MasterCP用ブラシレスアンプATmega版製作 - ホビる-ド素人がRCマイクロヘリで3Dフライトを目指す備忘録ブログ
FC2ブログ

MasterCP用ブラシレスアンプATmega版製作

気が付けば、今週もあっという間に終末・・・いや週末やw

ボストンの爆弾やらリシンやら、アメリカ恐えぇ~な。
アジアでは北がミサイル出したり入れたり、Google Earthで、だるまさんが転んだ状態になってるとかなんとかw
中国は鳥インフルに、韓国はサムスンやらせとかw
台湾勢が追い上げてるみたいやなぁ、台湾といえばやっぱボチボチ、やっと・・・T-REXいっとけや、つことなのか?!・・・w

とかなんとか、世の中色々あんねんけど、とりあえず、MasterCPのブラシレスアンプを急遽、CPU版に仕様変更したヤツの続き。

例にならって、ATMELのATmega88を使った2.5次試作つーことで、前回、基板エッチングまでで終わってた作業の続き。

この辺の詳細はさらっと、すっ飛ばすとして・・・φ0.3mmスルーホールの穴空けやって、両面接続やって、
とりあえず全部部品実装した。

でもって、こんな感じ。

MasterCPブラシレスモーターアンプATmega版製作 MasterCPブラシレスモーターアンプATmega版製作

MasterCPブラシレスモーターアンプATmega版製作 MasterCPブラシレスモーターアンプATmega版製作

ひょろひょろ出てる線はデバッグで波形観る為の信号引き出し線。
でもって、基板内のジャンパー線は、パターンミスってジャンパーしてる訳じゃなくて、レイヤー2と3の内層パターンの接続線。
流石に自作では両面基板しか、よ~作らんのでw

あと、BOTTOMレイヤー(FETとレギュレーターのパワー回路面)の銅バーも実際は内層で接続されるねんけど、
これも試作では内層が作れないので、電流容量を稼ぐためにとりあえず外で銅バー接続つーわけ。
最終的には無くなる予定。

今回のアートワーク設計では真ん中の2列がPch、右の2列がNch。
で、前回は電源をDDコンにしてたけど、今回は単なるドロッパーで5V作ってる。
それが左の3個並びの7805。
3個並べてるのは、電流容量を稼ぐ為どす。

しっかし、まぁ~12V(11.1Vやけど、デバッグは電流制限かけた12V電源でやってる)から5Vに石でドロップさせるてる訳で、なんちゅーか、熱っちっちやなw
まぁ、ざっくり、6~7Vも捨ててるつーか、この石に食べさせてる訳で・・・勿体ないお化けが出そうw
そゆ意味では、DDコン方式にしたいつーのは、山々やねんけど・・・

デバッグと並行して量産設計のあたりを付けていってるねんけど、まぁ、その中に要は部品コストを下げるつーのをやってて、今のところどう転んでも、レギュレーター方式の方が圧倒的に安いねんなぁ・・・
一般的にレギュレーターになってるのは、ノイズ云々つーよりは、生産コストの要因の方が大きいんかなぁ・・・って感じ。
まぁ、とりあえず右にならえ・・・かw


他、あれこれ、すったもんだがあってんけど、簡単に言うと、
チョンボが・・・N氏が2箇所、俺が1箇所。

チョンボ1
なんと、CPU周りの3.3V用のレギュレーターやねんけど、回路シンボルはあってるものの、フットパターンライブラリのピンアサインが違ってた模様www
なんで違ってたかつーと、怠け癖のN氏、回路シンボルを自分で登録せずWEB上に転がってたデータを取り込んでアートワーク書いたらしいねんなw

ただ、いっちばん最初に、回路図引く時から、「WEB上に転がってるデータは嘘が多いから、面倒でも必ず自分で登録せーよっ!」って、念押し忠告しとったのにw

なんつか、最初は俺も幾つか、どっかの誰かが書いてアップしてるライブラリを引っ張ってきて、ピンアサインみててんけど、これ全然ちゃうやんけ!ってのに、3つ位あたってたので、自分でデータシート見て一から登録しなやべぇな・・・と思っててんなぁw

まぁ、火入れする前にN氏が気が付いたので、大事には至らんかったけどw
こんな感じw

MasterCPブラシレスモーターアンプATmega版製作

手前の5ピンのレギュレータ斜めに浮かして、超ハードジャンパwww
これ、結構骨折れたw



チョンボ2
これは、センサレスブラシレスを回すのに、相を判断させるためのフィードバック信号(ゼロクロス)をCPUに取り込むねんけど、それの相結線間違いw
CPUが変な出力しよるw
簡単に言うと、アンポンタンな感じに出力しよんねんwww
ま、なんか、変・・・ってとこで、ややドン詰まった感が漂っててんけど、悩みつつ、未実装基板現物のパターンを眺めつつ、N氏が「うお~~~」って叫んで、無事解決w
これも、抵抗片足上げでジャンパー対処。

必死のパッチで、正味1日、2日程度でざっくり仕上げた基板やし、この程度の凡ミスは、しゃ~無いわ。


で・・・
チョンボ3
・・・ま、俺やねんけど、自信を持ってお届けしますw
N氏のチョンボ2個を上回るチョンボやwww

FET実装でPchFETの下でドレイン-ゲート間パターンが半田ブリッジ(ショート)www
どうなったかつーと、電源投入の火入れで、結構な発煙wwwww

が、テスターチェックで気が付かず、オシロで信号追っかけて、
明らかにFETゲートドライブのTRベースにはCPUからの信号波形が観えるのに、
FETゲートがずっとベタHighのままになっとるしw

