうそう、この記事訂正は一刻を争う大問題やったわw

何かつ~と、先の記事で、V120D02Sのメインギア固定のメタルピンをカーボンロッドに変えたら、しなりがあって、メインギアを舐めにくくなるんちゃうけ?!

って話・・・


前回記事「V120D02Sメインギアの代替えピン


これ、良い子は
絶対に真似しないよ~に!www

やっても良いけど、多分、こうなるで~!

Walkera V120D02S メインギア Walkera V120D02S メインギア
お毛毛がはみ出てまw
がははwすげぇな、これw

Walkera V120D02S メインギア Walkera V120D02S メインギア

カーボンは鉄より強えぇw


実は、このカーボンロッドのピンにすることによって、落下時メインギアの歯が舐めるどころか、割れてまうってのは、これ1個の話ではないw

そもそもこの発想は、昨日合流フライトした「いつかは背面」さん情報だったのだが、カーボンだと割れるかも・・・という連絡を頂いた、直後に俺も落として割れたw

この件の話を詳しく聞いたところ、いつかは背面さんも、同じ割れ方をしたらしいw

なので、残念ながら、これはやらない方が良い!という事になるw


その代り、φ1mmのアルミ棒?ワイヤー?が良いらしい。

何が良いかというと、落下時にメインローターを外的に急激に止めたりして衝撃が加わると、アルミだとほぼ1発でピンが折れてくれるらしい。

その都度ピン交換が必要にはなるが、そんなにガンガン大ダメージで落とすという訳でもなく、メインギアを交換するよりも圧倒的にコストパフォーマンスが良い。

ギアを舐めると、テールのブレなどフライトの操作自体にも影響するので、ピンが折れて、何回も交換する方が断然マシだと思う。

1発で折れるよりは、2~5回くらいまでは耐えてくれるような素材などもテストしてるみたいなので、何か結果が出るのを期待したいところw

そういえば、KKDDMMさんから頂いたコメントでは「ホッチキスの針」が良さげという情報もあるようだが・・・
径があわなさそうな気もするが・・・両端を曲げれば良いかな・・・

まぁ、ポイントとしては「しなる素材」というところか・・・

確かに、ノーマルのメタルピンも激しく落下していると、抜きにくくなる位ぐにゃぐにゃに曲がってる事を考えると、相当しなってる気もするなぁ・・・


本件、まだまだ、人柱が要りそうだなw
そう!そこのあなた!テストよろしくw
関連記事

V120D02Sスワッシュガイド応急補修

今日は、夕方「いつかは背面」さんのホームグラウンドに合流させて頂いた。

大体、日曜の夕方頃に練習されているということで、メール連絡頂いていたので、犬の散歩がてら立ち寄ってみることに。

予定がハッキリしていなかったので、合流フライトの連絡もなしに、行ってみてなんか空に浮いてたらわかるやろと軽い気持ちで、その場所付近に行ってみると・・・


やっとるやっとるw
空に物が浮いてるやんw


ってことで、その雰囲気のオーラに吸い込まれるように・・・w
近付いて声かけてみると、正解www


おお~~!まいど~!・・・いや、はじめまして~!やw
みたいなwww


で、まぁ、そらぁ共通の話題が目の前に広がっとるわけや、盛り上がるに決まっとるw

傍から見たら、変なオッサン達が、なんや、うなっとるよ~に見えるわけやw


いや~、今日は短い時間でしたが、楽しいひと時を過ごせましたわ~
また、次回、ゆっくりとご一緒しましょう・・・と。



フライトの内容としては・・・V120D02Sを背面墜落www
スワッシュガイド折損w

てか・・・これ、メインフレーム交換やんwww
家帰ったら意地でも直したるっ!

ココ
Walkera V120D02S スワッシュガイド応急補修
ココが今、折れるかぁ~と思いつつも、今どないかせなアカンやん・・・と、何とか現地で強制修復を実行w


最初は、カーボン板でイメージした修正パーツを製作加工しようと試みるも・・・流石に工具が無さ過ぎるwww

周りにある道具は・・・

草と砂と・・・おっ!石ころもあるやん!・・・って、そんなん、なんもでけへんわwww

とまぁ、カーボン板方式は、涼しいお家で、と諦め・・・持参したパーツ箱内を、
2分眺めて・・・

何やら、俺、俺~、俺様を忘れたのか~、とキラリと光るクリップ様~~~~www

クリップさんを眺めつつ3分程固まって・・・

でた~wやっぱ、コイツはすげぇわw

で、こんなんやってみたw
Walkera V120D02S スワッシュガイド応急補修 Walkera V120D02S スワッシュガイド応急補修

不格好さは否めんが・・・お役目はしっかり果たしとるからエライっ!

こんなんでも、ちゃんと、フリップも出来とりましたんやで~www


サーボホルダ側にクリップでスワッシュガイドを作る
Walkera V120D02S スワッシュガイド応急補修 Walkera V120D02S スワッシュガイド応急補修
サーボホルダ側に2か所穴あけクリップを通す。

ピンバイスは工具箱に入ってたので、0.5mmで穴開けて、穴の入口付近を1mmで少しテーパー作ってやる感じにして整形したクリップを通してやった。

が、外ではニッパーはいらんやん・・・と思ってたので、曲げたクリップはカット出来ずそのままwww
とりあえずの応急処置でその場の難は逃れましたw


さて、本格的にカーボン方式で修理するとすっかぁ・・・


途中、たまにテールがおかしく・・アイドルアップした時に機体がクルクルとピルエット状態になったりの現象があったが・・・この破損とは関係ないと思う。


色々あって、メインギアを舐めたヤツに急遽戻したのと、テールクラッチ化のシリコンゴムがヘタってるからってのが濃厚w
シリコンゴムについては。さらに良さげなものを調達してきたが、交換がまだやってんな。

やること盛り沢山やなw

色々と楽しい週末でした。
関連記事

V120D02Sテールブレード製作

前回、強風の中、V120D02S墜落でテールブームを折って、スタビライザーが粉砕したので作ってみたりした所やったけど、そ~いえば、テールブレードもぶっちぎれても~てたw

スタビライザー代替えとかメインギアピンのカーボン化の時の部屋ホバテストでは、V120D05のテールブレードを拝借しててんけど、白と黒のテールブレードつーのも、なんかアグレッシブなところはカッコええねんけど、そう思わん人が見たら、多分貧乏ったらしく見えるかもなw

てか、D05が部品取りになりつつある・・・いかんいかんw


V120D02Sテールブレードの破損状況
ワルケラ V120D02S カーボン テールブレード製作
知らん間に半分になっとんがなw

で、カーボンをカットして作ってみた。
ワルケラ V120D02S カーボン テールブレード製作
生き残ってた、もう片方のブレードからそのまんま型取りw

ワルケラ V120D02S カーボン テールブレード製作
まぁまぁ、エエ感じ。
0.5tのカーボン板なんで、結構薄目やねんけど・・・
ほんまは、揚力を得るのに平板のまんまじゃ無くて0.8t程度のヤツから、ちゃんと翼らしく削り出す方がエエんやろうけど・・・超面倒w
てか、V120如きのココってそんなシビアちゃうやろし・・・気にせんw


あと、気になるところは、ネジの取り付け穴のトコの厚みがやっぱ0.5では薄いので、ややガタがあるねんな。
ここは厚みを稼ぐ為に何か貼り合わせといた方がエエかもしれんな・・・とか思いつつも、邪魔くさいwww
今は、気にせんとこかw


とりあえず、ゆっくりまわしてみた。
ワルケラ V120D02S カーボン テールブレード製作
ブレも無く、こんで、ええやんけ。と思たw

カーボンにしても、今はクラッチ化しとるし、大丈夫ちゃうかなぁ・・・(汗

と思いつつ、外フライトやってみたが、全く支障ないし・・・
てか、俺のフライトレベルでは違いの分かりようがあらへんw

なので、

おっけ~~~うふふw
関連記事

Mini CPフリップ練習

撮ってた動画をやっとこさPCに取り込んだ。

Mini CPばっかし、まじか!ゆーくらい落しまくっとるw
動画ファイルは短いのは2秒とか4秒とかw
精一杯いっても、20秒~30秒前後で落ちまくりw

と、そんな中、おおっ!1分越えてんのがあるやんけっ!

つーことで、アップしてみた。



先週位だと思うけど、この日は、かつてないほどに相当風が強くて普通にホバるのもちょい神経疲れる感じやったが・・・
ちなみに、V120D02Sは、あえなくテールブームをポッキリw

にしても、Mini CPだが、もうかなり飛ばしまくってるので、ぼちぼちモーターがへたってる気がするわ。
なんつか、熱ダレというか、最初は元気良いのだが、2リポ目、3リポ目・・・と段々と飛び方がだら~~っとしてきよるw

そろそろ潮時か・・・
次はメインモーターをブラシレスに変更してから行こかな・・・。
関連記事

Ads

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
ブロとも一覧
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:仕事っぽくなる遊び

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」