なんやこれ?ってルーペ目視でも全く分からず、結局、一個ずつ部品外しながら最後の最後、
もう、ココしかあらへん!つーことでPchFET(結局全部)外してみて改善・・・orz

ん~このショートは場所を特定すんのに、思いがけず時間食うてもた。


言い訳やけど、FETのフットパターンサイズはええねんけど、部品外形のクリアランスがギリ足りなかったので、実装がすんなりいけへんかってんなぁw
部品同士がぶつかってw
N氏には2割増しの雄叫びで改善要望しといたったw


で、やっとこさ、まぁ、これなら、冗談半分でも回るやろ~w
って波形が観れたので、モーターつないで回してみた。
・・・恐る恐るwww





ほらね、CPU版でも、なんとか・・・、やっとこさ回ったw
最初から横着せんと、CPU版で開発進めといたら、もうちょいスムーズやったかもしれんけど・・・
まぁ、モータドライバが使えたら、安っすく作れるし、回路簡単やし・・・って安易な発想が失敗w
急がば回れ・・・やなw


けど、モーターが回った事は回ってんけど、ちょ~っと波形的に気に入らん所があったり、まぁ、その辺に関係して、FETがちょい熱いなぁって感じもあったりで、もうちょい細かなデバッグをせなアカンやろな。

ま、とりあえずは回路の見直しやら定数変更やらの合わせこみとファームの調整が要るかな。


1ch:Pchゲート(LアクティブPWM)/2ch:Nchゲート(HアクティブPWM)
MasterCPブラシレスモーターアンプATmega版製作
ん~、微妙~www


つーとこで、今回の作業はココで終了。
ふぅ~・・・どっかのCMちゃうけど、結構、目から肩・腰にきますわ~www


今回の2.5次試作基板上で、バグ修正をやって妥協できる所になったら、3次試作でもう一回基板起こし直して、実負荷(フライトテスト)やな。
それが試作版製作のラスト。やっと終わりが見えつつあるわ。
てか、まだヤマ場はあるかw
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

ピルさん、こんばんは~


> きたきたきた~


まだまだまだ~~w


> もう少しやね~


まだまだですわ~(汗


> ピルは見てるだけで申し訳ござんせん。


もうちょいまっててねん~


> なんか協力できることある~?

あ~、フライト回数が極端に減ってるので、代わりに、腕上げといてくだされw

6月頃には次の機体を購入しようと思ってるすけど、とりあえずT-REXにすると思います。
また、色々教えてください~。
ただ・・・今月から始まった仕事が真っ只中になるっぽい感じなんで・・・熱い夏になりそうですw

Re: 電気(電子)の人って羨ましいなぁ~

KKDDMMさん、こんばんは~


> 機械系は目で見えるのでねぇ…
> 出来上がっちゃうと、大した事無くなっちゃうんですよ

そんなことないですよ~
機械系やら機構系も、奥深いですよ~
目で見えてても、そこに盛り込まれてるノウハウとか苦労って見える人にしか見えないポイントいぱ~いあると思いますけどね~

確かに電気はそのまんまじゃ目に見えませんが、測定器で目に見えるようになりますからねw
機械も測定器ないと目に見えないトコありますやんwww
熱解析とか振動とか応力とか目では見えんし、1/100mmも多分、目では測れんw

そういえば、昔の職場でベテランの凄い人おったな~、
1m先の1mmをほぼ目と指で測れるおっちゃんとか、グラインダーだけでφ5mmのSUS棒の芯出しをするおっちゃんとかwww
俺もこんな風になりたい!って思ったことはなかったですけどwww
若いなりに見てて感動した覚えがありますわw

Re: No title

クマー隊さん、こんばんは~

月末連休前まで、駆け込み業務でバタバタでしたわ~(汗
連休中もびみょ~に仕事w


> いよいよ来ましたねー!


いや~まだまだですねw


> ついでに、テール用のブラシレスアンプも一つにまとめれば神の製品になりますよー!!!!
> おねがーいしまーーーす!

らじゃ~!
な~んてw
神の領域なんぞ、恐れ多いw

No title

きたきたきた~

もう少しやね~

ピルは見てるだけで申し訳ござんせん。

なんか協力できることある~?

電気(電子)の人って羨ましいなぁ~

こういう記事を読んでると
電気(子)系の人って羨ましいなぁ~って感じますわ~

機械系は目で見えるのでねぇ…
出来上がっちゃうと、大した事無くなっちゃうんですよ

いいなぁ~電気の人~

No title

いよいよ来ましたねー!
ついでに、テール用のブラシレスアンプも一つにまとめれば神の製品になりますよー!!!!
おねがーいしまーーーす!

Ads

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
X2 (21)
X3 (8)
人気ページ
おすすめ記事一覧
You Tube
最新コメント
月別アーカイブ

検索フォーム
Ads
おすすめ
ブロとも一覧
メーカーリンク
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
プロフィール

suantanki

Author:suantanki
mini-Xと出会いRCヘリの世界の扉を開いてしまった精神年齢17歳のオッサン。3Dフライトを目指す備忘録ブログ。
好きな物:子供のおもちゃから大人のオモチャまでw
嫌いな物:仕事っぽくなる遊び

リンク
RSSリンクの表示
Maps
RCヘリ「ホビる」